世界のアメリカンウイスキーカクテルトレンドを体感!『ウッドフォードリザーブ』セミナーを開催

掲載日: 2017年12月01日 /提供:アサヒビール

グローバルブランドアンバサダー Thomas Vernon氏による日本初のカクテルセミナー・ゲストバーテンディングを実施


 アサヒビール(株)が販売するスーパープレミアムバーボン『ウッドフォードリザーブ』のグローバルブランドアンバサダー Thomas Vernon氏の初来日に伴い、2017年11月20日(月)、2017年11月21日(火)の2日間、都内のバー「TRIAD」にて(http://small-axe.net/bar-triad/)バーテンダー向けのセミナーと一般客向けのゲストバーテンディングを、同じく都内のバー「Mixology experience」(https://tabelog.com/tokyo/A1307/A130701/13204322/)にてゲストバーテンディングを開催しました。
トム・バーノン氏
2日間で約60名のバーテンダーと、約100名の一般客にご来場いただき、世界のアメリカンウイスキーカクテルトレンドと、そのベース酒として最も愛されているスーパープレミアムバーボン※『ウッドフォードリザーブ』を体感して頂きました。
※Source: Drinks International Survey 2017

日本のバーテンダーに伝授するトム・バーノン氏


 セミナー、ゲストバーテンディング共にThomas Vernon氏オリジナルの5種類のカクテルを紹介し、特に世界の人気カクテルランキング※1で4年連続NO1に選ばれたカクテル「オールドファッションド」と、今年も「ケンタッキーダービー」のオフィシャルバーボンとして会場内で1杯1,000ドル(純金製カップ込)で販売されたカクテル「ミントジュレップ」は人気を集めました。
「ミントジュレップ」「オールドファッションド」

『ウッドフォードリザーブ』はここ数年、世界で販売数量を伸ばしており、日本でも前年比126.2%(1-10月 9L換算)と2ケタ増の伸びで、日本のトップバーテンダーからもアメリカンウイスキーカクテルのベース酒として『ウッドフォードリザーブ』が支持されていることが伺えます。その理由として多くのバーテンダーが挙げるのが、『ウッドフォードリザーブ』の味わいとカクテルにしたときの副材料との味わいの「調和」です。華やかな香り、しっかりとしたボディを持ちながらも、その味わいのバランスの良さから副材料の味わいと「調和」するウイスキーであると多くのバーテンダーから言われています。
ウッドフォードリザーブ」

又、毎年5月に開催され、アメリカの数あるダービーの中でも最高峰のイベントとされる「ケンタッキーダービー」のオフィシャルバーボンとして毎年会場内で販売されていた『ウッドフォードリザーブ』は、2018年から大会メインスポンサーとしての権利を得、より多くのコミュニケーションを図っていきます。
ケンタッキーダービーボトル

提供元:PR TIMES

最新の食品ニュース





メルマガ登録はこちら
フーズチャネルタイムズ 無料購読はこちら