東急ステイ ホテルデイユース利用のさらなる促進

掲載日: 2020年10月20日 /提供:東急リゾーツ&ステイ

~ワークスペース予約アプリ「ワークスルー」に参画~

東急リゾーツ&ステイ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:田中 辰明)は、全国で開発運営する滞在型ホテル「東急ステイ」の一部の店舗において、宿泊を伴わない新たなホテル利用として開発したデイユース客室のさらなる販売促進を図るため、SBイノベンチャー株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:青野 史寛)が提供するスマートフォン用ワークスペース予約アプリ「ワークスルー」のベータ版に、10月20日よりデイユース客室の掲載を開始することをお知らせいたします。



「“思い立ったら” “気軽に” “ふらっと”」、という新たなホテル利用


東急ステイ銀座 (モデレート 15平方メートル )
出張や旅行等でホテルに宿泊する場合は、事前にホームページ等で予約に至るシーンが多いと思いますが、今回のデイユース客室をご提供するにあたり、「“思い立ったら” “気軽に” “ふらっと”」というフレーズをキーワードに、「宿泊を伴わないホテル利用」という新たな価値をご提案いたします。外回りをしている最中に急な打ち合わせが入り個室環境が必要となった、雨が降ってきて屋外のテラスでの仕事ができなくなった、等の突発的なシチュエーションに際し、ワークスペースの選択肢としてホテルのデイユース客室をもっと身近に利用していただきたいと考えています。屋外で雨に降られた際には、客室内の洗濯乾燥機で衣服を乾かしながらシャワーを浴びてリフレッシュする等、「東急ステイ」ならではの設備が活かされること間違いなしです。
今回「ワークスルー」サービスには、「東急ステイ銀座」、「東急ステイ新宿」、「東急ステイ池袋」の3店舗が参画いたします。


東急ステイ新宿 (コンフォートシングル 15平方メートル )
東急ステイ池袋 (シングルB 15平方メートル )



「ワークスルー」サービス概要

「ワークスルー」は、2020年7月28日にベータ版がリリースされた、レストランなどのアイドルタイムにおける空席をワークスペースとして貸し出す予約アプリです。希望する店舗と利用日時、カウンターやテーブル席、個室などの席タイプをアプリ上で選択し、レストランなどの空席をワークスペースとして30分から予約することができます。予約したワークスペースを確実に利用することができるため、外出中にパソコン作業などを行う場所を探す時間や手間が掛からず、業務の生産性の向上につながります。「ワークスルー」で予約可能なワークスペースは、無料のWi-Fiサービスが完備されている他、多くの場合、電源も利用することができます。


ワークスペースとしての「ホテルデイユース利用」の促進

 デイユース客室の提供開始以来、会社員やフリーランスの方など個人だけでなく、法人のお客様のご利用も増やしてきました。サービスを提供する中で、「ワークスペースを長時間確保したい」、「周囲を気にせずに集中して作業を続けたい」という声がお客様から寄せられました。そこで、新たに長時間の利用が可能なデイユース客室を追加し、その第一弾として「東急ステイ銀座」、「東急ステイ新宿」、「東急ステイ池袋」の3店舗を「ワークスルー」アプリに掲載することとなりました。「ワークスルー」アプリへのホテル客室の登録は東急ステイが初となります。


選べる複数のプラン

 予約プランは、朝から夜間まで利用できる「1日プラン」や、「午前プラン」、「午後プラン」など、使い方に合わせて選択いただくことが可能です。ご予約は、「ワークスルー」公式WEBサイト https://work-thru.com/ からスマートフォンアプリをダウンロードして受け付けております。※予約状況によりご利用いただけない場合がございます。予めご了承ください。




東急ステイ概要

コンセプト~「自分らしく暮らすように滞在できる」ホテル~
「ビジネス」から「観光」、「転勤等の一時住まい」まで、海外からの旅行者も含め、『1泊でも中・長期滞在でも快適な空間』を提供することをコンセプトとして洗濯乾燥機・電子レンジ・ミニキッチン(一部タイプ)などを客室内に設置したホテルです。
店舗展開 ※2020年7月1日時点
店舗数: 28店舗
客室数: 4,521室(※東急ステイレジデンス除く)


≪東急リゾーツ&ステイ株式会社≫( https://www.tokyu-rs.co.jp/
全国100を超える施設運営を手がける総合運営会社。
民間・行政問わず、運営受託、マネジメント契約、コンサルティング契約等の運営サポートを行う。

提供元:PR TIMES

最新の外食ニュース





メルマガ登録はこちら