「経営における『個人データ』の利活用の実務」と題して弁護士法人第一法律事務所 福本 洋一氏によるセミナーを2021年 7月 9日(金) オンラインにて開催!!…

掲載日: 2021年05月14日 /提供:新社会システム総合研究所

新社会システム総合研究所(東京都港区 代表取締役 小田中久敏 以下SSK)は、2021年 7月 9日(金)に下記セミナーを開催します。

─────────────────────────────── ■ライブ配信 ■アーカイブ配信(2週間、何度でもご都合の良い時間にご視聴可) ─────────────────────────────── 経営における「個人データ」の利活用の実務 ~データドリブン経営に備える~


【セミナー詳細】
https://www.ssk21.co.jp/S0000103.php?gpage=21262

【開催日時】
2021年 7月 9日(金) 13:00~15:00

【講師】
弁護士法人第一法律事務所
弁護士・システム監査技術者 福本 洋一 氏


【重点講義内容】
日本においてもAIやビッグデータの利活用を経営課題とする企業は増えてきているが、その実態はRPAやチャットボットの導入により、単に社員の業務を機械に代替させて省人化を図っているだけで、人では実現できない高度化を目指した真のデータドリブン経営を行えている企業は少ない。
本セミナーでは、経営におけるデータ利活用に関心をお持ちのミドルマネジメント層及び事業機会創出に関心のある方々に向けて、長年にわたりさまざまな規模の企業におけるデータ利活用のスキーム設計・構築支援に携わってきた、弁護士かつシステム監査技術者である講師が、具体的な実例を踏まえて、個人データを含めた経営におけるデータの正しい利活用とこれからのデータ利活用による機会と脅威について解説する。

1.データドリブン経営
 (1)データ利用の在り方の変化
 (2)経営戦略の意思決定にデータを利活用

2.価値あるデータの正しい収集
 (1)社内の保有データを利活用するのではない
 (2)単にデータを集めるだけでは利活用できない
 (3)正しいデータ収集の事例

3.価値を生み出すデータの利活用
 (1)ビッグデータ自体には価値はない
 (2)データが生み出す現在の価値とこれからの価値
 (3)価値を生み出す利活用の事例

4.正しい個人データの取扱い
 (1)パーソナルデータと個人データの違い
 (2)リクナビの内定辞退率提供・LINEのデータ保管が炎上した理由
 (3)大きな機会と脅威のリスクが潜む個人データの利用方法

5.質疑応答

※受講者全員に著書『「個人データ」ビジネス利用の極意』(2021年3月商事法務刊)を進呈



【お問い合わせ先】

新社会システム総合研究所


東京都港区西新橋2-6-2 ザイマックス西新橋ビル4F


Email: info@ssk21.co.jp


TEL: 03-5532-8850


FAX: 03-5532-8851


URL: http://www.ssk21.co.jp





【新社会システム総合研究所(SSK)について】


新社会システム総合研究所(SSK)は、1996年12月6日に設立、


創業以来20年以上 法人向けビジネスセミナーを年間約500回企画開催する


情報提供サービスを主な事業としております。


SSKセミナーは、多様化するビジネス環境下で、ハイレベルな経営戦略情報、マーケティング情報、


テクノロジー情報等をスピーディーに提供し、事業機会の創出に貢献することを目的としております。


また、セミナー事業を軸に多様なビジネスを展開しており、


セミナー企画運営代行サービス・講師派遣、BtoB広告・受託調査・市場調査レポート販売・セミナーDVD販売等


お客様の事業の成功・拡大に必要な情報、サービスを提供しております。


SSKは常に最先端の情報を発信し、お客様の戦略パートナーであり続けます。

提供元:PR TIMES

最新のその他ニュース





業務用食品、衛生関連資材の購入は、BtoBプラットフォーム商談 eSmartで!会員登録無料・今なら3500ポイントプレゼント!