ククピー、飲食店向けクラウドキッチン導入サービス「cookpyクラウドキッチン」および三井住友海上と提携した「クラウドキッチン保険」の提供を開始…

掲載日: 2020年02月27日 /提供:cookpy

外食から中食への動きが加速する中、多くの飲食店がより安心してクラウドキッチンやデリバリーサービスを導入できる環境の整備へ。

ゴーストレストラン出店希望者(ブランド)とクラウドキッチン を導入したい飲食店(店舗)をつなげるマーケットプレイス『cookpy(ククピー)』を運営する株式会社cookpy(本社:東京都港区、代表取締役CEO:安井 一男)は、飲食店向けクラウドキッチン導入サービス「cookpyクラウドキッチン」の提供開始と合わせて、三井住友海上火災保険株式会社(所在地:東京都千代田区、取締役社長:原 典之)と提携し、「cookpyクラウドキッチン」を利用する飲食店とユーザーを対象とした「クラウドキッチン保険」の制度をスタートします。 本制度は、飲食店等が、今まで収入にならなかった遊休キッチンスペースに、ククピーが厳選したレストランメニューとフードデリバリーサービスを導入するだけですぐに副収入を得ることができる「cookpyクラウドキッチン」サービスを導入する際に生じる不安を減らすための第一歩として準備を進めてきました。 今後も、cookpyを通して"個の食をアップデートすることで多くのチャレンジを生み出し、cookでhaapyをふやして"いきます。






飲食店向けクラウドキッチン導入サービス「cookpyクラウドキッチン」
株式会社cookpy 代表取締役CEO 安井一男より
「クラウドキッチン保険」について
会社概要


cookpyクラウドキッチン:https://cloud-kitchen.cook-happy.com/


1、飲食店向けクラウドキッチン導入サービス「cookpyクラウドキッチン」

 「cookpyクラウドキッチン」は、お店の空いている時間にキッチンスペースを貸し出すだけで収益アップが期待できる飲食店向けサービスです。 今まで収入にならなかった飲食店等の遊休キッチンスペースに、ククピーが厳選したレストランメニューとフードデリバリーサービスを導入するだけですぐに副収入を得ることができます。
 具体的には、店舗に「cookpyクラウドキッチン」を導入しククピーが提供するメニューをUberEats等のデリバリーサービスで販売するだけで、毎月売上高の10%~20%を受け取ることができるサービスです。導入していただくメニューはオペレーションを最小限に抑えたメニューのみなので現場の方の負担もかかりません。もちろん、仕入費用(メニュー購入費用)もデリバリーサービス導入費用も一切必要ありません。
 強みは、東京都内で10店舗以上のゴーストレストランを運営しているcookpyの知見及びデリバリーサービスのデータ分析を基にしたデリバリーで売れるメニューや、実績のある大手人気チェーン店等のメニューを導入することですぐに売上を上げることができる点です。
----------------------------------------
※導入シミュレーション
■1店舗に1ブランド導入した場合
・単価1,300円 / ランチのみ毎日 / 平均20食販売(※参照:cookpy運営レストラン販売実績)
・売上予想 806,000円/月
・導入店舗様収益 52,390円/月
→その他ブランドを導入することで横展開可能
----------------------------------------

※サービスの利用はコチラから⇒https://cloud-kitchen.cook-happy.com/











2、株式会社cookpy 代表取締役CEO 安井一男より
 昨今、単身世帯の増加や働き方改革によるリモートワーク/テレワークへのシフト等により消費者の外食から中食への動きが加速しています。
このような環境下、飲食店が今後売上を伸ばしていくためには、店舗の非稼働時間を活用して効率的に収益を上げられるクラウドキッチンやゴーストレストランを店舗に導入することが必要と考え、飲食店が気軽に安心して本サービスを導入することで、より多くの人が新しいチャレンジに踏み出せるよう今回の取り組みを開始いたしました。
 取り組みのきっかけは、本サービスを検討していく過程で、飲食店様等が今まで収入にならなかった遊休キッチンスペースを活用して気軽に副収入を得ることができる「cookpyクラウドキッチン」を導入する際に、〈是非導入してみたいが、キッチン提供者の責任として食中毒など万が一のリスクが心配でなかなか踏み切れない。〉という意見をいただいたことにあります。
通常、飲食店様が基本的に加入されている保険で食中毒に関してもカバーされているのですが、やはり新しい取り組みを始めるにあたり不安に思う方もいると思います。そこで、三井住友海上と提携して、サービスを導入する際に生じる不安を減らすために「クラウドキッチン保険」を設計いたしました。
 また、今回の提携を通し飲食店様が安心して当社サービスをご利用いただく環境を整えたうえでより一層の収益拡大に貢献できるよう、cookpyのリソースを使って自社ブランド商品の販売を拡大したいしたい外食チェーン店・食品メーカー様等との連携も強めてまいります。


3、「クラウドキッチン保険」について
 本制度は、「cookpyクラウドキッチン」を利用して飲食店(以下、クラウドキッチン提供者)が販売した飲食物に起因して、食中毒等で第三者が身体障害を被った場合に、クラウドキッチン提供者が法律上の損害賠償責任を負担することによって被る損害に対して補償を受けることができる制度です。クラウドキッチン提供者の賠償すべき金額について、保険期間(1年間)中の限度額は1億円となります。
※対象企業(クラウドキッチンの提供者)については、cookpyクラウドキッチンサービスへの申込みが必須となります。cookpyクラウドキッチンを利用していない場合は本制度の補償の対象とはなりません。



4、会社概要
??株式会社cookpy
所在地  :東京都港区六本木4-2-45 高會堂ビル2階
代表者  :代表取締役CEO 安井 一男
設立   :2017年10月30日
事業内容 :クラウドキッチンのマーケットプレイスプラットフォーム「cookpy」/ 飲食店向けクラウドキッチン導入サービス「cookpyクラウドキッチン」の運営
URL :https://cloud-kitchen.cook-happy.com/
  :https://ghost-restaurant.cook-happy.com/

提供元:PR TIMES

最新の外食ニュース

メルマガ登録はこちら