産業構造審議会 グリーンイノベーションプロジェクト部会における「2050年カーボンニュートラルに向けた若手有識者」に当社代表の坪井が就任。…

掲載日: 2022年11月27日 /提供:サグリ

対象テーマは「食料・農林水産業のCO2等削減・吸収技術の開発」プロジェクト

サグリ株式会社(本社:兵庫県丹波市、代表取締役:坪井 俊輔)は、衛星データ(Satellite)×機械学習(AI)×区画技術(GRID)を掛け合わせ、農業や環境における課題解決を目指す岐阜大学発ベンチャー企業です。当社代表の坪井俊輔はグリーンイノベーションプロジェクト部会・WG委員を含めた有識者からの推薦に基づき、2050年カーボンニュートラルに向けた若手有識者に就任したことをお知らせいたします。



2050年カーボンニュートラルに向けた若手有識者研究会とは



2050年カーボンニュートラル実現に向けて、グリーンイノベーション基金等に係る取組に長期的に関与できる若 手人材の参画が不可欠となることから、将来的に第一線での活躍が期待される若手有識者を発掘し、政策検討に必要な視点の獲得と、当事者間及び政策当局とのネットワーク形成を図ることを目的として設置されました。

この度、選定された若手有識者の専門性を踏まえつつ、「CO2分離回収」「水素」「食料・農林水産業」の3つのプロジェクトに関するテーマを設定し、各テーマ毎に若手有識者がグループワークを通じて議論し、各プロジェクトにおける研究開発・社会実装の取組状況やそれを踏まえた提言をプレゼン、他グループから質疑を行う形で研究会を実施していく計画となっている。当社代表の坪井は第3回の「食料・農林水産業 のCO2等削減・吸収技術の開発」プロジェクトを担当します。
詳細は、第8回 産業構造審議会 グリーンイノベーションプロジェクト部会 資料2をご覧下さい。
https://www.meti.go.jp/shingikai/sankoshin/green_innovation/pdf/008_02_00.pdf


サグリ株式会社について



サグリ株式会社は、「人類と地球の共存を実現する」をビジョンに掲げ、2018年6月に兵庫県で創業したスタートアップ企業です。2019年にはインド・ベンガルールに子会社を設立しました。衛星データ×AIで世界の農業と環境課題の解決を目指しています。2021年6月にはリアルテックファンドなどから総額1.55億円の資金調達を発表しました。また、ひょうご神戸スタートアップファンドの第一号案件の出資となりました。令和3年度農林水産省 農林水産技術等大学発ベンチャーに認定され、近畿経済産業局より、J-Startup-KANSAIに選出。環境省スタートアップ大賞事業構想賞受賞しました。


サグリ株式会社 積極採用中

サグリ株式会社では、積極的に人材採用をしております。以下のリンクより募集の詳細をご確認いただき、是非ご応募ください。ご不明な点は下記メールアドレスまたは弊社HPコンタクトより、お問い合わせください。
▼弊社採用ページ
https://herp.careers/v1/sagri/

▼採用についてのお問い合わせは下記にお願いします。
メールアドレス:recruit@sagri.tokyo
HP:https://sagri.tokyo/contact/

提供元:PR TIMES

最新のその他ニュース





メルマガ登録はこちら
フーズチャネルタイムズ 無料購読はこちら