ヒット商品の舞台裏

極洋の業務用水産加工品、後発でも売上2ケタ増にした商品開発の底力~だんどり上手

2017年04月21日

サバではなく「バサ」。新魚種を取り入れた積極的な啓蒙活動

商品ラインナップ拡充の一環で極洋が取り組んだのは、サバやサケに次ぐ新しい魚種「バサ」の商品化だ。

「サバではなく、バサです。聞いたことないでしょう。ベトナムで養殖されている白身魚です。安定供給できて、柔らかくて味に癖もなく、煮魚にすると本当に美味しいんですよ。価格も安いので、給食事業者からの評価は高いです」

極洋が新しい魚種で商品を投入した背景には、給食事業者が使える魚の種類が少ないという声を聞いてのことだった。

「給食は、ひと月に出される魚メニューの回数がある程度決まっているのですが、毎回サバや赤魚などの定番品で固定化されていたのです。すると、給食を楽しみにされている喫食者が飽きてしまい、喜びがない。給食事業者が定番以外の魚を仕入れにくい理由に、決められた予算内で選べる、おいしい魚がないことがあったんですね」

極洋が新しい魚種としてバサの切り身を提案した当初、老健施設などの責任者は『知らない魚は使えない』というネガティブな意見が多かったそうだ。そこで既存の魚を手頃な価格のバサに変えた場合の、原価計算を含めた新メニューの提案で納得させていった。

株式会社極洋 水産冷凍食品部 水産冷凍食品第二課 主事 茂木誠司さん

水産冷凍食品部 水産冷凍食品第二課
主事 茂木 誠司さん

「給食事業者だけでなく、施設責任者の方々にも試食していただいて、安心安全でおいしい魚であることを伝える啓蒙活動に力を入れました。単に新しい魚を持っていくだけでは、ご理解いただけません。現場で役に立つ知識と情報を含めて導入のメリットを説明することが必要だったのです」

現場で解決が諦められた課題を掘り起こすことから生まれた「だんどり上手」。現在は病院や老健施設の事業所給食のほか、業務用小売店や宅配食にも販売ルートを広げている。調理の手間を省く商品ではあるが、その裏側で極洋は顧客と真摯に向き合う時間を大切にしている。今後も“水産のプロ”として培ってきた技術や調達ネットワークを活かし、現場の声に応える商品を生み出していくに違いない。



株式会社極洋

住所:東京都港区赤坂3-3-5
電話:03-5545-0701
事業内容:業務用・市販用水産加工食品の原料調達・製造・販売
公式HP:http://www.kyokuyo.co.jp/
お話:水産冷凍食品部 水産冷凍食品第二課 主事 茂木誠司さん

ヒット商品の舞台裏 バックナンバー

おすすめ記事

関連タグ

メルマガ登録はこちら
フーズチャネルコンテンツガイド