のびる小籠包!? チーズ×焼小籠包 の新感覚台湾点心「起司煎包(チーズチェンパオ)」を神戸南京町『YUNYUN(ユンユン)』にて6月21日発売 ~2号店大丸心斎橋店9月20日オープン記念企画第一弾~…

掲載日: 2019年06月14日 /提供:ケンミン食品

ケンミン食品直営のビーフンと焼小籠包の専門店「YUNYUN(ユンユン)」より新開発商品のご紹介


起司煎包(チーズチェンパオ)のイメージ


起司煎包(チーズチェンパオ)のイメージ
ケンミン食品株式会社(本社:兵庫県神戸市、代表取締役社長:高村祐輝、以下ケンミン食品)の直営店、ビーフンと焼小籠包の専門店「YUNYUN(ユンユン)」にて、国内初上陸の新感覚台湾点心「起司煎包(チーズチェンパオ)」を6月21日より毎日数量限定発売いたします。また、YUNYUN2号店となります9月20日大丸心斎橋店オープン記念企画の第一弾として神戸南京町の本店を盛り上げてまいります。

起司煎包(チーズチェンパオ)
通称「焼小籠包」は、台湾で「生煎包(センチェンパオ)」と呼ばれる点心で、小龍包と双璧をなす人気メニューです。通常、肉餡とコラーゲンたっぷりのスープを皮に閉じこめ、アツアツのスープを楽しむ料理ですが、皮の中にチーズをつめこみ、焼き上げた皮とチーズの香ばしさが絶品の起司煎包(チーズチェンパオ)が新感覚台湾フードとして若者を中心に話題になっております(起司は外来語チーズの発音に合わせた字)。このたび、YUNYUNの人気商品焼小籠包(上海生煎饅頭)とチーズを融合させ、YUNYUNオリジナルのチーズ焼小籠包こと起司煎包(チーズチェンパオ)を開発いたしました。モッツァレラチーズなど3種のチーズを独自配合し、皮の中は100%チーズのみ!香ばしくて、アツアツで、のびる食感と風味の共演をぜひお楽しみください。お好みでハチミツやメープルシロップをかけますとより味わいが広がります。

点心師など職人が毎日包み、数量限定で発売いたします(おひとり3個までに限らせていただく場合がございます)。また、発売を記念して、起司煎包(チーズチェンパオ)オリジナルステッカーをご購入のお客様にプレゼントいたします。

YUNYUNの料理イメージ
商品情報: 起司煎包(チーズチェンパオ)  3個400円(税込)
        6月21日(金)より数量限定発売
店名  : 「YUNYUN (ユンユン)」(神戸南京町店)
所在地 : 兵庫県神戸市中央区栄町通1-3-17
営業時間: 11:00-19:00 (2階客席L.O.18:00)
休業日 :    不定休
URL : http://www.k-yunyun.jp/

神戸南京町で大人気の「YUNYUN」とは
ケンミン食品のアンテナショップとして、1985年神戸南京町で開業、2017年に台湾フードや中華点心を楽しんでいただく、ビーフンと焼小籠包の専門店としてリニューアルし、「本場中国以上に中国を。南京町エクスペリエンス」をコンセプトとして、南京町にきた!という体験が体感いただけるよう、点心師など職人による手包みと焼きたての実演あり、フォトジェニックあり、スタイリッシュ立ち食いあり、本場中華街以上の中華街をお楽しみいただける店舗です。ケンミン食品秘伝の焼ビーフンや、1日5,000個焼き上げる焼小籠包が名物で、最長1時間待ちの行列ができる人気店です。* 2019年ゴールデンウィーク中の計測
焼小籠包(上海生煎饅頭)を焼き上げるイメージ
焼ビーフンのイメージ


□■ ケンミン食品とは □■
ケンミンの焼ビーフンで知られる1950年神戸創業のビーフンメーカー。国内ビーフン市場の約60%のシェアをもつ日本一のビーフンメーカー。社名の「ケンミン」は創業者高村健民に因み、健康(健)を皆さま(民)に提供するという理念を持つ。ビーフンの他にも、フォー、ライスパスタ、ライスペーパーなど米を原料とした加工食品を製造する専門企業である。近年、グルテンフリーがトレンドの欧米にも輸出し親しまれている。J1リーグヴィッセル神戸の2019シーズンユニフォーム・パンツスポンサー。
http://www.kenmin.co.jp/
ビーフン市場シェア(日本税関2018調べ)
ケンミン焼ビーフンのイメージ


提供元:PR TIMES

最新の外食ニュース

通信暗号化方式「TLS1.0/1.1」「SSL3.0」のサポート終了について
スペインワイン&グルメフェア2019
メルマガ登録はこちら