アートとカフェの町、清澄白河で “生物多様性” がコンセプトの「Beeslowマルシェ」を開催

掲載日: 2021年03月01日 /提供:Beeslow

清澄白河駅徒歩1分の場所にあるBeeslow清澄白河は、生物多様性をコンセプトとしたマルシェの定期開催を開始。環境配慮型の生産者を招待し、質の高い旬の農産物を消費者にお届けします。

2021年3月より、株式会社Beeslow(代表取締役社長・船山遥平)は、「Beeslowマルシェ」を開催します。開催日は毎月第1日曜日+第3日曜日。清澄白河駅徒歩1分の好立地にあるBeeslow清澄白河の店先に、有機農家や出張料理家を招き、近隣の方や観光に来る方に、質の高い旬の食材や料理をお届けします。








Beeslowマルシェの特徴

1.環境や健康により良い活動を行う生産者を招待
2.出店料無料
3.消費者に安心安全な旬の食材を届け、交流の場に

1.環境や健康に優しい活動を行う生産者を招待
現在、世界では年間40000種の生物が絶滅していると言われています。その原因の一つが農薬。農薬は農業を阻害する害虫を駆除する一方で、害虫以外の昆虫にも大きなダメージを与えてしまっています。

本マルシェでは、農薬を使わない生産者を優先的に招待し、今後も生産活動を維持できるよう支援してきます。

2.出店料無料
通常、出店者からいただく出店料を収益とすることが、都市部でのマルシェ主催者のビジネスモデルでした。しかし本マルシェでは、生産者が人通りの多い都心部へ継続的に出店しやすくなるよう、出店料をなくしました。

生産者が継続的に出店することで、生産者と消費者を継続的に繋ぎ合わせる事ができます。また、出店に際し審査を設けることで、マルシェに並ぶ農作物の質も担保し、消費者が安心して買い物できるようになっています。

3.消費者に安心安全な旬の食材を届け、交流の場に
都市部では今、人が自然を身近に感じることが難しく、また、人同士の繋がりも希薄になりがちです。

本マルシェでは高品質で安心安全な旬の野菜をお届けすることで、季節の流れを感じていただくと共に、マルシェに来る人が定期的に交流できる場を提供します。


Beeslowマルシェ概要

■開催日時
2021年3月7日(日)
11:00~日没まで
※以後、毎月第1、第3日曜日開催

■開催場所
Beeslow清澄白河
〒135-0021 東京都江東区白河1丁目3−1
清澄白河駅 A3出口 徒歩1分
MAP:https://g.page/beeslow?share


現代美術館や近年開店したオシャレなカフェが密集している「アートとカフェの町」を代表するエリアにあります。駅から近いので、遠方からでも気軽に立ち寄ることが可能です。

■主な出店予定者
<農国ふくわらい>
千葉県山武市で無農薬・植物性堆肥で農業を営む農家
https://www.instagram.com/agri_fukuwarai/

<ゴロクヤ市場>
秋田県由利本荘市を中心とした野菜専門の卸
https://www.instagram.com/568market/

<畑食堂 菜々摘>
山武市のオーガニック野菜と雑穀を使った創作出張料理
https://www.instagram.com/nanatsumi___/

2020年8月から不定期開催していたマルシェをご利用いただいた方には「面白い野菜が並んでいて楽しい」「安心な無農薬野菜が買えて嬉しい」「ここで買わなかったら、出会っていない野菜があった」などというご意見を頂いています。


株式会社Beeslow

本マルシェを主催する株式会社Beeslowは、ミツバチを通じたサービスにより、生物多様性や地球温暖化等の環境問題や、食を通じた健康問題への新たな提案を行っています。

ミツバチと言えばハチミツという印象が強いと思います。確かにハチミツも大きな恵みですが、ミツバチはハチミツ以外にも多くの恵みを我々に与えてくれます。

■ポリネーション(花粉交配)
ミツバチは、植物の花粉交配を担うポリネーター(花粉媒介者)です。植物を繁栄させ様々な生物たちの住処を維持するという、生物多様性を促進する役割を担っています。さらに、このポリネーションの働きによって、人間の食糧生産のうち、三分の一(品目別だと四分の三)が支えられています。

■環境指標
ミツバチは農薬等の環境汚染がある場所では生きていけない生き物で、地域環境の健全度を表す「環境指標生物」とも呼ばれています。一般的にミツバチにとって生きやすい環境は環境汚染が少なく、ヒトをはじめとするあらゆる生物にとっても生きやすい場所だと言われています。

私たちは、こうした役割を担うミツバチたちの力を借りたサービスで、環境問題・健康問題の解決に取り組み、都市において人と自然を繋いでいきます。


報道関係者の皆様へ、取材のお願い

株式会社Beeslowの取り組みは、下記のSDGsにも当てはまる項目です。


現在、環境問題・健康問題の解決のため、「都市養蜂」「屋上緑化」「ハチミツ等の健康食品の開発・販売」「マルシェ運営」等の事業を行っております。

随時取材も受け付けておりますので、ぜひご協力をお願いいたします。

English is below

Beeslow-Market with the concept of "Biodiversity" is now being held in Kiyosumi-Shirakawa, a town of art and cafes.





Starting in March 2021, Beeslow Inc. (CEO : Yohei Funayama) will hold "Beeslow market" on the first and third Sunday of every month. Organic farmers and chefs are invited to the Beeslow-Kiyosumishirakawa storefront, conveniently located just a minute walk from Kiyosumi-Shirakawa st. to bring high quality seasonal ingredients and dishes to our neighbors and visitors.



Features of the Beeslow-Market


(1) Invite producers who are involved in activities that improve the environment and human health.
(2) No charge for farmers.
(3) Deliver safe and secure seasonal foods to consumers and provide a place to communicate and interact.

This market will deliver high quality, safe and secure seasonal vegetables so that people can feel the flow of the seasons and provide a place where people who come to the market can interact with each other on a regular basis.

Date and time;
Sunday, March 7, 2021
11:00 to sunset
Every 1st and 3rd Sunday of the month thereafter.
MAP: https://g.page/beeslow?share




Beeslow Inc.


The organizer of this market, Beeslow Inc. provides services through honeybees to address environmental issues such as biodiversity and global warming, as well as health issues through food.

When you think of bees, you probably have a strong impression of honey. Honey is certainly a great blessing, but bees also provide us with many other blessings.
With the help of honeybees, we are working to solve environmental and health problems and connect people and nature in cities.

提供元:PR TIMES

最新の食品ニュース





メルマガ登録はこちら