はかりはアプリで進化する時代へ。おうち時間を豊かにする次世代型はかり「dotscale(ドットスケール)」を発表。Makuakeにて先行販売開始

掲載日: 2021年01月31日 /提供:ヒメナ・アンド・カンパニー

お菓子作りやコーヒードリップ、郵便料金計算をナビゲートする多機能スケール

株式会社ヒメナ・アンド・カンパニー(東京都港区、代表取締役:医師 中尾 彰宏)は、おうち時間を豊かにする次世代型はかり「dotscale(ドットスケール)」を2021年1月31日(日)より、クラウドファンディングサービスMakuake(マクアケ)にて先行販売を開始いたします。プロジェクト期間は1月31日(日)から2月27日(土)まで、数量限定の超早割コースおよび早割コースは3月中に商品をお届けいたします。


■はかりはアプリで進化する時代へ

食品や郵便物の重さを測るのに欠かせない「はかり」。でも、はかるだけではなくプラスαの機能があったらどうでしょう?例えば、料理中に両手がふさがっていても、声で食材の名前を認識してくれ、カロリーや糖質を計算してくれたり、計ったレシピの重さや家にあるお皿の重さを覚えておいてくれたり、次にはかるべき材料をナビゲートしてくれたり、郵便料金が変わっても、自動で送料を計算してくれる。

そんな便利な才能を持つ「はかり」があったら、毎日ワクワクしませんか。


普通のはかりには戻れない。進化するはかり「dotscale(ドットスケール)」
■プロジェクトページURL
 おうち時間の「はかる」を楽しく。次世代型はかり「dotscale」先行販売
 https://www.makuake.com/project/dotscale/




■シンプルな操作で繋がる
操作方法はとても簡単。アプリを立ち上げて、dotscaleのスイッチをON。それだけでアプリとはかりが繋がります。dotscaleを1台買うだけで、以下にご紹介するようなアプリがご利用いただけます。
簡単操作でアプリとつながる
■このような方におすすめ
・お菓子作りやパン作りを楽しくして、おうち時間をもっと豊かにしたい人
・子供とのコミュニケーションを増やして、はかる楽しさや作る楽しさを家族で味わいたい人
・コーヒーを少しでもおいしくドリップしたい人、また、その記録を残したい人
・オークションなどで商品を販売していて、郵便料金をはかって配送する人
・レシピを作るプロのパン屋さんや料理人の方
・オフィスで郵便物を送ることが多い事務の方
・アクセサリー販売や個人での物販をしている方
・ペットの餌を毎日計ってあげている方
・果物や野菜を生産している農家の方

■ コーヒー × dotscale

dotscaleと連動するアプリの一例です。
ここ最近自宅で過ごすことが増え、より「質の高い」「充実した」時間を求める方が多くなりました。
「コーヒーをゆっくり淹れる時間ができた」と、インスタントではなく豆を挽くところから始める方も出てきました。そんな本物志向の人にピッタリな、コーヒーをいれるためのアプリを開発しました。
dotscale の上にドリッパーをセットし、スマホの手順にそってコーヒーをいれることで、注がれたお湯の量と時間から出来上がりの「美味しさ点数」を判定します。
一杯取り用のパックでも、ドリッパーでもどちらにも対応。
自宅でコーヒーをいれる初心者から、こだわりのある上級者まで遊び心をくすぐります。
回数を重ねることで、より本格的で美味しいコーヒーをいれるためのコツが身につき、自宅でバリスタ気分が味わえます。


子供と一緒にコーヒー作りも楽しめる
■お菓子作り × dotscale

忙しい日常ではなかなかできない「お菓子作り」に挑戦する人もいます。
ですが、目分量でも完成する料理と違い、お菓子作りはグラム単位の違いが美味しさを左右すると言われています。
また、材料1つ1つを正確に測らないといけないのでかなり手間がかかります。
子供に「お菓子作りしたい!」とせがまれても、手順の多さに途中でやめてしまう人も少なくはありません。
dotscaleと連携するレシピアプリでは「食材をピッタリはかる」ことをゲーム感覚で楽しめるので、一番面倒なところを手伝ってもらえますし、子供の「やりたい!」「できた!」という気持ちをさらに加速させます。


