参加者募集!経営者・人事ご担当者様向けMBAセミナー「感染症リスク社会における人材マネジメントのあり方」

掲載日: 2020年09月17日 /提供:公立大学法人 県立広島大学

県立広島大学大学院経営管理研究科(広島市南区宇品東1-1-71、理事長兼学長 中村 健一)は、2016年4月、広島に開設しました。ビジネスパーソンのニーズに応えたマネジメント力の育成と、社会の変化を捉えた先端的マネジメント力の開発により、日本の地域あるいは世界で求められる次世代型リーダーの育成、輩出を目的とした、働きながら学ぶ社会人のためのビジネススクールです。 この度、経営者及び人事ご担当者様を対象としたMBAセミナー「感染症リスク社会における人材マネジメントのあり方」をオンラインにて開催し、参加者を募集します。


1 開催概要

日 時:2020年9月25日(金)14:00~15:50

方 法:オンライン(Zoomウェビナー)

費 用:無料

募集人数:最大200名

講 師:県立広島大学大学院経営管理研究科 教授 木谷 宏

テーマ:感染症リスク社会における人材マネジメントのあり方

内 容:
「広島県働き方改革実践企業認定制度」が始まって3年が経過し、認定企業数は約300社へと拡大しました。中小企業における担当者のきめ細かな制度設計、難しいと言われる病院・幼稚園・飲食店による現場の知恵、非正規労働者までも対象とする経営者の想い…。多くの成功事例は、1.制度・体制(ハード)、2.運用・工夫(ソフト)、3.意識・風土(ハート)、つまり「三位一体の改革」の必然性を私たちに教えています。感染症リスクに喘ぐ今日、新たな人材マネジメントの姿をご一緒に考えていきましょう。

スケジュール:
14:00~14:20 大学説明会
14:20~15:40 MBAセミナー「感染症リスク社会における人材マネジメントのあり方」
15:40~15:50 Q&A(セミナーの内容、人事関係の質問等にお答えします。)


木谷 宏(県立広島大学大学院経営管理研究科 教授)
広島県呉市出身、東京大学経済学部卒業後、食品会社へ入社。米国ジョージ・ワシントン大学ビジネススクール留学(MBA)。米国現地法人COO、本社経営企画部長、CIOを歴任。2008年学習院大学経済学部特別客員教授、麗澤大学経済学部教授を経て、2016年4月より現職。博士(経営学)。働き方改革研究者で、豊富な企業支援実績を持つ。


2 申し込み方法

下記よりHBMSのウェブサイトにアクセスしお申し込みください。

https://mba.pu-hiroshima.ac.jp/ja/events/archives/4624

申込者には、Zoomウェビナーへの事前登録についてのご案内を開催日前日にご連絡します。

提供元:PR TIMES

最新のその他ニュース






メルマガ登録はこちら