フジッコが南極でのすこやかな食生活を全力応援!第64次南極地域観測隊(越冬隊)に「手づくりカスピ海ヨーグルト(TM)種菌セット」など50品目を寄贈…

掲載日: 2022年10月08日 /提供:フジッコ

-食品寄贈10年のご縁に感謝し、調理隊員をお迎えして、「オンライン南極教室」を開催します!-

フジッコ株式会社(本社:神戸市中央区/代表取締役社長執行役員:福井正一)は、11月11日(金)より南極に向けて日本から出国する第64次南極地域観測隊(越冬隊)へ、「手づくりカスピ海ヨーグルト(TM)種菌セット」など自社製品50品目の寄贈を行います。 また、第54次南極地域観測隊への食品寄贈から今年で10年のご縁に感謝し、10月23日(日)に、第64次南極地域観測隊(越冬隊)・調理隊員をお迎えして、「手づくりカスピ海ヨーグルト(TM)種菌セット」がもれなくもらえる「オンライン南極教室」を開催します。


画像提供:国立極地研究所


■「オンライン南極教室」開催概要
南極での仕事や生活、どのような食材をどのように調理しているのかなどについて、元海上自衛官として、砕氷艦「しらせ」の食料調達を担当していた過去を持つ、フジッコ社員が進行役となり、詳しくお話を伺うほか、実際に昭和基地で提供されているカレーの作り方などを学びます。
この学びの場に年齢の制限はありません。お子様から大人の方まで、ご興味のある方は、ふるってご参加下さい。
1 開催日時
10月23日(日) 10:30~12:00
2 開催方法
オンライン(Zoom)(100名)(先着順)
*当選者の方に、視聴用のURLをお知らせします。
3 参加費用
無料
4 お申し込みページ
https://fujicco-form.com/online-event/
5 講師
第64次南極地域観測隊(越冬隊)調理担当 長谷川 雄一さん
東京都出身。30年以上にわたる飲食店勤務を経て、第64次南極地域観測隊の調理担当者に。越冬観測隊員28名の「食」を引き受けています。実は、第52次、57次、62次の観測隊員でもあり、今回が4度目の参加となります。
「今回、昭和基地で作っているカレーを作ります。みなさんからの質問にも、たくさんお答えしたいと思います!」
6 その他
当日ご参加いただいた方全員に、「手づくりカスピ海ヨーグルト™種菌セット」をプレゼントします。
*「オンライン南極教室」終了時にお知らせするアンケートにご回答いただくことがプレゼントの条件となります。
■寄贈商品一覧
(ヨーグルト・デザート製品)
手づくりカスピ海ヨーグルト™種菌セット
フルーツセラピー バレンシアオレンジ
フルーツセラピー グレープフルーツ
フルーツセラピー ホワイトピーチ
フルーツセラピー ゴールドキウイ
(昆布製品)
ふじっ子煮 ごま昆布
ふじっ子煮 しそ昆布
ふじっ子煮 こもち昆布
ふじっ子煮 おかか昆布
ふじっ子煮 生姜こんぶ
ふじっ子煮 葉唐こんぶ
ふじっ子煮 さんしょ昆布
ふじっ子煮 からし昆布
海のやさい しいたけ昆布
ふじっ子 特大袋
純とろ お徳用
べんりだし
海藻料理 きざみ昆布
海藻料理 べんりわかめ
ふっくらひじき水煮
うす味仕上げ ひとくち昆布巻
(豆製品)
おまめさん 丹波黒黒豆
おまめさん きんとき
おまめさん こんぶ豆
おまめさん うぐいす豆
おまめさん 白花豆
このまま使えるだいず水煮
おいしいだいず水煮
ふっくらあずき水煮
蒸しサラダ豆
煎り黒豆
(おかず製品)
おかず畑 里いも煮
おかず畑 野菜炊き合せ
おかず畑 たけのこ煮
おかず畑 ごぼう煮
おかず畑 さつまいも甘煮
おかず畑 かぼちゃ煮
おかず畑 筑前煮
おかず畑 おばんざい小鉢 切干大根
おかず畑 おばんざい小鉢 ひじき煮
おかず畑 おばんざい小鉢 うの花
おかず畑 おばんざい小鉢 切り昆布煮
おかず畑 おばんざい小鉢 彩りこうや
おかず畑 おばんざい小鉢 玉こんにゃく
徳用さつまいも甘煮
いわしうま煮
朝のたべるスープ ミネストローネ
朝のたべるスープ コーンチャウダー
朝のたべるスープ かぼちゃチャウダー
朝のたべるスープ ごま豆乳チャウダー
■寄贈のきっかけ
観測隊員のみなさまのおなかの調子を整えるために、相談を受けたことがはじまりです。
それまで、南極地域観測隊では、ヨーグルトは持ち込んだものを賞味期限内で食べ切るか、持ち込んだヨーグルトを種菌として活用し、ヨーグルトを作っていました。しかし、一般的なヨーグルトに含まれるブルガリクス菌やサーモフィラス菌は、発酵温度が40℃と高いため、温度調整に手間がかかる上、電力も必要になります。
一方、「カスピ海ヨーグルト」に含まれる「クレモリス菌」は、発酵温度が20℃~30℃であり、南極地域観測隊の基地内において、特別な保温器が無くてもたくさんの量を簡単に手作りすることができます。また、できあがったヨーグルトを種として活用できるので、いつでも「できたてのヨーグルト」を食べることができるようになりました。なお、南極地域観測隊では、常温保存が可能なロングライフ牛乳と冷凍保管した牛乳が用いられています。
その後、現地の食卓に、安心でほっとする瞬間をお届けするため、様々な商品の寄贈を行うようになりました。今年で10年のご縁となります。


「手づくりカスピ海ヨーグルト™種菌セット」とは
純粋培養した「カスピ海ヨーグルト」の種菌を凍結乾燥(フリーズドライ)した粉末種菌です。常温で持ち運びができ、牛乳と混ぜて常温で発酵させることで「カスピ海ヨーグルト」を作ることができます。
■日本の南極観測について
日本の南極観測のルーツは、今から100年以上前の1912(明治45)年に、白瀬 矗(しらせ のぶ)ひきいる南極探検隊によって実施された学術探検にまでさかのぼります。その後、1957(昭和32)~1958(昭和33)年に行われた国際地球観測年(International Geophysical Year; IGY)と呼ばれる純学術的な国際協力事業の一環として、閣議決定に基づき、1956(昭和31)年に第1次南極地域観測隊の派遣が決定しました。途中南極観測船の引退に伴い中断もありましたが、現在まで65年以上に渡り南極観測を続けています。
■フジッコの企業理念等
フジッコでは、「自然の恵みに感謝し 美味しさを革新しつづけ 全ての人々を元気で幸せにする 健康創造企業を目指します」を企業理念の基本に据え、「おいしさ、けんこう、つぎつぎ、わくわく。」というコーポレートスローガンには、たゆみない研究開発と時代の先を見据えた商品づくりで、日本の伝統食から世界の長寿食、さらにその先を目指し、安心、安全で、いつも新たな発見のある食生活を提案することを目指しています。ご家庭の食卓はもちろん、最近では国際宇宙ステーションに搭載される宇宙日本食を開発するなど、様々な食シーンを支える活動を展開しています。
(宇宙日本食に関するリリース:

提供元:PR TIMES

最新の食品ニュース





メルマガ登録はこちら
フーズチャネルタイムズ 無料購読はこちら