「雪ニセコ」開業イベントを開催

掲載日: 2022年12月09日 /提供:ニセコマネージメントサービス

- 開業を記念した特別なオープニングパッケージの販売開始 -

ピーター・タン駐日シンガポール共和国大使と倶知安町の文字一志町長出席のもと、盛大なクリスマスツリー点灯式が開催されました。


雪ニセコのグランドオープンを記念して、ホテルの正面玄関でクリスマスツリーのライトアップセレモニーと花火が打ち上げられました。


(左から)ニセコマネージメントサービス代表取締役 市橋 小百合氏、駐日シンガポール共和国大使 ピーター・タン氏、SCグローバル・デベロップメンツ社 創業者兼会長 Simon Cheong氏、倶知安町長 文字一志氏、Michelle Cheong夫人。

雪ニセコは、ニセコに建設されたホテル・コンドミニアム・レジデンスとしては最大規模であり、シンガポール企業による北海道への単独投資の中でも最も重要なプロジェクトの1つです。オープニングイベントには、ピーター・タン駐日シンガポール共和国大使、倶知安町長 文字一志氏が出席し、SCグローバル・デベロップメンツの創業者兼会長のSimon Cheong(サイモン・チョン)、尻別、倶知安、在日シンガポール共和国大使館から政府関係者をお招きして行われました。

雪ニセコのオープンは、この地域にとって非常に重要な時期に行われました。スキー場がオープンし、ニセコに外国人旅行者が戻ってきています。世界有数のパウダースノーが楽しめるスキー場に位置し、雄大な羊蹄山(地元の人々は「蝦夷富士」と呼ぶ)とアンヌプリのゲレンデの壮大な景色を望む「雪ニセコ」は、この素晴らしい場所でおもてなしを提供します。






当ホテルは、「雪月花」というコンセプトのもと、建築とデザインにおいて、日本のデザインの控えめな美しさを表現しています。床から天井まで広がる窓からは、素晴らしい山の景色が眺められ、ホテルや客室のいたるところに展示された幅広いアートコレクションは、この地域の文化や美しさを表現しています。名和晃平、アイヌ工芸の巨匠・貝澤徹、貝澤守、地元北海道のアーティスト・荒野洋子、久保奈月の作品など、多彩なコレクションを展示しています。

SCグローバル・デベロップメンツ社の創業者兼会長であるSimon Cheong氏コメント

開会の挨拶で次のように述べました。「私は2008年からニセコを訪れており、雪ニセコの設立は個人的にとても思いの強い、情熱をかけたプロジェクトです。パンデミックが発生したとき、私たちはプロジェクトを進めるか延期するかの選択を迫られました。私たちは、ニセコがアジア有数のラグジュアリーホスピタリティ市場として長期的に発展していくことを信じ、プロジェクトを進めることを選択しました。私たちは、建築やデザインだけでなく、規模の面でも違いを出したいと思っていました。ニセコには、雪ニセコのような大規模な開発が必要であり、海外から訪れるすべてのお客様にサービスと施設を充実させ、クラシックなアフタースキー体験のロマンスと贅沢さを再現することができるのです。

ピーター・タン駐日シンガポール共和国大使コメント

「雪ニセコへの投資は、ニセコと北海道の経済を加速させる上で重要な役割を果たしています。シンガポール大使として、ここ日本でシンガポールのブランド名を見ることができてとても嬉しく感じます。私はこれが両国をさらに結びつけると信じています。




雪ニセコは、日本の活気ある文化、コミュニティ、祝祭の感覚を取り入れた、現代的な贅沢とエレガンスの新時代の到来を告げるものです。ホテルはニセコで最も高級な施設となり、ホテル内には最大級のウェルネスセンターや、ミシュランの星付きシェフに監修を受けたレストランがあります。2つの山に囲まれたホテルは、40平方メートル のスタジオから5ベッドルームのペントハウスまで、美しく整えられたアパートメントスタイルの宿泊施設を備え、190戸の豪華なコレクションを提供しています。コンドミニアムホテルレジデンスとして管理されている雪ニセコのアパートメントは、投資用としても利用可能で、プロの管理・リースサービスも付いています。

雪ニセコ開業を記念して、冬のニセコをいち早く体感していただけるよう、特別なオープニングパッケージをご用意しました。

Special Winter Opening Package(ウィンターオープニングパッケージ)
12月1日~3月31日のご滞在に適用。

朝食とウェルカムドリンクを含む宿泊料金が最大25%オフとなります。
空室状況によりご利用いただけない場合があります。ホテルの予約に関する詳細は、www.setsuniseko.com をご覧いただくか、stay@setsuniseko.com までお問い合わせください。


雪ニセコについて

本物の日本体験をお求めの方に、雪ニセコが提供する根源的な場所の感覚がすべての答えとなります。羊蹄山とアンヌプリ山の雄大な山並みに挟まれた190棟のホテルレジデンスは、ラグジュアリーの代表格です。40平方メートル のスタジオから豪華な5ベッドルームのペントハウスまで、美しく整えられたアパートメントスタイルの宿泊施設は、日本のデザインの控えめな美しさと現代の贅沢な生活の心地よさを兼ね備えています。また、ホテル内には地域最大級のウェルネスセンターや様々なレストランがあります。雪ニセコは、1つの屋根の下に6つのコンセプトの異なるレストランとバーが集まり、北の海と大地が育む滋味溢れる四季折々の旬の味覚をお楽しみいただけます。お客様一人ひとりのニーズに合わせて、専任のコンシェルジュが旅程を作成し、カスタマイズされた体験をお楽しみいただけます。
900 平方メートル の敷地に 6 つのレストランがあり、北海道産の食材をふんだんに使用した世界レベルの料理をご堪能いただけます。北海道出身のミシュランシェフ、佐藤大典が率いる「méli mélo -Yuki No Koe-」と、北海道のコーヒー専門店「Baristart Coffee」のコラボレーションによるレストランがあります。また、「蟹鮨 加藤 INORI」では、”ocean-to-table”(持続可能な漁業)日本の和食会席の体験をお約束します。札幌のミシュラン星付きレストランの姉妹店としてオープンした「天ぷら あら木」、美味しいラーメンで世界中を賑わせている「AFURI」と、ワインソムリエによるオーダーメイドのワイン体験ができる「ラウンジバー・Park90」、2023/24年冬、往年のレストランをイメージしたクラシックでスタイリッシュなチョップハウス「ルークズ・オイスター・バー&チョップ・ハウス」がお客様をお迎えします。

