監獄レストランの12月は「“赤”を喰らえ!」真っ赤に染まった「赤」の晩餐 コロナビールもコラボで飲み放題に!「RED OR ALIVE」コース3,500円…

掲載日: 2017年12月08日 /提供:subLime

まさにインスタ映え!ロックアッププロデュース【レッドデビル団】 クリスマス&年末年始のパーティーに◎!

subLimeグループ株式会社パートナーズダイニング(本社:新宿区西新宿、代表取締役社長:中村英樹) は、監獄レストラン ザ・ロックアップ全6店舗にて、12/8(金)~1/31(水)の間、ロックアッププロデュースの「レッドレビル団」イベントとし、“赤”をテーマに真っ赤に染まったお料理全9品の「RED OR ALIVEコース」を2時間飲み放題&モンスターショー付 3,500円で販売致します。期間中はコロナビールともコラボ!コロナビールも「飲み放題」です。



▼12/8(金)~1/31(水)限定イベント
ロックアッププロデュース【レッドデビル団】 虚偽なる晩餐 「赤」を喰らえ!
レッドデビル団からオーディエンスに贈る「RED OR ALIVEコース」 コロナビールコラボ飲み放題付 3,500円




テーマは「赤」と「ハードロック」。
真っ赤に染まったロックアッププロデュースの「レッドデビル団」イベントを開催!赤を喰らう「“RED OR ALIVE”コース」は期間中、コロナビールとコラボ。対象のコースご予約でコロナビールも飲み放題です。
またモンスターショーの新アトラクション「レッドデビル団」も予定しています。
http://www.lock-up.jp/reddevil/

▼「RED OR ALIVE」コース料理内容


1.ハロー!EYES
2.レッドスピリッツ“サルサ”
3.レッドメディシンSALAD
4.レッチキ=赤い唐揚げ
5.「NOT SPICY POTATO」
6.ブラッド オン ブラッド“パングラタン”
7.レッドプレイヤーズ“チキン”
8.Born to be my「RED PASTA」
9.赤の重低音 ヘビーメタル“シュータワー”

★2時間飲み放題&モンスターショー付&期間中はコロナビールとコラボ!コロナビールも飲み放題。

◎ロックアッププロデュース【レッドデビル団】 イベントページ
http://www.lock-up.jp/reddevil/




▼「監獄レストラン ザ・ロックアップ」
【ショップリスト】 全6店舗
TOKYO(新宿)、OSAKA(梅田)、NAGOYA、
SAPPORO、TENJIN、OMIYA
【オフィシャルホームページ】 http://www.lock-up.jp/


■レッドデビル団からオーディエンスに贈る「RED OR ALIVEコース」
お料理全9品&コロナビールコラボ飲み放題付 3,500円

テーマは「赤」と「ハードロック」。「赤」を喰らえ!辛くない赤い料理、虚偽なる晩餐 真っ赤な料理全9品!コロナビールも飲み放題です。



1.ハロー!EYES
まずはご挨拶の前菜。
赤いチーズの目玉がギョロリと「HELLO」




2. レッドスピリッツ“サルサ”
我らの心、赤の言霊をサルサが叫ぶ。
「トルティーヤにディップだ!」




3. レッドメディシンSALAD
サラダを優しく包んだ綺麗な赤色はイケナイ薬(大根)




4. レッチキ=赤い唐揚げ
バイブスもチキンもアゲていこう。メロイックサインに「赤い唐揚げ」




5. 「NOT SPICY POTATO」
パプリカパウダーとフライドポテトで、サイコーを迎えに行こうぜ




6. ブラッド オン ブラッド”パングラタン”
もっとイケんだろ?赤が重なるパングラタン!




7.レッドプレイヤーズ“チキン”
赤いソースのグルーヴ。漬け込んだ「タンドリーチキン」




8. Born to be my「RED PASTA」
カルボナーラは白から赤へ。




9. 赤の重低音 ヘビーメタル ”シュータワー”
ロールケーキのステージに積み上げたプチシューと赤。胃袋に残響、甘い重低音。


◎ロックアッププロデュース【レッドデビル団】 イベントページ
http://www.lock-up.jp/reddevil/



■「監獄」がテーマのコンセプトレストラン「ザ・ロックアップ」


試験管やビーカーに入った色鮮やかなドリンクやモンスターを模した料理、目玉の乗ったカクテルがインスタ映え抜群と話題沸騰の「監獄レストラン ザ・ロックアップ」。エンタメレストランの先駆け、パイオニアとして若者や海外のお客様を中心にご好評を頂いています。
「監獄」をテーマにしたその店では、様々な仕掛け部屋を抜けて、やっとレストランの入口に辿り着きます。そこで「案内係」のポリスに罪を問われ、その場で「手錠」を掛けられて、薄暗い廊下を連行された先、鉄格子に囲まれた監獄個室が食事するために用意された「客席」です。お客様にはこの牢獄で食事が終わるまでは「囚人」として過ごして頂きます。自慢の食事中には、当監獄の看守長(店長)、ポリス(案内係)、模範囚(ホールスタッフ)、モンスターが素敵な「恐怖体験」でおもてなしをしてくれます。


■株式会社パートナーズダイニング


40年以上継続する安定したブランドの居酒屋「北の家族」と、監獄がテーマの「監獄レストラン ザ・ロックアップ」を柱に20業態を展開。産地と素材にこだわり「ほんものの食材」を料理長が届ける居酒屋業態と完成度の高いテーマレストラン業態は、挑戦の手を緩める事なく前進し続けています。パートナーズダイニングは「やりたいこと」「楽しいこと」を叶え続ける居酒屋・レストランです。食事を通して、たくさんのお客様に幸せと笑顔を全国にお届け致します。

提供元:PR TIMES

最新の外食ニュース





メルマガ登録はこちら