お菓子作りをナビゲーションするアプリを提供
■郵便物 × dotscale

郵便料金を測るアプリでは、dotscaleに郵便物をのせるだけで、窓口に行かなくても自宅で簡単に郵便料金がわかります。

郵便料金が変わっても、配送方法が増えても、アプリの更新でいつでも最新のはかりにアップデートされます。


おくだけで郵便料金を計算
■ダイエット × dotscale
今までにはない「音声認識」の機能をはかりに取り入れました。
糖質ダイエットをサポートするアプリでは、dotscaleに材料やお皿に入れた食べ物を置き、スマホに音声で料理名を話しかけるとカロリーや糖質を簡単に計算してくれます。
自炊で健康的な食生活を送りたいと考える人の日常をサポートします。
カロリー計算や糖質の計算も楽々
■着せ替え × dotscale
小さくて読みにくいデジタルスケールの表示をアプリをつかって大きく表示することができるようになります。
アプリに大きく表示することで、遠くからでも見えやすくなり。大きな鍋に表示が隠れてしまっても、アプリで見ることができます。
折角大きく表示するのなら、かわいい文字や色、背景で表示したい。それを実現するのが文字盤の着せ替えアプリです。
料理教室やお菓子のオンラインレッスン、Youtube動画やテレビの撮影などにも大活躍です。
着せ替えるだけではありません。重量の読み上げ機能をONにすることで、音声で重さを確認することができます。
お菓子や料理のオンラインレッスンで大活躍する着せ替えはかりアプリ
■クラウドファンディング(先行販売)概要





■株式会社ヒメナ・アンド・カンパニーについて
株式会社ヒメナ・アンド・カンパニーは、医師で元大手IT企業CTOの経験を持つ代表中尾 彰宏が2008年に創立。遺伝子検査サービス、食事分析サービスを提供するとともに、飲食業、システム開発事業などを展開。このたび、dotscale事業を新たに創設。フードテック業界に新規参入し、フードテックの新たな分野の開拓に取り組む。


ヒメナ・アンド・カンパニーは今後もdotscaleと連携する様々なアプリの開発をとおして、「はかる」を楽しく、おうち時間をさらに豊かな時間にするサービスを提供してまいります。

以上

??このニュースリリースに関するお問い合わせ:
info@hymena.jp 株式会社ヒメナ・アンド・カンパニー 広報担当


・参考資料

■『dotscale』の開発の経緯
開発者であり、代表でもある中尾彰宏は、幼少期よりお菓子作りが好きでした。幼少期においてはアナログのはかりを用いており、なかなか正確に測れないのがもどかしく、デジタルスケールが登場したときから「はかる」ことへの憧れは続いていました。コロナ禍により自宅にいる時間が増加し、コーヒーを作る機会が増え、少しでも家にいる時間を楽しく過ごそうと色々な道具を買い揃えました。しかしながら、美味しいドリップコーヒーをいれるためのはかり「コーヒースケール」については納得がいきませんでした。『自分ならもっと面白いはかりが作れるはず』その気持ちがあふれ出し、ついに、おうち時間を充実させる新しいアイテムとして「新しいはかり」「スマートなはかり」を誕生させました。

ソフトウェア技術のテクノロジー集団として、どこにでもあるはかりを最先端のソフトウェアの技術でアップデートし続けるという新しい世界観を皆様にお届けしたいと思っています。

■「dotscale」の名前の由来
dotscale = dot (.) + scale
dotscaleのドットは「○○○ドット○○○」のように何かと何かをつなぐというようなイメージから名付けました。
スイッチオンするだけでスマートフォンとつながるシンプルさ。家で過ごすことによる家族とのつながり。日常の慌ただしさを忘れ、ワンランク上の時間とつながる。お菓子作りのオンラインレッスンでの先生と生徒がはかり通してつながる。そんな「つながる」を大切にしていきたいと考えています。dotscaleはただ計量するだけではない、アプリと繋げることにより無限の可能性を生み出せるはかりなのです。

■『dotscale』製品概要

提供元:PR TIMES

最新の食品ニュース





メルマガ登録はこちら
フーズチャネルタイムズ 無料購読はこちら