築140年の武家屋敷を温泉旅館に再生 「Nazuna 飫肥 城下町温泉 -小鹿倉(こがくら)邸-」 2020年3月、宮崎県日南市にオープン

掲載日: 2020年01月23日 /提供:Nazuna

~ 伝統的建造物を再生した宿を運営する株式会社Nazunaと地元商店会が描く新たなまちづくりのカタチ ~

江戸時代末期に飫肥(おび)藩の藩医邸として建てられた築140年以上の武家屋敷を改修した全5室の温泉旅館がオープンいたします。株式会社Nazuna(本社:滋賀県野洲市、代表取締役:大門真悟)と、株式会社Kiraku(本社:京都府東山区、代表取締役:サンドバーグ弘) と、株式会社大地は共同で伝統的建造物を再生した宿の企画・運営に取り組んでおり、本件は地元飫肥に拠点を置く「飫肥商店会」と連携し、日南市が所有する空き家を宿泊と地域交流機能を兼ね備えた観光拠点に再生する新たな試みです。


株式会社Nazunaと株式会社Kirakuと株式会社大地は2020年3月 (予定)、宮崎県日南市の重要伝統的建造物群保存地区に全5室の温泉旅館「Nazuna 飫肥 城下町温泉 -小?倉邸- (以下「小?倉邸」(こがくらてい))」を開業いたしますことをご報告いたします。
外観

■飫肥の観光産業振興への想い

飫肥地区は宮崎県日南市南部に位置し、安土桃山時代から明治初期までの約300年間、飫肥藩伊東家5万1千石の城下町として栄えた町です。飫肥城を中心に並ぶ武家屋敷と風格ある武家門、飫肥石の石垣などにより形成される美しい武家屋敷街が保存されており、江戸時代の武士・商人の暮らしぶりを現代に伝えます。1977年には九州初の重要伝統的建造物群保存地区に指定されました。また、周辺には「日本の棚田百選」に選ばれた坂元棚田や断崖の洞窟内に建つ鵜戸神宮といった観光スポットもあります。このような魅力的な観光資源がありながら飫肥地区内には宿泊施設が不足しており、宿泊を伴う観光客を十分に呼び込めていないという課題がありました。本プロジェクトは、飫肥の中心部に位置し、その規模の大きさと保存状態の良さから飫肥を代表する古民家の1つである旧小鹿倉邸を、地元商店会と連携しながら観光の拠点となる宿として再生するプロジェクトです。

左上:武家屋敷街、右上:飫肥城、左下:城下町内での鯉の遊泳、右下:飫肥杉の林
■全客室に温泉露天風呂付き、地域の特徴をテーマにしたコンセプトルーム

「小?倉邸」は、築140年以上の母屋 (約350平方メートル )と離れの納屋 (約45平方メートル )を改修した全5室の旅館です。全室に市内の北郷温泉から輸送された温泉をお愉しみいただける露天風呂を備えており、客室は全て飫肥の特徴をテーマとしたコンセプトルームといたしました。飫肥のシンボルカラーである紫を基調とした「HONMURASAKI」、古くから飫肥の産業を支えてきた飫肥杉をテーマとした「SUGI」、飫肥の街並みのあちこちで見かけられるお茶の木の生垣から着想を得た「CHABOKU」、日南市の特産品である柑橘種をモチーフとした「DAIDAI」、飫肥の美しい風景に?かせない「KOKE」の、異なる5タイプの客室で、滞在を通じて飫肥の風土を感じる宿泊体験をご提供いたします。江戸時代から今日まで守られてきた趣ある佇まいを保存・継承するため、建物外観の補修は最低限に留めました。
 左から、飫肥のシンボルカラーである紫、飫肥杉、生垣に植えられた茶木、日南の柑橘、多種多彩な苔

客室「HONMURASAKI」 飫肥の町の?である紫を基調とした寝室と温泉露天風呂

客室 「SUGI」 飫肥杉をテーマにした寝室と専用バースペース

■地域交流機能を兼ねたレセプションスペース

宿泊受付を行うレセプションスペースは地域交流機能も兼ねており、飫肥ならではの郷土料理や、商店街で販売されるここならではの商品に触れることが出来ます。また、同エリア内の商店の特徴を1店舗ずつまとめた「ガイドカード」を手に取れるなど地域の繋がりを感じることもできます。飫肥城下町の新たな観光拠点として、多くの人々が行き交う場として活用される予定です。
レセプションスペース
■既存の1棟貸し宿泊施設を統合する「分散型旅館」という考え方

小?倉邸の開業に伴い、株式会社Kirakuが企画・開発した既存の一棟貸しの宿「季楽 飫肥 勝目邸」「季楽 飫肥 合屋邸」を本旅館に統合し、小?倉邸の5室と合わせた全7室の新たな分散型旅館として営業を開始します。一棟貸しも含め宿泊客のチェックインは全て小?倉邸のレセプションスペースで行う予定で、今後も同エリアで一棟貸し等の宿泊事業を行いたいと考えている事業者の受付代行等の受け入れや、宿泊事業を軸にしたスパ施設や飲食施設等の開発、地域ならではの体験開発等にも取り組んでいく予定です。本事業で形成するプラットフォームを拡張していくことで、更なる面的な展開が期待されます。


飫肥の5つの特徴より着想を得た客室 ※一棟貸しである勝目邸・合屋邸には温泉露天風呂はございません


分散型旅館を中心としたエリア活性化のイメージマップ
※分散型旅館とは観光拠点となる交流機能と複数部屋を有する旅館タイプの宿を中心に、地域に点在する宿や飲食、スパ等の店舗 及び 体験商品をひとつのプラットフォームに統合した「面での魅力発信」と「地域周遊の促進」を可能にする新たなストーリー性のある旅を提供する旅館の定義