雪ニセコでは、クラシックなアフタースキー体験の基本がすべて揃っています。750平方メートルの広さのウェルネスセンターは、ゲレンデでの一日の疲れを癒すのに最適なスポットで天然のヒーリングミネラルが豊富に含まれた屋内外の温泉があります。自然からインスピレーションを得たセラピーとモダンなウェルネス・トリートメントを融合させ、心と体のリジュベネーション(若返り)を実現します。ホテルには、個室温泉、スパラウンジ、サウナ、ジム、「Studio En」によるヨガスタジオ、Lapidem Tokyoと提携した「六花(リッカ)スパ」などのウェルネス設備が整っています。

当ホテルでは、雄大な羊蹄山を中心に、様々な施設をご用意しています。アパートメントは、羊蹄山とアンヌプリスキー場の壮大な景色を楽しめるよう、細心の注意を払って設計されています。各部屋にはキッチンやランドリーが完備され、日本の純粋なデザイン感覚を取り入れるよう丁寧に作られています。各部屋には木がふんだんに使われ、山を見下ろす窓際のデイベッド、リビングスペースをシームレスに拡張する畳の部屋、障子、地元の芸術作品の厳選コーナーが、冬の家族旅行のための温かく心地よい隠れ家を演出しています。
その他、キッズプレイルーム、ビジネスセンター、季節のイベント、ホテルシャトルサービス、中庭、屋内駐車場など、高級ホテル並みの快適な設備とサービスを提供します。さらに、この冬オープンする施設には、リズムジャパンによるスキーブティックとレンタルサービス、スキーコンシェルジュ、ロッカールームがあります。


ニセコについて

“パウダースノーの楽園”とも呼ばれるニセコは、世界の主要なリゾートの中でも最も降雪量が多く、毎シーズン平均して14から15メートルもの雪が降り、12月から5月初旬までと非常に長い期間スキーを楽しむことができます。2017年には18メートル近い積雪があり、ニセコ最高のシーズンの一つとなりました。冬のデスティネーションとして有名なニセコですが、夏の人気も高まってきています。雪ニセコのような国際的な高級リゾート開発が始まり、東京と北海道を結ぶ新しい新幹線からのアクセスも向上し、ニセコは急速に年間を通して楽しめる主流の観光地へと変化しています。


SC グローバル・デべロップメンツ について

SC グローバル・デベロップメンツは、職人技、洗練、そしてプレミアムライフスタイルの現代的な定義に重点を置き、希少で洗練されたデザインの高級住宅を開発する大手デベロッパーです。当グループは、「究極の居住体験」を約束するという哲学を掲げ、すべてのプロジェクトにおいて、独自の居住コンセプト、サービス基準、建築的処理を様々な物件に導入しています。完成した開発物件には、象徴的な建築物であるSculptura Ardmore、シンガポール唯一のビーチフロント開発であるSeven Palms, Sentosa Cove、「天空の邸宅」と形容するにふさわしい比類なき贅沢さを誇るThe Marq on Paterson Hill、オーチャードロードを望む植物性リゾートテーマの居住区であるヒルトップ、流行の倉庫ロフトの魅力にコンセプトを置いたMartin No.38 が含まれます。 2018年、グループは、都市の一等地にあるスタイリッシュなピエタアパートメントを求める人々のために設計された新しい「Petit Collectibles」コレクションを発表しました。最初の「Petit Collectibles」であるPetit Jervoisは、2022年1月に完成した著名なビショップスゲートの飛び地にあり、一方、Cuscaden Reserveは2023年第2四半期に完成する予定です。
雪ニセコの開発は、国内の人気観光エリアの優良な不動産の取得を通じた SC グローバルグループの地理的多様性の獲得と、成長する日本の観光市場への参入という戦略に沿ったものです。SC グローバルはまた、オーストラリアの大手住宅開発会社であるAVJennings Limited(ASX 上場)の株式の 53%以上を保有しています。

詳しくは SC グローバルのウェブサイトをご覧ください www.scglobal.com.sg


ニセコマネージメントサービスについて

ニセコマネージメントサービス(NMS)は、ニセコにおける不動産開発の増加に伴い、2006年に設立されました。NMSは、建物のメンテナンス、予約管理、マーケティング、アカウント管理、オーナーズアソシエーション、開発コンサルティングを含む一連のサービスを提供するために、不動産と賃貸管理の提供を拡大してきました。 NMSは、バケーションニセコというリテールブランドを運営し、ニセコエリア内の300以上のユニットに及ぶ広範で多様なポートフォリオを管理しています。長年にわたり、このブランドはニセコで最も経験豊富で評判の高いブランドの一つとなっており、NMSの不動産ポートフォリオへの直接予約とエージェント予約の両方の推進力として機能しています。
詳しくはニセコマネージメントサービスをご覧ください https://setsuniseko.com/ja/property-management

提供元:PR TIMES

最新の外食ニュース





メルマガ登録はこちら
フーズチャネルタイムズ 無料購読はこちら