デリバリー・テイクアウトで房総ジビエを味わおう!

掲載日: 2021年02月23日 /提供:オニオン新聞社

第3回房総ジビエコンテスト優秀作品も決定!

千葉のごちそう「房総ジビエ」がデリバリー・テイクアウトで味わえるお店の情報を特設サイトで紹介しています。


デリバリー・テイクアウトで房総ジビエを味わおう!
千葉県では、野生鳥獣被害対策の一環として、県内で捕獲されたイノシシやシカの肉を「房総ジビエ」と銘打ち、その消費拡大、認知度向上に取り組んでいます。その一環として「第3回房総ジビエコンテスト」を実施し、県内外の飲食店料理人から応募のあった50メニューについて、有名シェフが書類審査を行い、選出された5メニューを優秀作品に決定しました。また優秀作品(一部)や審査員の料理をはじめ、千葉県・東京都内の飲食店にて、期間限定で「房総ジビエ」がデリバリー・テイクアウトで味わえる情報を特設サイトにて紹介しています。


■栄養満点のジビエで日本を元気に!
高タンパクで低カロリー、栄養満点な自然からの贈り物、千葉のごちそう「房総ジビエ」をこの機会にぜひお召し上がりください。

「デリバリー・テイクアウトで房総ジビエを味わおう!」特設紹介サイト:https://bosogibier.com/takeout

※2021年2月28日までの提供情報となります(店舗によっては提供時期が異なる場合や、通年提供する場合もあります)。肉の仕入れ状況や緊急事態宣言等により、提供時期や提供内容の変更、または提供自体が難しい場合もありますので、店舗への事前確認をおすすめいたします。

【第3回房総ジビエコンテスト優秀作品】
県内外の料理人から応募があった「房総ジビエ」料理50作品の書類審査を実施。
審査の結果、下記の5メニューを優秀作品として選出しました。


●「イノシシと落花生のロールキャベツ 千葉の恵みのアクアパッツァ仕立て」大塚 勝也氏/レストラン Ludique(東京都台東区)


見た目も美しく房総ジビエを堪能
房総ジビエのイノシシ肉をロールキャベツとアクアパッツァ仕立てにした、美しい盛り付けで見た目も華やかな一皿。スネ肉などの使いにくい部位を挽き肉にして使うことで、通常は廃棄しがちなジビエ肉を余すことなく使用しフードロスにも対応。千葉の落花生、米、海沿いが似合うアサリやトマトに自然の野菜、トリュフを入れて香りを複合的に表現し、セージで後味を締めている。ジビエの「山の幸」と「海の幸」が盛り込み、馴染みやすい料理に仕上がったメニュー。

●「シカシウマイ ~山から海へ~」熊谷 祐哉氏/さかなとおでん うおべぇ(千葉県木更津市) 


千葉の恵みを味わえるシウマイ
シカ肉の筋や端材を手切りにし、ジビエらしい肉質や歯ごたえが楽しめる一品。シウマイの皮ではなく、「ゆうだい21」というモチモチ感が特徴の米をまとわせることで、肉汁を米が吸い、無駄なく肉の旨味が堪能できる。千葉の生産者の食材をふんだんに使い、シカ肉に豊富に含まれるたんぱく質、鉄分の吸収を助ける干し椎茸(ビタミンB2)、タコ(たんぱく質)といった食材で栄養面にもこだわりぬいた、まさに「千葉の恵み」の一皿。

●「千葉県産イノシシと地場野菜のスープパスタ」高橋 伸治氏/アルポンテ・ドゥエ(千葉県千葉市)


中華麺で仕上げるとラーメンにもなるユニークなスープパスタ
地元千葉市の野菜と「房総ジビエ」のイノシシのバラ肉を使用したスープパスタ。スープに醤油、ごま油を加え、中華麺で仕上げると美味しさはそのままでラーメンにも。好みで「房総ジビエらーめん」にアレンジできるユニークなメニュー。千葉県の食材の豊かさを象徴するように、すべて千葉県産の食材でつくられた地元愛あふれる一品。

●「猪のポルペッティーニのアグロドルチェ 焼きリゾット添え」長内 翔太郎氏/Pizzeria e bar LEGAME(千葉県成田市)


イタリア料理の技法を駆使したオシャレな房総ジビエメニュー
イノシシ肉のミートボールを甘酸っぱく軽く煮込み、食感や香りの変化を付けた見た目もオシャレな一皿。酸味、ハーブやレモンなどの香りを合わせ、ジビエ特有の臭いが苦手な人でも食べやすく仕上げている。挽き肉を使うことでフードロスを減らし、筋の多い時期のイノシシや脂が少ない時期のイノシシにも対応。 イノシシが食べている稲や落花生をベースに千葉県の食材を使い、皿の上に「イタリアンなジビエ料理」を表現している。

●「Panino di ‘CIBA’」三原 修平氏/ペペロッソ(東京都世田谷区)


房総ジビエと千葉県を代表する食材がコラボしたパニーニ
力強い味わいのイノシシ肉を香ばしく炒め、千葉県の代表的な食材「落花生」「菜花」などをパンではさみ、イタリア生まれのパニーニを日本らしくアレンジ。千葉の醤油や酒で甘辛く味付けした房総ジビエと茹でた落花生のゴロっとした食感が楽しめる。甘辛さに酸味をプラスして食べ飽きない味わいに仕上げた風味豊かなパニーニは、テイクアウト需要にも対応。


※書類審査選出5メニューの中から「最優秀賞」「優秀賞」を決定する実食審査は、新型コロナウイルス感染拡大および緊急事態宣言発令にともない、今年度は中止となりました。

[審査員]
室田 拓人/LATURE(東京渋谷区)オーナーシェフ
石本 省吾/ル・クール(千葉県千葉市)オーナーシェフ

■千葉県は、野生鳥獣対策を進めています。
捕獲頭数に対して、食肉用として扱われているのはごくわずか。千葉県では、きちんと放射性物質検査を行い、ガイドラインにそって、適正に処理加工されたイノシシ、シカ肉を「房総ジビエ」と銘打ち、飲食店での活用を進めています。

千葉県の房総ジビエが食べられる・買えるお店等の情報はこちら
https://www.pref.chiba.lg.jp/ryuhan/pbmgm/norin/torikumi/bosogibier/index.html

■お問い合わせ
「房総ジビエ」活用普及事業事務局(株式会社オニオン新聞社内)
メール:info@bosogibier.com
※店舗ごとの提供状況等は、各店舗までお問い合わせください。

■主催
千葉県農林水産部流通販売課
TEL:043-223-3085(平日9:00~17:00)

提供元:PR TIMES

最新のその他ニュース





メルマガ登録はこちら