「おいしい低糖質プリン ハイカカオチョコレート」10月1日(火)より全国にて新発売

掲載日: 2019年09月17日 /提供:森永乳業

1個当たりの糖質は3.5g以下!ドクター&パティシエが推奨する「おいしい低糖質プリン」シリーズ

森永乳業は、「おいしい低糖質プリン」シリーズより、「おいしい低糖質プリン ハイカカオチョコレート」を10月1日(火)より全国にて新発売いたします。



健康意識の高まりを受けて「ロカボ(緩やかな糖質制限=新時代の適正糖質摂取)」※に対する関心は高まっています。しかし、一般的なデザートには糖質が多く含まれており、“ロカボ”を心掛ける際に、デザートを食べたくても食べられない方もいらっしゃいます。当社は、科学的根拠に基づいて「おいしく、楽しく食べて、健康に」を啓蒙する食・楽・健康協会の趣旨に賛同し、会員企業として活動中です。

「おいしい低糖質プリン」シリーズは、“低糖質でも大満足のおいしさ”を追求し、1個当たりの糖質を3.5g以下、カロリーを60~70kcal前後とした低糖質のプリンです。

新商品「おいしい低糖質プリン ハイカカオチョコレート」は、おいしさと健康を両立した“ハイカカオ”のクーベルチュールチョコレートを使用しており、芳醇なカカオの香りの中にビターな風味とまろやかな甘みが味わえる、低糖質プリンです。1個当たりの糖質は2.9g、カロリーは74kcalに仕上げ、当社プリン比(森永の焼プリン・同量当たり)で糖質を約75%カット、カロリーも約25%カットしています。

「糖質量を気にしているけれど、おいしいスイーツは食べたい!」という方は、「おいしい低糖質プリン ハイカカオチョコレート」をぜひ、お召しあがりください。
■詳細はこちら
https://prtimes.jp/a/?f=d21580-20190913-1547.pdf

※ 「一般社団法人 食・楽・健康協会」山田悟代表理事が提唱する、「適正糖質の基準を満たしていれば、食事量の制限をしない」考え方。カロリーは意識せず、栄養素の中で唯一血糖値を上げると言われている糖質を1食20-40g+おやつ10gで、1日70-130gの適正量に抑えることにより、食後の血糖値上昇を抑制すると言われています。糖尿病の方はもちろん、日常の食事にも摂り入れることでダイエット効果にも繋がると言われています。


1.商品特長
<「おいしい低糖質プリン」 シリーズ>
1.1個当たりの糖質を3.5g以下、カロリーを60~70kcal前後とした、低糖質のプリンです。
2.紙スリーブを用いた容器でデザイン性を高めるとともに、「食・楽・健康協会」のロカボマークに加え、ドクターの山田医師、パティシエの辻口シェフの推奨商品とわかるデザインに仕上げました。

<おいしい低糖質プリン ハイカカオチョコレート>
1.おいしさと健康を両立した“ハイカカオ”のクーベルチョコレートを使用し、芳醇なカカオの香りの中にビターな風味とまろやかな甘みが味わえる、低糖質プリンです。
2.1個当たりの糖質は2.9g、カロリーは74kcalに仕上げ、当社プリン比(森永の焼プリン・同量当たり)で糖質を約75%カット、カロリーも約25%カットしています。

提供元:PR TIMES

最新の食品ニュース

通信暗号化方式「TLS1.0/1.1」「SSL3.0」のサポート終了について
スペインワイン&グルメフェア2019
メルマガ登録はこちら