企業のIT活用術

5千社からの受注業務を支える現場の力とIT活用法~エンド商事株式会社

2016年10月11日

エンド商事 CCエンド

業務用食品の販売店
C&Cエンド

「それまでの電話発注では『アレをいつも通りに』というような曖昧なご注文をされていたお客様が、システムを使った発注に変えたとたん、注文内容の管理を意識されるようになりました。商品名も金額も数量も明確化されたことで、双方にとってメリットがあったと感じます。今後も、インターネット発注に利便性を感じられるお客様が増えれば、どんどん対応していきたいと思います」

システムを使っての件数や売上は年々増加しているという。とはいえ、エンド商事が考える顧客主導のスタンスは変わらない。

「お電話でご注文いただくと、発注以外のお話をすることもあり、その中で新たな情報やご要望を得ることもできます。また、ファックスの手書き文字を見て、お客様の心情を読み取ったりもします」

あくまで顧客主導というスタンスを崩さないところが、エンド商事が顧客を増やし続けている秘訣といえる。

「お客様にとっての“便利”は、千差万別。私たちは、“私たちにとっての便利”を押し付けることはしません。ですから、受注方法も電話、ファックス、インターネットと、お取引先様ごとに対応しています」

24時間365日稼働の物流センターで、さらなる顧客ニーズに対応

現在、エンド商事の本社社屋のある敷地内には、大きな重機が行き交っている。2017年中に完成を目指す、新たな物流センターの工事だ。

エンド商事_物流センター

「これまでの物流倉庫では酒類など常温品が中心だったのですが、生鮮食品、チルド商品なども多く取り扱える物流センターになります。このセンターは、大阪府の中小企業の新たな事業活動を促進する『経営革新に関する計画』として認可を受けました。これからは24時間365日稼働の新たな物流センターで、よりお客様のニーズにお応えできるように取り組んでまいります」

取引先にとっての利便性を考えた多彩な受発注スタイルもしかり、新たな物流センター開設もしかり。エンド商事の成長は、まさに取引先一社ごとを主体に考える顧客第一主義を軸とした柔軟性によるといえる。この信念があるかぎり、同社の発展が続くことは間違いなさそうだ。

 

エンド商事株式会社

住所:大阪市生野区巽南2-1-6
電話:06-6758-1281
事業内容:業務用食品・外食産業向け食材・酒類全般・冷凍食品の製造、販売
公式HP:http://www.endocc.co.jp/

企業のIT活用術 バックナンバー

おすすめ記事

関連タグ





業務用食品、衛生関連資材の購入は、BtoBプラットフォーム商談 eSmartで!会員登録無料・今なら3500ポイントプレゼント!

メルマガ登録はこちら