【オンライン開催】~新時代の宇治茶生産に向けて~「令和2年度茶業研究所研究報告会」

掲載日: 2021年01月26日 /提供:京都府

京都府農林水産技術センター農林センター茶業研究所は、「新時代の宇治茶イノベーションの拠点」として、新時代に対応した宇治茶の価値・魅力を発信し、安心安全かつ高品質な茶の生産について研究しています。 この度、令和2年度研究報告会を開催し、近年生産が増えている直がけてん茶の品質を向上させる栽培技術や、宇治茶の優れた伝統栽培である自然仕立ての効率的な防除方法、被覆が秋てん茶の品質や生育に与える影響について報告をします。 今年度は、コロナ感染拡大防止対策として、初のオンラインでの開催を行います。



日時

令和3年2月22日(月)9:00 ~ 3月15日(月)17:00


場所

YouTube
(事前に録画した内容をYouTubeにて公開)

内容

ア 「直がけてん茶の品質向上に向けた被覆開始・摘採時期の管理」   30分
 京都府農林水産技術センター農林センター茶業研究所 主任 下司 純也 
イ 「手摘み園における省力防除技術の開発」             10分
 京都府農林水産技術センター農林センター茶業研究所 副主査 南村 佐保
ウ 「秋芽の被覆が品質関連成分及びその後の生育に与える影響について」10分
 京都府農林水産技術センター農林センター茶業研究所 主任研究員 木下 和二

その他

事前申込みが必要です。
申込みの後、事務局から視聴URLを申込者に通知します。

<申込方法>
京都府府民総合案内・相談センターまで、電話(075-411-5000)、FAX(075-411-5001)、メール411-5000@pref.kyoto.lg.jp、のいずれかで、氏名・市町村・所属・メールアドレス・参加(視聴)人数を記載の上、お申込みください。
(申込期限 3月12日)

提供元:PR TIMES

最新のその他ニュース





メルマガ登録はこちら