PAIRING LAB.#6「餃子×クラフトビールフェス」を銀座で初開催

掲載日: 2019年08月21日 /提供:キリンビール

~7種類以上の餃子と20種類のクラフトビールで、140通り以上のペアリング体験!~

スプリングバレーブルワリー株式会社(社長 島村宏子、以下SVB)は、GYOZA IT.と、随園別館とコラボレーションして、多種多様な餃子とクラフトビールとのペアリングが体験できる「餃子×クラフトビールフェス」を、8月24日(土)、25日(日)の2日間、「“BEER TO GO” by SPRING VALLEY BREWERY(以下BTG)」にて開催します。


昨年8月9日(木)にオープンした、変わり続ける実験的な公園をコンセプトとする「Ginza Sony Park(銀座ソニーパーク)」の地下4階にあるBTGでは、これまで寿司やスイーツ、シーフードなどさまざまなグルメとのペアリングを研究する場として「PAIRING LAB.」という企画を展開してきました。

今回、同企画の第6弾として、一見当たり前のように感じられる餃子とビールのペアリングを、より奥深く体験いただける「餃子×クラフトビールフェス」を開催します。



餃子は焼く、茹でる、揚げるといった調理法とつけるタレの種類によって味覚のバリエーションが広がります。さらに多種多様な個性を持つクラフトビールを掛け合わせることで、楽しみ方の幅が大きく広がります。例えば白くてモチモチ食感の水餃子にはすっきりとした柔らかい味わいのホワイトビールが、チリソースにパクチーを合わせた餃子には酸味のあるフルーツビールタイプなどの商品と相性がよく、その他にも多種多様な組み合わせを体感いただけます。当日は、GYOZA IT.と随園別館が提供する7種類の餃子と、クラフトビール20種類※を提供します。またBTGオリジナルを含むシークレット餃子も数種類用意し、合計140通り以上の幅広いペアリングを通して、餃子とクラフトビールの新しい楽しみ方を提案します。
※ 餃子およびビールの種類は変更になる可能性があります。

キリンビールでは、ビールの未来をお客様とともに創造する「SPRING VALLEY BREWERY」をはじめとして、ビールをより魅力的にしていくためのさまざまな活動を展開していきます。
キリングループは、「酒類メーカーとしての責任」を果たし、「健康」「地域社会・コミュニティ」「環境」という社会課題に取り組むことで、こころ豊かな社会を実現し、お客様の幸せな未来に貢献します。

-記-
イベント概要
1. 日時         2019年8月24日(土)11:00~19:00 L.O.
                8月25日(日)11:00~18:30 L.O.
2. 場所         “BEER TO GO” by SPRING VALLEY BREWERY
            【住所】東京都中央区銀座5-3-1 Ginza Sony Park B4(地下4階)
3. 参加費        入場無料、チケット制
            (300円券×6枚綴り1,800円(税込)/300円券×2枚600円(税込))
             ※前売り券1,700円(300円券×6枚綴り) BTGにて8月23日(金)まで販売
4. 参加店        GYOZA IT.、随園別館
5. 提供ビール      タップ・マルシェ参加ブルワリー各社
            (スプリングバレーブルワリー、グランドキリン、ヤッホーブルーイング、
             ブルックリン・ブルワリー、常陸野ネストビール、Far Yeast Brewing、
             伊勢角屋麦酒、DHCビール、盛田金しゃちビール、石川酒造)
6. ハッシュタグ     #餃子 #クラフトビール #pairinglab #beertogo
             #springvalleybrewery #スプリングバレーブルワリー

提供元:PR TIMES

最新の食品ニュース

通信暗号化方式「TLS1.0/1.1」「SSL3.0」のサポート終了について
メルマガ登録はこちら