A_RESTAURANT、「冬の訪れ」をテーマにした新コースメニューの提供開始

掲載日: 2022年12月09日 /提供:OPENSAUCE

金沢を拠点に食の未来を生み出す、株式会社OPENSAUCE(代表取締役社長:宮田人司、本社:石川県金沢市昭和町12-6)が展開するイノベーティブレストラン「A_RESTAURANT」は、「冬の訪れ」をテーマにしたコースメニューの提供を開始しました。同店では、その時々の旬の食材を主役に、革新的な調理手法や料理に合わせた演出を凝らすことで、ゲストの皆様にとっての「新しい食体験」の提供を目指しています。ご来店いただいた際の感動を最大限高めるため、新しいコースメニューの一部に限りご紹介します。






コース料理 テーマ

今回のコースのテーマは「冬の訪れ」。季節の変化をようやく肌で感じられるようになってきたこの時期に、同じく寒さの到来を待ち望んでいたかのように旬を迎えた食材たち。金沢市でも、旬を迎える海・山・畑の幸が多いのが特徴で、味覚の本番を迎える季節です。そんな旬の食材を日本料理に倣って主役におき、これから訪れる冬ならでのは趣を一皿ずつイメージしたお料理をご用意しました。「初雪」や「薄氷」、日本海側の湿った雪が降る北陸地方ならではの光景である「雪吊り」など、趣向を凝らした味と表現をお楽しみください。


コース料理 一部

タイトル:陽宝
宮崎の山中で育つ高糖度の極早生みかん「南国の陽蜜・陽宝」を使用した一品。12度以上の糖度を誇るので、何も手を加えず、素材のままみかんだけで召し上がっても、その美味しさがハッキリと主張してくる品種です。
そんな極上のみかんを主役に一皿の構成を考え、あわせたのがトクビレ。北海道では別名「八角」の名前で知られる魚です。みかんと八角の革新的なコラボレーションに華を添えるのが、分子ガストロノミーを用いたアクセント。液体窒素を使用し、急速冷凍することで粉々に砕いたみかんの皮と身。そして、黄身酢のエスプーマといった最新の美食学の技法が取り入れられています。素材そのものが織りなす味わいに舌鼓を打ちつつ、一皿のもつ多彩な表情も一緒にお楽しみください。





タイトル:甲イカ
金沢の地のもの「金沢春菊」を使用した一品。一般的な春菊とは異なり金沢春菊は独特の苦味がなく、柔らかい食感を持つのが特徴です。旬を迎えた金沢春菊をさっと炒め、その苦味と香味をコウイカとあわせることで口に運んだときに感じる瑞々しさを生み出しています。別名「スミイカ」と呼ばれるほどに墨を多く持っているコウイカからインスピレーションをうけ、墨のソースとクラッカーをあしらっています。







ヘッドシェフについて




今 英之(こん ひでゆき)

札幌で生まれ、京都や札幌で和食料理人として腕を振るう。 海外の五つ星ホテルで日本料理店の料理長を務めた後、帰国。和食以外の様々な経験も持ち、ジャンルにとらわれずこれまでにないような食の体験を研究中。日本料理の師範でもある。



ご予約方法

ご予約は、以下のHPからお願いいたします。
https://www.tablecheck.com/shops/a-restaurant/reserve

※注意事項等をよくご確認いただき、ご予約をお願いいたします。


A_RESTAURANT概要

食の都金沢に、2019年にオープンしたイノベーティブレストラン。国やジャンルを問わない自由な探検から生まれる料理と想像を超えた空間で、「食のミュージアム」として圧倒的かつ特別な「食の体験」を提供しています。
店  名 :A_RESTAURANT
所 在 地 :石川県金沢市片町2丁目23-12中央コアビル2階
会 社 名 :株式会社OPENSAUCE
代 表 者 :代表取締役社長 宮田人司
サ イ ト :https://a.restaurant.co.jp/
Instagram:https://www.instagram.com/a__restaurant/



株式会社OPENSAUCE概要

会 社 名 :株式会社OPENSAUCE
所 在 地 :〒920-0856 石川県金沢市昭和町12-6
代 表 者 :代表取締役社長 宮田 人司
設   立 :2017年
事業内容 :食文化全般の研究開発、農業、食品製造と販売、店舗運営

提供元:PR TIMES

最新の外食ニュース





メルマガ登録はこちら
フーズチャネルタイムズ 無料購読はこちら