Z世代の本音をいつでも聞ける、対話型相談サービス「LINEでZ世代会議」を開始

掲載日: 2019年04月30日 /提供:dot

ソーシャルネイティブの感覚を参考にして、炎上リスクを抑制し、若者の心に届くメッセージを配信しましょう。

株式会社dotと株式会社ループス・コミュニケーションズは、Z世代の本音をいつでも聞ける、対話型相談サービス「LINEでZ世代会議」の提供を開始します。 Z世代は大学生より下の世代。中学生でスマホを持ち、友だちと常にソーシャルメディアでつながった世界を生きている世代。そのため、Z世代のソーシャルメディアに対する「嗅覚」は、それより上の世代よりはるかに鋭敏です。 「この投稿は炎上する」「この投稿はエモい」「この投稿は拡散する」。ソーシャルネイティブなZ世代は、特有のアンテナで瞬時にソーシャル上の気配を察知する能力を持っています。「LINEでZ世代会議」を通じて彼らの声を耳を傾けることで、炎上リスクを抑制するとともに、より効果的なオンライン施策の展開が可能になります。





■「LINEでZ世代会議」とは

近年、企業が発信するメッセージが世間に批判されるケースが多発しています。企業の想いに反して、異なる意図に受け止められ、謝罪やコマーシャルの掲載中止に追い込まれる例も少なくありません。セクシャルハラスメントやパワーハラスメントなど「〇〇ハラスメント」という言葉は日々増殖しており、批判される価値観も日々変化しています。

ソーシャルメディアとスマートフォンが普及した今日では、企業や商品サービスへの評判が、またたく間にネット上を拡散します。そして、ネットの評判はマスメディアに伝わり、対策をうつ間もなく、全国に広まってゆきます。企業にとって、情報を発信する前に「この投稿は世間にどのように受け止められるか」を検証しておくことが極めて重要になりました。

「LINEでZ世代会議」は、1996年以降に生まれた「Z世代」の意見や感想を、いつでもオンラインで聞けて、対話できるサービスです。「Z世代」は、中学生時代にソーシャルメディアを使いはじめ、高校生になると同時にスマートフォンを所有するなど、それまでの世代とは異なる環境で成長してきた、ネット上の反応に鋭敏なアンテナを持つ世代です。

このサービスでは、企業ごとに「Z世代メンバーのLINEグループ」をつくり、そこに企業担当者が参加することで、気軽に質問やディスカッションができる場を提供するサービスです。なお「LINEでZ世代会議」に参加するメンバーは、Z世代を日常的に研究するZ世代が集まる学生組織「イノベーションチームdot」(現在140名) から、企業ニーズにあわせて選抜します。

企業は「Z世代」の彼らの意見や感想を参考にして行動することにより、炎上リスクを低減するとともにより効果的なオンライン施策の展開が可能になります。また、株式会社ループス・コミュニケーションズの「危機管理相談サービス」「ソーシャルメディア運用支援サービス」と一緒に利用することで、より安全で効果的なソーシャルメディアの利活用が可能になります。



■「LINEでZ世代会議」のサービス内容

1. LINEグループでのQA&ディスカッション
LINE上に企業から質問をもらい、文章で回答します。標準サービスでは10人程度のメンバーをアサインし、1件/週程度の質問を受け付けます。


2. 月次オンサイト会議
LINEグループに参加したメンバーが企業に訪問し、リアルの場で意見交換します。標準サービスでは、東京都内でのミーティング(月1回、2時間/回 程度)を予定しています。東京都以外の場合は、別途交通費がかかります。








■「LINEでZ世代会議」の活用シーン

例えば、以下のような活用シーンが考えられます。

・新サービスのネットキャンペーン広告の事前確認
Z世代メンバーにキャンペーン広告を見てもらい、企画内容に対する率直な意見を得ます。例えば、女性向けの商品であれば、参加メンバーを女性だけに限定することも可能です。

・就活サイトの事前確認
当事者である就職を目前にした大学3、4年生に、リリース前の就活サイトを見てもらいます。サイトの印象や課題点などをヒアリングし、改善案を一緒に話し合います。

・企業公式Instagramアカウントからの投稿の事前確認
投稿予定の記事を事前にZ世代がチェックして、表現に違和感やマイナスイメージになる要素がないかなどの意見を得ます。より効果的なハッシュタグも提案してくれるかもしれません。参加メンバーをInstagramを利用している人だけに限定することも可能です。


■ 「LINEでZ世代会議」の提供価格


・ 標準サービス
 ・期間:1か月単位(最短契約期間は3か月)
 ・Q&Aディスカッション 週1回、月次オンサイト会議1回
 ・費用:40万円/月額
 ※ お客様のご要望に応じて、柔軟にサービス内容を調整いたします。

株式会社ループス・コミュニケーションズの「危機管理相談サービス」や「ソーシャルメディア運用支援サービス」と一緒にご利用いただくことで、より安全で効果的なソーシャルメディアの利活用が可能となります。


■イノベーションチームdot / 株式会社dot について

Z世代が試行錯誤しながらつくっている未来型組織「イノベーションチームdot」は、約140名(2019/4現在)のアクティブな学生コミュニティです。学習院大学 斉藤徹客員教授の自主ゼミからスタートし、自発的に学びを求める好奇心旺盛な学生がぞくぞくと集結。「人を幸せにするイノベーションを世界に」をミッションとして、日々、新しいことにチャレンジしているチームです。自分たち「Z世代」が何者かを調査・研究する学生組織でもあります。

株式会社dot は「イノベーションチームdot」が好きすぎて、就活やめて起業した学生たちがつくったスタートアップ。「イノベーションチームdot」と企業を結ぶ役割を持ち、商品コラボ開発会議「Z世代会議」新しい就活イベント「Z-1チャレンジ!」グラレコサービス「チームでグラレコ」などを企業向けに広く提供しています。お取引先企業は、朝日新聞社、パナソニック社、集英社、講談社、マンダム社、メンバーズ社など多数。社会人の皆さまから、熱い応援をいただいてます。
 
なお「イノベーションチームdot」が生まれた経緯については、学習院大学の広報サイト「学習院 TIMES」に、dot代表である冨田侑希の記事が掲載されていますのでご覧ください。

【G-Days】学習院大学に入学して、私の人生を変えた出来事
https://yab.yomiuri.co.jp/adv/gakushuin/opinion/op098/page_01.html


■株式会社ループス・コミュニケーションズについて

ソーシャルメディア活用とソーシャルシフト経営のプロフェッショナルとして、ソーシャルメディア活用支援、運用サポート、リスクマネジメント対策、組織開発等のコンサルティングサービスを提供しています。特に、企業のソーシャルメディア公式アカウントを活用するためのルール(ソーシャルメディアポリシー)の策定やルール作り、公式アカウント開設後の運用支援、炎上発生時の対応支援などの実績を多数有しています。また、企業や自治体向け危機管理広報講座や社員向けのソーシャルメディアリテラシーの向上講座などの啓蒙活動の経験も豊富です。

また、2018年に「若年層の価値観・ライフスタイルに関する調査」Z世代レポート2018を発表しました。3000名の若者を対象として104の価値観や行動に対するアンケートを実施し、Z世代のコミュニケーションのあり方、ライフスタイルに対する考え方などを尋ね、「Z世代」とその年長世代である「Y世代」との価値観の違いを明らかにしています。

【若年層の価値観・ライフスタイルに関する調査】Z世代レポート2018
http://looops.net/news/1723/


提供元:PR TIMES

最新のその他ニュース






メルマガ登録はこちら