10月1日(火)より人気NO.1商品を10%増量

掲載日: 2019年09月24日 /提供:ブロンコビリー

消費税10%へ引き上げ後も、ブロンコビリーで「外食」を楽しんでほしい

株式会社ブロンコビリー(本社:愛知県名古屋市 代表取締役社長:竹市 克弘)は、2019年10月1日(火)に予定されている、消費税率10%への引き上げおよび軽減税率制度の実施に伴い、増税前と変わらず”外食ならではの楽しみ”を感じていただきたいとの想いから、人気NO.1商品『炭焼きブロンコハンバーグ』を、税抜価格は据え置きのまま10%増量いたします。さらに、コンビメニューでも提供しております『炭焼きブロンコハンバーグ』も10%増量となります。なお、同日より同メニュー名を『炭焼き粗挽きビーフハンバーグ』へ改名いたします。


■「ご馳走レストラン」を掲げるブロンコビリーの“今まで以上に外食を楽しんでいただきたい”という想い
ステーキハウス ブロンコビリーは、創業から40年間、ご家族やご友人と集い、ご家庭では味わえない“出来たて“の「ご馳走」を囲んだ、笑顔あふれる幸せなひとときを提供したいと取り組んでまいりました。

10月の消費税増税後も、引き続き「外食」を通じて心地よいひとときを提供したいと思い、単品及びコンビメニューの全13商品で提供しております『炭焼きブロンコハンバーグ』を、税抜価格据え置きで10%の増量を実施いたします。

■人気NO.1『炭焼きブロンコハンバーグ(新名称:炭焼き 粗挽きビーフハンバーグ)』とは?
肉専業レストランであるステーキハウス ブロンコビリーが、38週にもおよぶ月日をかけて、メニュー開発を行いました。粗挽きと細挽きの2種類のミンチにより、ゴツゴツと肉肉しい食感と、口に入れた瞬間に牛肉の旨味がじゅわぁ~っと口の中に広がります。さらに、ハンバーグ界では珍しい「岩塩」でのお召し上がりをオススメしており、肉本来の旨味も感じられ、“まるでステーキのようなハンバーグ“とご好評いただき、不動の人気を誇っております。


■変更内容詳細




■ブロンコビリーについて


1978年 名古屋市北区で誕生した、昨年40周年を迎えたステーキ&ハンバーグレストランです。東海地区を拠点に関東・関西地区で135店舗(2019年9月24日時点)を展開し、2種類の炭で豪快に焼き上げるアツアツでジューシーなステーキ&ハンバーグや、大かまどで炊いた魚沼産コシヒカリ、ジュニア野菜ソムリエが考える季節限定サラダバーなど、食にこだわった美味しさが多くのお客さまから支持を集めています。

URL: http://www.bronco.co.jp/

提供元:PR TIMES

最新の外食ニュース

通信暗号化方式「TLS1.0/1.1」「SSL3.0」のサポート終了について
メルマガ登録はこちら