2025年日本国際博覧会(大阪・関西万博)の「大阪パビリオン」に協賛

掲載日: 2022年11月21日 /提供:江崎グリコ

~「食と健康」の視点から価値創出~

江崎グリコ株式会社は、2025年日本国際博覧会(略称:大阪・関西万博)において、大阪府・大阪市・2025年日本国際博覧会大阪パビリオン推進委員会が出展する「大阪パビリオン」に協賛することを決定いたしました。Glicoグループはパーパス(存在意義)「すこやかな毎日、ゆたかな人生」を掲げ、今回の協賛を通じて、「食と健康」の視点から価値創出を図ります。


 大阪・関西万博は、「いのち輝く未来社会のデザイン」をテーマとして、持続可能な開発目標(SDGs)達成への貢献、および日本の国家戦略Society5.0の実現を目指し、開催の準備が進められています。大阪府・大阪市・2025年日本国際博覧会大阪パビリオン推進委員会が出展する「大阪パビリオン」のネーミングは、「大阪ヘルスケアパビリオン Nest for Reborn」です。テーマである「REBORN」は“「人」は生まれ変われる”、“新たな一歩を踏み出す”という意味を込めています。

 Glicoグループは「食品による国民の体位向上」を創業の精神に掲げ、未病・予防の領域に着目し、科学的根拠に基づいて子供から大人まで、誰もが栄養を摂取しやすい食品を開発してきました。創立100周年を2022年2月に迎え、新たに企業の存在意義(パーパス)を「すこやかな毎日、ゆたかな人生」と定めました。今回、「大阪パビリオン」に協賛することにより、「食と健康」の視点から、価値創出を図る狙いです。今後も、人々の良質なくらしのため、高品質な素材を創意工夫することにより、「おいしさと健康」を提供し続けます。

【ご参考】
■大阪・関西万博の概要
・主催:公益財団法人2025年日本国際博覧会協会
・テーマ:いのち輝く未来社会のデザイン(Designing Future Society for Our Lives)
・コンセプト:People’s Living Lab(未来社会の実験場)
・開催時期:2025年4月13日~10月13日
<公式ホームページ>
https://www.expo2025.or.jp/
<2025年日本国際博覧会大阪パビリオンの公式ホームページ>
https://2025osaka-pavilion.jp/

提供元:PR TIMES

最新の食品ニュース





メルマガ登録はこちら
フーズチャネルタイムズ 無料購読はこちら