地図で食事券が使えるお店がわかる『Go To Eat MAP』のリリース

掲載日: 2020年10月26日 /提供:AME&Company

Go To Eatプレミアム付食事券が使えるお店が地図でわかる!

AME&Company株式会社(東京都港区)は、Go To Eatキャンペーンのうちプレミアム付食事券を利用できるお店を地図で表示するwebサービス『Go To Eat MAP(α)』(https://go-to-eat-map.com/)をリリースしたことをお知らせいたします。


Go To Eat キャンペーンとは?感染予防対策に取り組みながら営業している飲食店および、食材を供給する農林漁業者を支援するため、国が以下の取り組みをするキャンペーンです。


(写真:農林水産省 Go To Eat キャンペーンHPより https://gotoeat.maff.go.jp/

キャンペーンは1.2.の参加方法があります。

1.登録飲食店で使えるプレミアム付食事券の発行
プレミアム付食事券を指定の窓口で購入すると、25%お得(国の負担で)に食事を楽しむことができる
例)10,000円分の食事券を使って、特定の飲食店で12,500円分の食事を楽しむことができる

2.オンライン飲食予約の利用によるポイント付与
特定の予約サービスから飲食店を予約し、食事をすると、昼なら500ポイント、夜なら1,000ポイントが予約人数に応じて獲得できる

※それぞれのキャンペーン詳細は農林水産省HPをご確認ください。



『Go To Eat MAP』にできること



『Go To Eat MAP』は1.のプレミアム付食事券を利用できるサイトを、地図から探して予約することができるサービスです。



各都道府県のHPでプレミアム付き食事券を利用できるお店を探すことはできますが、地図から探して、近くのお店を検索することはできない課題を解決するサービスです。


開発の背景

国の施策を後押しする民間のサービスによってなめらかに普及する仕組みが必要
弊社は”ちゃんと稼げる仕組みづくり”をビジョンに、最先端のテクノロジーを活用して様々な業界の課題解決につながる仕組みを構築しています。
今回のコロナウイルス感染症では多くの飲食事業者に深刻な影響を及ぼしていますが、このGo To Eatキャンペーンで外食市場が少しでも元気になることが期待されています。
しかしながら、キャンペーンを実施しても大きな飲食事業者へは効果が波及するかもしれませんが、小さな飲食事業者にはなかなか行き渡らないことが現実です。
この課題に対して『Go To Eat MAP』が少しでも寄与し、キャンペーンの効果が小さな事業者へも波及するようになれば幸いです。

GoToEatMAP:https://go-to-eat-map.com/
公式twitter:https://twitter.com/GoToEatMAP1

AME&Company株式会社
代表取締役 吉村章央

本件に関する一般の方からのお問い合わせは下記URLよりお願いいたします。
https://www.ameand.com/

提供元:PR TIMES

最新の外食ニュース





メルマガ登録はこちら