各国基本情報 【中国】

基本データ

人口13億5,404万人(2012年末) ※
首都北京
公用語中国語
一人あたり名目GDP6,747 ドル(2013年) ※
実質GDP成長率7.7%(2013年) ※
通貨人民元
為替レート1人民元=16.91円(2014年8月末)
日本との時差マイナス1時間
日本からの移動時間東京→北京(旅客機) 約3時間30分~4時間45分程度
平均賃金836米ドル(上海、2012年)(非製造スタッフの月額)
平均的な昼食価格10元~50元前後

※出典:JETRO(日本貿易振興機構)

中国について

0

世界人口の1/5に相当する13億人の人口を抱える、言わずと知れた巨大市場です。

1990年代以降の急速な経済発展で既に日本を越える経済規模となり、将来的にはアメリカを超えてナンバー1とも言われています。

昨今は、成長鈍化と言われることもありますが7%台のGDP成長率はまだまだ他の新興国と比べても高いものがあり、日本との間には政治問題があるものの、隣国ということからも経済的な結びつきは強く、海外進出を志向する日本企業からするとやはり避けられないマーケットではないかと考えられます。

面積も日本の約25倍に相当し、少数民族が多数存在することからも多様な地域性を持っており、例えば言葉も北京と上海では異なります。山東省や広東省のように1億人に迫る人口を持つ省もあり、ビジネスを進める上では地域ごとの戦略も重要になります。

フード産業について

中国と言えば中華料理ですが、現在では様々な料理店が街のあちらこちらに店を構えており、寿司を初めとした日本料理も人気があります。また、ファーストフード系のチェーンレストランも多数あります。

中国人の食生活は外食中心で、朝には道端に屋台が多く並び、そこで買って食べる人も多くいます。一食あたりの価格帯も、一人当たり10~30元で食べられる一般料理店やファーストフードに始まり、それ以上の高級なお店までバラエティに富んでいます。コンビニやスーパーも街の至る所に存在し、中国系以外にもセブンイレブンやファミリーマート、もしくはイオンやカルフールなどの外資系も多く参入しています。

最近では食品の品質や安全性への意識も高まっている一方で、古い設備や零細規模の企業も多く、消費者ニーズにはまだまだ追いついていない状況です。日本からの食品輸出については、通関・検疫、商標の問題などクリアすべき点が幾つか存在します。

中国に関する記事はこちら
メルマガ登録はこちら

海外進出コンテンツ

飲食店のクリスマス装飾が何でも揃う
フーズチャネルコンテンツガイド