「日用品・酒の買いだめ」や「ポイント還元の準備」等 増税前に、何らかの準備をする人が6割以上 「食費の節約」や「外食の前倒し消費」は比較的意向が低い…

掲載日: 2019年09月20日 /提供:リクルートライフスタイル

10月1日(火)からの消費税増税への準備に関する消費者アンケート




株式会社リクルートライフスタイル(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:淺野 健)の外食市場に関する調査・研究機関「ホットペッパーグルメ外食総研」(https://www.hotpepper.jp/ggs/)は、2019年10月1日(火)から実施される予定の消費税増税に際しての節約意向や増税前の準備について、消費者へのアンケートを実施しました。その結果を発表します。


【要約】
POINT1. 増税に際して、節約を意識している人は約7割。

・今後の節約を「とても考えている」と「少しは考えている」の合計である「節約派」は68.9% 。
・最も多かった30代女性(77.8%)を筆頭に、女性の全年代で7割を超えており、女性の節約志向が強い。逆に、50・60代男性では「非節約派」が4割以上。

POINT2. 増税後節約したい費目、「飲酒費」は4位。トップは「光熱費」。増やしたい費目、「食費」は4位。トップは「レジャー・趣味費」。
・増税以後「節約したい」費目で、外食関連では「食費(飲酒費を除く)」(36.1%)が9位、「飲酒費(家の中・外とも含む)」(40.6%)が4位。トップ3は、1位「光熱費」(54.8%)、2位「衣類費」(46.0%)、3位「家電・通信費」(44.5%)。
・増税以後「増やしたい」費目は全体的にスコアが低いが、外食関連では「食費(飲酒費を除く)」(2.0%)が4位。トップ3は、1位「レジャー・趣味費」(5.0%)、2位「教育、習い事の費用(子どもの費用含む)、子育て関連費」(3.9%)、3位「交際費」(2.2%)。

POINT3. 増税前に、何らかの準備をする人が6割以上。「日用品・酒の買いだめ」や「ポイント還元の準備」が多い。
・増税準備について「何も準備するつもりはない」が37.8%。一方、6割以上の人は何らかの準備をする予定。
・外食の「前倒し」には関心薄い。一方、「買いだめ」と「事前の準備」には一定の関心。「食料品・酒以外の日用品の買いだめをしておく」37.1% 、「酒の買いだめをしておく」20.7%。「ポイント還元があるキャッシュレス各社のキャンペーン内容などを調べる・比較検討する」20.8%、「キャッシュレス利用でポイントが還元されるカードやアプリなどを申し込む」19.3%、「外食店を含む中小店舗でポイント還元される制度や方法を調べる」18.9%、等。


1. 消費税増税に際して、50・60代男性では「非節約派」が各4割以上
10月1日(火)からの消費税増税に際して、今後節約することを考えているかについて聞いた。今後の節約を「とても考えている」と「少しは考えている」の合計である「節約派」は68.9%。逆に、「あまり考えていない」と「まったく考えていない」の「非節約派」も31.1%いた。性年代別に見ると、「節約派」は、最も多い30代女性(77.8%)を筆頭に、女性の全年代で7割を超えており、女性の節約志向が強いことが分かる。逆に「非節約派」は、60代男性(45.4%)を筆頭に50代男性でも4割を超えるなど、男性で目立った。圏域別には、「節約派」と「非節約派」の数値が大きく違うわけではないが、首都圏では、今後の節約を「とても考えている」人が25.2%であり、他の圏域よりもやや多かった。

■10月からの消費税増税に際して、今後節約することを考えているか(全体/単一回答)




2. 増税後「節約したい」費目、「飲酒費」は第4位。トップは「光熱費」
10月1日(火)からの消費税増税以後、「節約したい」費目について聞いた。外食に関係する項目では、「飲酒費(家の中・外とも含む)」(40.6%)が4位、「食費(飲酒費を除く)」(36.1%)が9位であった。トップ3は1位「光熱費」(54.8%)、2位「衣類費」(46.0%)、3位「家電、通信費」(44.5%)。ここでも多くの費目において、男性より女性のスコアが高く、節約志向が強いことが分かる。「飲酒費(家の中・外とも含む)」「食費(飲酒費を除く)」についても、節約派は、20~40代女性で多く、40~60代男性では少ないという結果だった。

■10月からの消費税増税以後の考え/「節約したい」費目
(全体/各費目別に「節約したい」と回答した人を集計)





3. 増税後「増やしたい」費目、「食費」は2.0%。トップは「レジャー・趣味費」
10月1日(火)からの消費税増税以後、「増やしたい」費目についても聞いた。節約志向が強い中で、全体的にスコアが低いことがまず挙げられる特徴だ。その中で、外食に関連する費目では、「食費(飲酒費を除く)」が2.0%、「飲酒費(家の中・外とも含む)」が1.4%という結果であった。トップ3は、1位「レジャー、趣味費」(5.0%)、2位「教育、習い事の費用(子どもの費用含む)、子育て関連費」(3.9%)、3位「交際費」(2.2%)であった。「食費(飲酒費を除く)」「飲酒費(家の中・外とも含む)」とも性年代別では、20代男性が最もスコアが高かった。20代男性は他に「レジャー・趣味費」や「交際費」「衣類費」などでも、全体平均よりもかなり高いスコアとなっており、節約を心掛けながらもお金の使いどころについては具体的なイメージができている性年代と言うことができそうだ。

■10月からの消費税増税以後の考え/「増やしたい」費目
(全体/各費目別に「増やしたい」と回答した人を集計)





4. 増税前の準備を何らかする人は6割以上。「買いだめ」や「ポイント還元の準備」も
消費税増税の前までにやっておきたいと思うものを聞いた。「何も準備するつもりはない」人が37.8%いるが、逆に、6割以上の人は何らかの準備はするということである。準備の内容は「買いだめ」「前倒し」「事前の準備」に大別して聞いた。「買いだめ」と「事前の準備」には一定の関心があったが、「前倒し」については、特に外食に関連する項目では関心が薄かった。2%の差を気にして外食を「前倒し」する動きは少なそうだ。個別の項目では、最多は「食料品・酒以外の日用品の買いだめをしておく」が37.1% 、次いで「ポイント還元があるキャッシュレス各社のキャンペーン内容等を調べる・比較検討する」が20.8%、「酒の買いだめをしておく」が20.7%。また、「キャッシュレス利用でポイントが還元されるカードやアプリなどを申し込む」が19.3%、「外食店を含む中小店舗でポイント還元される制度や方法を調べる」が18.9%等、増税と同時に始まる「キャッシュレス・消費者還元事業」によるポイント還元にも、一定以上の関心が集まった。

■10月の消費税増税の前までにやっておきたいと思うもの(全体/複数回答)



詳細は下記リンクよりPDFをご覧ください
https://www.recruit-lifestyle.co.jp/uploads/2019/09/RecruitLifestyle_ggs_20190920.pdf


▼リクルートライフスタイルについて
https://www.recruit-lifestyle.co.jp

【本件に関するお問い合わせ先】
https://www.recruit-lifestyle.co.jp/support/press

 

提供元:PR TIMES

最新の外食ニュース

通信暗号化方式「TLS1.0/1.1」「SSL3.0」のサポート終了について
メルマガ登録はこちら