ご好評につき特別販売支援第2弾「千房(ちぼう)」のお好み焼きをライフ首都圏店舗で販売

掲載日: 2020年08月12日 /提供:ライフコーポレーション

株式会社ライフコーポレーションは、銘産品メーカー支援を目的とし、首都圏の一部店舗にて販売している大阪の名店「千房」のお好み焼きを、8月15日(土)より店舗を拡大して販売いたします。 新型コロナウィルス感染拡大の影響が長期化し、観光・外食業界はいまだに厳しい状況が続いております。そうした各地の生産者を支援するため、6月に「千房」のお好み焼き2種を特別販売し、大変多くのお客様からご好評いただきました。今回は第2弾として、「千房」の大阪名店の味「豚玉」・「チーズねぎ焼」の2品を第1弾よりさらにお買い得な価格にて、ライフ首都圏店舗の冷凍食品売り場で販売いたします。引き続き日本各地の魅力ある商品の販売を通じ生産者の支援をさせていただくとともに、お客様においしい商品をお楽しみいただけるよう取り組んでまいります。





■実施日
2020年8月15日(土)から
※拡大した店舗のみ売り切れ次第終了


■販売店舗
首都圏119店舗の冷凍食品売り場
※ドラッグプラス品川御殿山店を除く


■対象商品(2品) ※冷凍商品にてご提供
大阪のお好み焼き専門店「千房」
・大阪名店の味 豚玉 256g 328円(本体価格)
・大阪名店の味 チーズねぎ焼 201g 328円(本体価格)




千房ホールディングス株式会社 中井 貫二 代表取締役社長コメント


前回開催いただきました産地応援フェアでは、たくさんのお客様に千房の
お好み焼をご賞味いただき、誠にありがとうございました。皆様よりお好み焼
を通してたくさんの勇気をいただいたように思います。
まだまだ予断を許さない世の中ではございますが、おいしいお好み焼でお祭り気分と賑やかな大阪の雰囲気をお届け出来れば幸いです。


【当社で取り組んだ生産者・銘産品メーカーの支援内容】



提供元:PR TIMES

最新の小売ニュース





メルマガ登録はこちら