カーボンニュートラルLPガスの導入をスタート

掲載日: 2022年11月21日 /提供:ゼットン

株式会社ゼットン(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:鈴木伸典、以下「ゼットン」)は、富士瓦斯株式会社(本社:東京都世田谷区、代表取締役社長:津田 維一、以下「フジガス」)とフジガス・カーボンニュートラルLPガス(以下「FCN-LPG」)の導入に関して合意いたしました。フジガスよりゼットンへ供給するFCN-LPGは、省エネ由来のJ-クレジットを用いてCO2をオフセットするものです。2050年を目処にカーボンニュートラルの実現を目指し、店舗で使用しているパラソルヒーター(屋外用暖房)の燃料を順次、カーボンニュートラルLPガスに変更していきます。


導入店舗:Orange
ゼットンでは、2019年より、持続可能な社会の実現に向けて企業としての責任を果たすべく「Sustainability Strategy」に取り組み、持続可能な低炭素・脱炭素社会実現への貢献を企業活動のテーマの一つとしております。今春にはサプライチェーン全体の温室効果ガス排出量スコープ1、2の算定を実施しCO2排出量を可視化。今回の導入により年間※約87,000kg-CO2のCO2削減に貢献いたします。


■FCN-LPG導入概要

ステッカーイメージ


導入予定店舗:Orange、BALCÓN TOKYO、六七、grigio la tavola、ニホンバシイチノイチノイチ、アロハテーブル代官山、アロハテーブル赤坂、CHUTNEY Asian Ethnic Kitchen、アロハテーブル横浜ベイクォーター、山手十番館、SORAMIDO BBQ、ガーデンレストラン徳川園

導入量: 13,000?/年(予定)
導入日:2022年12月より順次導入

※二酸化炭素換算について
二酸化炭素その他の温室ガスの排出、吸収、貯蔵等の量を相当する温室効果を有する二酸化炭素の重量に換算した単位。t-CO2、kg-CO2、と表記。算出には環境省策定の「温室効果ガス排出量の算定・報告・公表制度」で定められた『液化石油ガス(LPG) 1.0t(1,000 kg)に対し 3.0t-CO2/t(3,000 kg-CO2/t)』排出係数を使用する。
https://ghg-santeikohyo.env.go.jp/calc

<今後について>
今後もこのような温室効果ガス排出抑制ができる取り組みを積極的に導入し、脱炭素化の実現と持続可能な社会の実現に貢献してまいります。

フジガス・カーボンニュートラルLPガス(FCN-LPG)について

LPガスの消費(燃焼)において発生する温室効果ガスについて、カーボンクレジットを用いて相殺(カーボン・オフセット)しCO2排出を実質ゼロにすることができるフジガスオリジナルのカーボンニュートラルLPガスです。


J-クレジットについて

省エネルギー設備の導入や再生可能エネルギーの利用によるCO2の排出削減量や、適切な森林管理によるCO2等の吸収量を「クレジット」として国が認証したものです。信頼性の高い国産のクレジットとしてカーボンオフセットに用いることが出来ます。


フジガスについて

社名:富士瓦斯株式会社
本社所在地:東京都世田谷区上祖師谷4-36-16
設立:1954年5月24日
事 業 内 容:LPガスの卸売、小売/給湯設備機器の販売及び工事/厨房設備及び器具の販売及び工事/空調設備機器の販売及び工事/非常用発電機の販売
ホームページ: https://www.fujigas.com/

ゼットンの持続可能な経営に向けた取り組み

ゼットンが、社会を取り巻く環境問題に積極的に取り組み、地域社会への発展に貢献するべく、2019年4月に発表した「Sustainability Strategy」は以下のURLからもご確認いただけます。
持続可能な低炭素・脱炭素社会実現への貢献として店舗ガスの再生エネルギー化など各施策の検討・遂行を進めています。
詳細URL:https://www.zetton.co.jp/company/IR/docs/ir_20200428_sustainability-strategy.pdf

提供元:PR TIMES

最新の外食ニュース





メルマガ登録はこちら
フーズチャネルタイムズ 無料購読はこちら