食の研究所

革命的ゴボウ「サラサラごんぼ」はなぜ生まれたのか~世界で唯一の発展を遂げた根菜の物語(後篇)

漆原 次郎(フリーランス記者)  2019年06月24日

トンネル不要で良質の「サラサラごんぼ」、課題は生産規模拡大

トンネル要らずで、葉を枯らすこともなく、形もよい若掘りゴボウを開発することができた。葉が枯れない分、光合成も進み、従来の「渡辺早生」より根が栄養をつけて肥大伸長する。選抜の過程では他に「根が白い」「やわらかい」などの特徴づけもしていった。

201906_goboh03

両親から5世代目(F5)における優良個体(中央)と、
対照品種の「渡辺早生」(左)および「てがる」(右)。
「サラサラごんぼ」は7世代目(F7)にあたる。
(写真提供:福岡県農林業総合試験場)

現在は、県から許諾を得た種苗メーカーが作った「サラサラごんぼ」の種子が、JAを通じて農家の手に渡りはじめている。

ただし、生産規模がまだ小さいため「博多新ごぼう」というブランド食材の一部に充てられている状況だ。「直近では1シーズンに12ヘクタール分の栽培ができる規模。今年の秋・冬の種まきの時期には、多くの種子が出回ってほしい」と柴戸氏は期待する。

「さほど労力を使わずに作れるので、福岡県、九州、西日本へと広まっていけばと思います。サラダのほか、ゴボウ茶やゴボウスープなどの加工品にもおすすめです」(柴戸氏)。試験的に料理に使ってもらった北九州市内のホテルからもよい評価を得られたという。

食への工夫はいまもなお

日本人は、世界で唯一ゴボウ属を栽培し、収穫したゴボウからさまざまな料理をつくり、そして味わいつづけてきた。

「食に対して貪欲に受け入れようとする特性が、私たち日本人には昔からあるのではないでしょうか。それに、食べ方をさまざま工夫するという器用さもあるのだと思います」(柴戸氏)

彩りあるほかの野菜に比べたら割と地味目なゴボウ。この食材に対しても、工夫して生かすための眼差しが向けられてきた。そして、いまもなお、新たな手法でゴボウの品種を開発するという工夫が加えられているのだ。

執筆者プロフィール

漆原 次郎(フリーランス記者) 

1975年生まれ。神奈川県出身。出版社で8年にわたり理工書の編集をしたあと、フリーランス記者に。科学誌や経済誌などに、医学・医療分野を含む科学技術関連の記事を寄稿。日本科学技術ジャーナリスト会議会員。
著書に『日産 驚異の会議』(東洋経済新報社)、『原発と次世代エネルギーの未来がわかる本』(洋泉社)、『模倣品対策の新時代』(発明協会)など。

<記事提供:食の研究所
JBpress、現代ビジネス、ダイヤモンドオンライン、プレジデントオンラインの4つのビジネスサイトが共同運営する「食」の専門ページ。栄養士が勧める身体にいい食べ方、誰でも知っている定番料理の意外な起源、身近な食品の豆知識、食の安全に関する最新情報など硬軟幅広い情報を提供。
食の研究所はこちらhttp://food.ismedia.jp/

食の研究所 バックナンバー

おすすめ記事

関連タグ





メルマガ登録はこちら