12/22の冬至に合わせ、群馬のりんごを使用した変わり風呂。おふろcafe 白寿の湯で「ゆずりんご風呂」を開催

掲載日: 2022年12月06日 /提供:温泉道場

おふろに浮かべるりんごは群馬県藤岡市三波川のりんご農家さんから、傷付きのために処分してしまうものを分けていただきました。

株式会社温泉道場(埼玉県比企郡ときがわ町、代表取締役 山崎寿樹)が運営する、おふろcafe 白寿の湯(埼玉県児玉郡神川町、以下 白寿の湯)では、12月22日の冬至に合わせて、冬至の定番であるゆずと一緒に群馬県産のりんごを男女露天風呂に浮かべる「ゆずりんご風呂」を開催いたします。



白寿の湯は群馬県と埼玉県の境目に位置する日帰り温泉です。今回おふろに浮かべるりんごは群馬県藤岡市三波川のりんご農家さんから、傷付きのために処分してしまうものを分けていただき使用します。ゆずは12月10日~12月16日まで実施しているイベント「柚子ゆずってキャンペーン」でお客さまから譲っていただいたものを使用します。

「ゆずりんご風呂」の実施に合わせて、お食事処俵やでも特別メニューとして、りんごソフト(640円)を提供いたします。寒さの本番に入る冬至、ぜひ特別なおふろを楽しんでいただきながら、地域の名産品のことも知っていただければと思います。




実施期間:2022年12月18日(日)~12月25日(日)

おふろcafe 白寿の湯
埼玉県児玉郡神川町渡瀬 337-1
0274-52-3771
https://ofurocafe-hakujyu.com/




■株式会社温泉道場
2011年3月創業。埼玉県を中心に「おふろcafe(R)」ブランドをはじめとする温浴施設や、リゾート施設の運営やコンサルティング、地域事業投資再生支援を行う。「おふろから文化を発信する」の企業理念の下、業界での新たな価値創造、地域活性化への貢献、人材の育成を目指して活動しています。
http://onsendojo.com/

提供元:PR TIMES

最新のその他ニュース





メルマガ登録はこちら
フーズチャネルタイムズ 無料購読はこちら