発売後2ヶ月足らずで重版決定!『会社を50代で辞めて勝つ! 「終わった人」にならないための45のルール』

掲載日: 2019年10月10日 /提供:一般ブランド・マネージャー認定協会

高田敦史(元・トヨタ レクサスブランドマネジメント部長)著

一般財団法人ブランド・マネージャー認定協会(本部:東京都新宿区、代表理事:岩本俊幸)のアドバイザーである高田敦史氏(A.T. Marketing Solution代表)の著作『会社を50代で辞めて勝つ! 「終わった人」にならないための45のルール』が2019年6月26日に集英社から発売されました。 発売直後から八重洲ブックセンター(東京都中央区)にて総合15位、紀伊國屋書店大手町ビル店でビジネス書4位と快進撃を続け、発売から2ヶ月足らずの8月13日、早くも重版となりました。現在も全国の書店やamazonで好評発売中です。 本書では、実際に50代で会社を退職し、現在個人事業主として活躍する著者が、自身の実体験を踏まえてその成功の方法を指南しています。 働き方改革が注目を集め、依然として高齢化が進行し、持続可能な経済成長と多様な働き方が模索される今、まさに世に問うべき一冊です。



●本書の3つの特徴
1.一般的な啓発本とは一線を画し、トヨタ自動車で31年間勤務した後、54歳で独立した著者の経験に基づ
いて、「会社を辞められる人材」になるための働き方、生き方について極めて実践的に書かれています。

2.まずは、著者が会社員時代の仕事からどのようなことを学んだのか整理したうえで、その学びを活かして、
どのように独立に向けて準備、行動したのかを、独立までの時間軸で分かりやすく伝えています。

3.また、「独立できる人」「独立に向いていない人」を○×形式で整理している点は、具体的に独立を考えてい
る40代、50代の方々だけでなく、自身の商品価値を高めて、将来は独立も視野に入れている若い方にも
大いに参考になります。


●本書の構成
第1章 50代で会社を辞めるべき5つの理由
第2章 会社を辞めるために必要なことは、すべて会社で学んだ
第3章 50代で会社を辞めるための10の心得
第4章 独立する前にやっておくべき20の行動
第5章 フリーランスとして生きるための15の知恵


●著者からの言葉
私自身は54歳7ヶ月でトヨタ自動車を退社し、独立しました。
人生100年時代と言われる中では、「定年=仕事人の終わり」ではありません。これからは最低でも70歳まで生き生きと働ける人が「勝ち組」になると思います。しかしながら、気力、体力の両面から60歳をこえて新たな仕事を始めるのは簡単ではありません。定年が65歳まで延長される流れもありますが、最後まで会社に残るのか、早めに会社を辞めて定年のない世界に踏み出すのかを考えるべき時代になったと私は考えています。

一方で、若い方が果敢に起業されるのと我々シニア世代の独立は少し違います。
若い方には失敗から学ぶ時間がありますが、シニア世代にはその時間はありません。会社員時代の経験や人脈を最大限に活かしながら、自分らしい働き方を実現することが成功の秘訣です。
世間では「働き方改革」が叫ばれていますが、シニア世代こそ、自分自身で「働き方改革」を実行してほしいと思います。皆様の健闘をお祈りしています。


●著者プロフィール

高田敦史 Atsushi Takada
一般財団法人ブランド・マネージャー認定協会 アドバイザー
A.T. Marketing Solution 代表

1961年生まれ、一橋大学商学部卒業
1985年にトヨタ自動車に入社後、宣伝部、商品企画部、海外駐在(タイ、シンガポール)等を経て、2008年に宣伝部の分社化プロジェクト(Toyota Marketing Japan)を担当し、Marketing Directorに就任。2012年からトヨタ自動車に戻り、Lexus Brand Management部長として、レクサスのグローバルブランディング活動を担当。
2016年にトヨタ自動車を退社し、個人事業主(屋号:A.T. Marketing Solution)となる。
独立後はブランディング領域を中心に大企業、ベンチャー企業のアドバイザー、講演活動等を行う。また、仕事の傍ら2016年から中央大学大学院戦略経営研究科にて学ぶ。


●本書の概要
価格:1,650円(税込)
出版社:集英社
ISBN-10: 4087861147
ISBN-13: 978-4087861143
発売日: 2019/6/26
販売方法:書店およびamazonにて販売中
amazonの取り扱いページ:
https://www.amazon.co.jp/会社を50代で辞めて勝つ-「終わった人」にならないための45のルール-高田-敦史/dp/4087861147


●一般財団法人 ブランド・マネージャー認定協会について



当協会は、社会課題を起点とした事業機会が創出され、企業の持続的成長が実現されることを目指しています。我々はブランディング教育支援によってこれらを達成するため、SDGsとCSVに取り組むことを中長期の目標に掲げました。

当協会設立の計画が始まった2000年ごろは、ブランディングの標準化されたフレームワークは存在せず、他社の成功事例を勉強するほかにはほとんど手立てがありませんでした。

しかもブランドの専門家を養成したり、資格を発行したりする専門機関がなく、専門家同士が情報を交換し、学びを深める場、コミュニティもないのが現実でした。


企業規模や業種にかかわらず使える、再現可能なフレームワークを作り、広く世の中に広めたい。その想いで、代表理事の岩本が発起人となり、第一線の研究者やコンサルタントを役員に迎え、志を同じくする企業家たちとともに、独自のメソッドを考案し当協会を設立しました。


講座は企業経営者および幹部、マーケティング担当者、広報・宣伝担当者、商品開発担当者、広告制作担当者、デザイナー、コンサルタント等、幅広い方々に受講していただいております。2018年には設立10周年を迎え、翌2019年4月には2日間でブランディングを学ぶ基本のカリキュラム「ベーシックコース」の延べ受講者数が2,000名を突破しました。

講座開催の資格をもつトレーナーは80名を超え、北は札幌から南は福岡まで、全国各地で講座を開催し、企業研修等も多数行なっています。


●一般財団法人 ブランド・マネージャー認定協会の概要
組織名:一般財団法人 ブランド・マネージャー認定協会
所在地:〒160-0022 東京都新宿区新宿1-36-7 川本ビル3F
代表者:岩本俊幸(代表理事)
設立:2008年9月18日
2010年9月29日 一般財団法人化
URL:https://www.brand-mgr.org
事業内容:・ブランド・マネージャーに関する民間資格の創設および同資格の付与
・ブランド、ブランディングおよびブランド・マネジメントに関する研究ならびに啓蒙活動
・スクール、セミナー、勉強会、研修、シンポジウム等の企画、監修、開催および運営
・教材、書籍、その他出版物の企画、監修、編集、出版および販売
・研修および講演会の企画、開催および運営の請負業務 等

提供元:PR TIMES

最新のその他ニュース

通信暗号化方式「TLS1.0/1.1」「SSL3.0」のサポート終了について
メルマガ登録はこちら