ヒット商品の舞台裏

発売後3年目で300万缶を売り上げた、業界初の明太子味ツナ缶~ふくや・めんツナかんかん

2017年12月04日

20171204_mentsuna_main3

創業70年となる明太子製造販売の老舗、株式会社ふくやで新たな人気商品が誕生した。明太子味のツナ缶『めんツナかんかん』である。2015年3月に発売して以来シリーズも増え、同年9月には100万缶、2016年10月には200万缶、2017年9月にはついに300万缶を突破。同社では異例の大ヒットとなった商品開発について、株式会社ふくやのマーケティング部商品企画課、柿本課長に話をうかがった。

常温保存を可能にして、お土産としての価値を高める

20171204_mentsuna_002

「そもそも、たらこを唐辛子入りの調味液に入れてつくる“明太子”は、株式会社ふくやが最初に生み出した食材です」

 ふくやは明太子が広く愛されるようにと、商品開発後、製造方法などを公開した。その結果、明太子の市場は1200~1300億円程度にまで拡大し、博多を代表する食材として日常食からお中元やお歳暮など年次の行事に合せて贈る商品としても定着している。

「ふくやの明太子は、“博多ならではのお土産”ということで長年愛されてきました。しかし明太子は生ものなので、冷蔵保存で賞味期限は15日間しかなく、お土産として欠かせない要素の“常温保存商品”をなんとかして作りたいという想いが、商品開発のきっかけでした」

20171204_mentsuna_009

そこで誕生したのが、ツナ缶初の明太子味『めんツナかんかん』だ。使用するツナは口当たりの柔らかい国産ビンナガマグロで、たらこを漬ける調味液にしっかりと混ぜ合わせる。缶詰にしたことで常温保存が可能となり、賞味期限は3年と大幅に伸びた。

 「明太子の調味液で味付けをした商品の販売は、今回が初めてではありません。過去にも、鮭のカマの部分を調味液に浸した商品を出しましたが、それも冷蔵品だったので、日持ちがせずお土産には向きませんでした。ただ、脂が乗った食品と明太子の辛みという組み合わせ自体は、相性がいいんです。ですから脂漬けのツナ缶であればきっと合うだろうな、という予感はありました」

 そこで、マグロの水揚げ量の多い静岡県の中でも、特にツナ缶に強い工場やメーカーをピックアップし、複数の候補の中から、特にものづくりにこだわっていた缶詰工場、株式会社由比缶詰所に協力を依頼することになった。試作品の開発は順調で、由比缶詰所も老舗ならではの技術を持っていたため、開発開始からわずか数か月で、中身は狙い通りの商品に仕上がった。


BtoBプラットフォーム規格書

ヒット商品の舞台裏 バックナンバー

おすすめ記事

関連タグ

メルマガ登録はこちら
フーズチャネルコンテンツガイド