企業インタビュー

ハムソー業界のヒット“メーカー”に聞いた商品開発の裏側~信州ハム 中村幸男社長

2013年12月10日

地方の中小メーカーもよい商品をたくさん作っている。そんな言葉がぴったりな企業が、長野県上田市にあります。化学合成添加物を使用しない「グリーンマーク」や、JAS熟成規格の製法で作られた高級ライン「爽やか信州軽井沢」シリーズなど、ハム・ソーセージの様々なヒット商品を生んできた、信州ハム株式会社です。

「中小メーカー」とはいうものの、従業員は500名以上。売上高200億円規模に成長した同社を導くのは、創業家以外で初めて生え抜きの社長として6年前に就任した中村幸男社長です。ヒット商品は、どうすれば生まれるのか?そのヒントを探りました。

信州ハム一筋43年。現場を知り尽くして社長へ

20131210_sinshuuhamu01

-●御社の歴史を教えていただけますか。
もともとは創業者の久保角太郎が、1941年頃からうさぎや山羊など の革を軍隊に納品していたことにはじまります。革をとったあとにはお肉が残りますから、それを腐らないように塩づけして、当時の日本ハムさんや伊藤ハムさ んに販売していました。自社でハムやソーセージなどの食肉加工品を作り始めたのは戦後になってからです。

-●中村社長のご経歴を教えてください。
私 は東京生まれの長野育ちで、上田の高校を出たあと、東京の大学に進学しました。こう見えて昔は文学少年で、卒業後は出版社に就職が決まっていたんです。し かし、うちは片親だったんですが、母親の体調がよくなかったので、面倒をみるために長野に戻って就職することにしたんです。それで、母親を養うために、当 時一番お給料の高かった会社を選んだのです。それが信州ハムでした。以来40年以上、信州ハムにおりますが、営業からはじまり、生産・企画・広告宣伝・経営企画・総務と、社内のほとんどの仕事をやりました。そして2006年に社長に就任いたしました。

-●ハムソー業界全体をみると、売上は近年あがっていますね。
そ うですね。売上げは悪くないです。ハムやソーセージを食べられる方のベースが伸びているということでしょう。最近は若い方の中でお中元やお歳暮といったギ フトの習慣がなくなっているといわれていますが、ハムやソーセージに関しては、日常的にスーパーで買っていただくようになったということだと思います。歓 迎すべきことですよね。ただ、どこの業界もそうだと思いますが、デフレの影響で利益率はとても低くなっています。純利益はだいたい1%から1.5%と言われていますから。弊社は差別化商品がメインなので、まだ価格競争には巻き込まれていないほうだと思います。

グリーンマーク開発のきっかけは、消費者の声

-●差別化といえば、化学合成添加物を一切使っていない「グリーンマーク」シリーズの開発のきっかけはあったのでしょうか?
昔、ハムを作るときに使っている発色剤に発がん性がある、と騒がれた時代があるのはご存知ですか?そのときに主婦連(主婦連合会。エプロンとしゃもじをシンボルに、戦後日本の消費者運動のさきがけとなった)の方々が、「子供に食べさせるのがおそろしいから、添加物を使わないハムを作って欲しい」と大手のメーカーさんにもちかけたのです。しかし、発色剤は菌を抑える効果もありますし、世界的にも発色剤を肉に添加して発色・熟成させ、フレーバーを出してはじめて「ハム」になるというのが常識でした。当然大手さんには断られ、中小の弊社に話がもちこまれたのです。そのとき当時の社長で現会長の久保忠夫が「やってみよう」と決断し、化学合成添加物を一切使わないハム・ソーセージを作りはじめることになりました。ただ、無添加のハムは日持ちしないため、当初は流通させないで直接主婦連の方々に納品していたんです。団体の人が喜んでくれているのを見た会長が、「スーパーでも売れるようなものつくろう」といい、1975年に誕生したのが「グリーンマーク」シリーズです。

-●1975年というと、今ほど食の安心・安全は騒がれていませんよね?
そうですね。まだまだ消費者の意識が低い時代ですから、「グリーンマーク」はすぐには売れませんでした。しかし、少しずつですが確実にお客様がついてくださって、今では多くのスーパーさんで扱ってくださっています。「グリーンマーク」だけはこちらから売り込まなくても、お取引先から扱わせて欲しいといわれる商品になりました。化学合成添加物を使わない商品では、ほぼ独占状態かもしれません。

-●しかし、今では大手メーカーでも似たような商品を出されているのでは?
いろんなメーカーさんが、化学合成添加物を使わない商品を出してこられましたが、すぐにやめてしまうんですよ。なかなか売れないので我慢しきれず、アイテムカットにかかってしまうんです。添加物を入れないということは、手間と時間もかかります。衛生管理を極限まで高めないと、途中で雑菌がついてしまう恐れがありますので、技術的にもめんどうなんです。弊社も発売当初は返品率が高くて、営業から「この商品はもうやめてくれ」というような声が出ました。しかし、会長が「3年我慢しろ。おれが経営してるんだから、お前たちに苦労かけないよ」と言ったのを今でも覚えています。

企業インタビュー バックナンバー

関連タグ





業務用食品、衛生関連資材の購入は、BtoBプラットフォーム商談 eSmartで!会員登録無料・今なら3500ポイントプレゼント!

メルマガ登録はこちら