別邸 勝目邸 県の名勝庭園付の古民家一棟貸し宿
別邸 合屋邸 長屋門だった古民家を改修した一棟貸し宿


宿泊の予約受付開始は2020年2月末を予定いたしております。皆様からのご予約を心よりお待ち申し上げております。
飫肥城下町の街並み
※本リリースに掲載の画像は全てイメージで、実際とは異なる場合がございます。

■「Nazuna 飫肥 城下町温泉 -小鹿倉邸-」
【アクセス】JR九州「飫肥駅」から徒歩約14分、宮崎空港より車で約70分
【所在地】宮崎県日南市飫肥八丁目4131
【客室数】7室
小鹿倉邸 5室(うち2部屋 ~2名利用  うち1部屋 ~3名利用 うち1部屋~4名利用 うち1部屋 ~5名利用)
別邸 勝目邸 1室 ※1棟貸し(~6名利用) 別邸 合屋邸 1室 ※1棟貸し(~6名利用)
https://www.nazuna.co/property/nazuna-obi-onsen-resort
【宿泊に関するお問い合わせ先】電話番号 0120-004-170/ Email: nazuna@nazuna.co
【事業】株式会社 Nazuna・株式会社 大地
【連携】飫肥商店会
【運営】株式会社Nazuna
【企画】株式会社Kiraku
【設計・空間プロデュース・施工】株式会社乃村工藝社・岩下建設有限会社・paak design株式会社
【協力】日南市、日南市クリエイティブ専門官 山野恭稔

■ 株式会社Nazuna
「Nazuna」及び「季楽(きらく)」ブランドで、京町家をリノベーションした高級旅館・高級一棟貸し宿を運営しております。ミシュランガイド京都・大阪で3パビリオンを獲得している旅館「Nazuna 京都 二条城」「Nazuna 京都 御所」、2018年の日本経済新聞「専門家が選ぶ全国古民家町屋ランキング」で8位を受賞した一棟貸し宿「季楽 京都 姉小路」など、伝統的でありながらも独創的な宿を展開しています。
URL:https://www.nazuna.co/

■ 株式会社大地
関西を中心に飲食事業、インバウンド事業、イベント事業を手掛けています。「炭火とワイン」、「鳥しきひろせ」など自社オリジナル業態を大阪、京都、東京と展開。その他に「牛角」や「居酒家土間土間」の運営を行っています。多様性を尊重し、充実した生活を求め、独立、起業する為に個人の可能性を大きく伸ばし、個人の「夢」を見つけ実現する。大地は、このような職場環境をはぐくみます。
URL:http://www.daiti.co.jp/

■ 飫肥商店会
飫肥商店会は、飫肥で開催される寿太郎祭りや城下祭りの協賛、食べあるき事業への支援、年末大売出し(抽選会)の実施、飫肥町づくり協議会への参加などを行う、飫肥地区で活動する商店振興発展のための組織です。

■ 株式会社Kiraku
株式会社Kirakuは、ホテル開発・企画、アセットマネジメント、ソフトウェア開発、データ分析コンサルティング等を手掛けています。2015年7月に宮崎県日南市より「まちなみ再生コーディネーター」業務を受託。2017年12月には、経済産業省より「地域未来牽引企業」に選定されております。日本の歴史的資源を活用した再生ビジネスに着目し、旅館再生を含め、「日本の未来に残したい資産」をテーマに、事業性のある不動産の利活用プロジェクトを進めています。
URL:https://www.kiraku.io

■ 株式会社乃村工藝社
株式会社乃村工藝社は、1892 年(明治25年)の創業以来、商業施設、ホテル、ワークプレイス、博覧会、博物館などさまざまな空間の総合プロデュース企業として、全国 10 拠点を展開しています。近年、多様化する商業空間やイベント、文化施設などの業態や在り方に対応すべく、地域の課題解決や魅力づくりに取り組み、新分野、新市場でのプロジェクトを進めています。
URL:https://www.nomurakougei.co.jp/

■ 岩下建設有限会社
「地域に根ざした家づくり」 「安心 ・ 安全の家づくり」 を理念に日南市を中心に活動しています。新築 ・ リフォーム ・ 古民家再生なんなりとご相談ください。皆様の 「大切なマイホーム計画」 をお手伝いいたします。

■ paak design株式会社
会社のコンセプトは「いいモノづくりといいコトづくり」です。拠点は宮崎県日南市、都会ではない地方のどこにでもある田舎の街です。地域の山積した課題に対し、デザインのノウハウを軸に「空家事業」、「古物事業」、「転貸事業」、「地域ものづくり」の4つの事業を展開し、地域資源を活かしながら、地域に還元できる循環型の仕組みをつくることを目指しています。
URL:https://paak-design.co.jp/

■ 日南市クリエイティブ専門官
日南市とともに、飫肥(おび)城下町などをはじめとする「古民家等の文化建築の利活用提案」や、「地域に根差した文化体験の企画」などを通じて、歴史的な街並みを再生し、国内・外国人観光客の誘客と地域の定住化を促進させるなど、魅力あるまちづくりを目指しています。

■ 宿泊以外に関するお問い合わせ先
株式会社Nazuna
〒520-2331 滋賀県野洲市小篠原859番地1
TEL: 077-587-3677 / FAX: 077-587-4078
Email: marketing@nazuna.co

提供元:PR TIMES

最新の外食ニュース

メルマガ登録はこちら
通信暗号化方式「TLS1.0/1.1」「SSL3.0」のサポート終了について