三大都市圏の“働く大人”の朝食事情。毎日朝食を食べる人は約7割(マクロミル調べ)

掲載日: 2017年11月28日 /提供:マクロミル

株式会社マクロミル(本社:東京都港区、代表執行役グローバルCEO:スコット・アーンスト)は、旬な情報や話題のネタについてアンケートを行い、ニュースレター「トレンドアイズ」として調査結果をお届けしています。 vol.91は「朝食」をテーマに、働く大人の朝食事情について調査を実施しました。


<Trend Eyes vol.91>
■Topics


勤務日に朝食を「ほぼ毎日食べる」人の割合は71%で、年代が下がるほど頻度も低下傾向
休日は、朝食をさぼりがち!?勤務日よりも、朝食を「ほぼ毎日食べる」割合が下がり、「カフェ・喫茶店」で食べる割合は増加
朝の支度時間が短いと、朝食摂食頻度も低下。支度時間30分未満の人は25%が「職場」で朝食!?
朝食1食あたりの平均予算は260円。ちょっと贅沢な朝食であれば、平均902円まで出してOK


■調査結果
【1】勤務日に朝食を「ほぼ毎日食べる」人の割合は71%で、年代が下がるほど頻度も低下傾向

勤務日の朝食を食べる頻度について尋ねました。「ほぼ毎日食べる」と回答した人は全体の71%でした。逆に「ほとんど食べない」人は14%いました。

年代別にみると、年代が下がるほど、朝食を食べる頻度も下がる傾向にあることが分かりました。「ほぼ毎日食べる」割合は、20代では59%、30代は71%、40代74%、50代73%です。

一方で、朝食欠食率(ほとんど食べない割合)は、年代による傾向はそれほど見られず、20代16%、30代12%、40代16%、50代15%で、40代が最も高い結果となりました。




>>Topics【2】~【4】は以下URLよりご確認いただけます。
https://honote.macromill.com/report/20171128/?cid=SL-PR



<その他の調査項目>
・最もよく朝食を食べる場所
・朝食の準備方法
・朝食で食べる品目数
・朝食で食べるもの(食品)
・朝食時に飲むもの(飲料品)
・朝食に対する満足度
・理想の朝食内容     など


▼調査概要
調査主体:マクロミル
調査方法:インターネットリサーチ
調査対象:首都圏(東京、神奈川、千葉、埼玉)、中京圏(愛知、岐阜、三重)、近畿圏(大阪、京都、兵庫、滋賀)の3地域に在住の20~59歳の男女(マクロミルモニタ会員)/合計1,500サンプル
割付方法:各地域均等に回収した後、平成27年国勢調査による性別×年代別×地域別の人口動態構成に合わせてウェイトバック
調査期間:2017年11月6日(月)~7日(火)

※本レポートでは、上記のうち有職者(職業が公務員、会社員、経営者・役員、自営業、自由業)の848サンプルを抽出して集計を行っています。
※本文の数値は四捨五入した整数で表記しています。
※百分率表示は四捨五入の丸め計算をおこなっており、合計が100%とならない場合があります。



提供元:PR TIMES

最新の外食ニュース





メルマガ登録はこちら
フーズチャネルタイムズ 無料購読はこちら