タリーズのカッパーを魅了した、“アル-シャ種100%”コーヒー「パプアニューギニア タイガド スペシャル」を12月8日(金)より発売

掲載日: 2017年12月05日 /提供:タリーズコーヒージャパン

“ マディソンブレンド ”も復刻して登場!

タリーズコーヒージャパン株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:岩古良春、以下:タリーズコーヒー)は、季節限定コーヒー豆「パプアニューギニア タイガド スペシャル」「クラシック マディソンブレンド」を12月8日(金)より、発売します。



「パプアニューギニア タイガド スペシャルは、パプアニューギニア東部のアイユラエリアで生産されるアル-シャ種100%のコーヒーです。“アル-シャ種”は、アラビカ種の一種であるティピカ種の突然変異種で、生産量が少なく希少性が高いといわれています。クリーンでユニークなフレーバーが特徴で、さらにアイユラエリアの豊富な雨量と標高の高さが相まって、タリーズのカッパーを魅了した鮮烈な味わいのシングルオリジンコーヒーとなりました。アップルやカシスを思わせるジューシーな酸味、爽やかなフレーバーを持ち、味わいに明るい印象を感じます。ぜひ、ブラックでお楽しみいただきたいコーヒーです。

“ マディソン ブレンド ”は、2010年まで販売し、今回タリーズコーヒー創業20周年を記念したフェロー(従業員)向けアンケート内「復刻してほしいビーンズ」第一位に輝いた商品です。当時の味わいを再現し、この度「クラシック マディソンブレンド」として発売します。コロンビア産の爽やかな味わいに、フレンチローストの深いコクをプラスし、スムースな飲み口ながらもアクセントにスモーキー感のあるコーヒーです。パッケージは歴代の“マディソン ブレンド ”にも登場した、シアトルの街を象徴する塔「スペースニードル」をアイコンにし、どこか懐かしさを感じるイラストタッチのデザインで仕上げました。

◆“マディソン ブレンド ”の由来
米国タリーズ創業当時、3店舗目となるお店がシアトルの“マディソンストリート”沿いにオープンし、「マディソンブレンド」はその記念として作られました。

コーヒーが一層恋しくなるこれからの季節、タリーズコーヒーがお届けする2種類の季節限定の味わいを、くつろぎのひと時にお楽しみください。
タリーズコーヒーではこれからも、世界各国の様々な地域の気候が育む多様な味わいのコーヒーをお届けして参ります。

<商品名・価格>

「パプアニューギニア タイガド スペシャル」
1,230円(200g/1袋)
【原産地】
パプアニューギニア
【味わいを表すキーワード】
Apple (リンゴのような)
Bright (明るい)
Aromatic(香り高い)


「クラシック マディソンブレンド」
1,100円 (200g/1袋)
【原産地】
コロンビア、グァテマラ他
【味わいを表すキーワード】
Bright (明るい)
Rich(豊かな)
Complex(複雑な)


※価格は全て税込みとなっています。
※一部取扱いをしていない店舗がございます。
※画像データが必要の方は下記までお問い合わせ下さい。

<プレスリリース>
https://prtimes.jp/a/?f=d20545-20171205-7885.pdf

この件に関する一般からのお問い合わせ先:
タリーズコーヒージャパン株式会社 お客様相談室
TEL:03-3268-8320    ホームページ:www.tullys.co.jp

提供元:PR TIMES

最新の外食ニュース





メルマガ登録はこちら
フーズチャネルタイムズ 無料購読はこちら