アパグループが北区に初進出 東京メトロ南北線「赤羽岩淵」駅前にホテル開発用地を取得

掲載日: 2022年10月07日 /提供:アパホテル

 アパホテルネットワークとして全国最大の707ホテル107,789室※(海外、FC、アパ直参画ホテルを含む)を展開する総合都市開発のアパグループ(本社:東京都港区赤坂3-2-3 CEO:元谷一志)は、北区1棟目となるホテル開発用地を取得した。取得会社はアパホーム株式会社となる。


 本案件は、東京メトロ南北線・埼玉高速鉄道「赤羽岩淵」駅より徒歩2分、JR「赤羽」駅より徒歩9分に位置し、「東京ドームシティ」や「埼玉スタジアム」まで乗り換えなしでアクセス可能であり、ビジネスやレジャーにも適した好立地である。本案件はアパホテル〈赤羽岩淵駅前〉(全269室)として2024年10月の開業を目指す。概要は下記の通り。

【用地概要】



【計画概要】




 本案件により、東京23区内では、現在92ホテル・21,619室の展開となる。今後も東京23区内においては駅前開発用地の取得を中心に、アパホテルネットワークの拡充を強化していく。

 アパグループはホテルネットワークとして全国最大の707ホテル107,789室※(海外、FC、アパ直参画ホテルを含む)を展開している。2010年4月にスタートした「SUMMIT 5(頂上戦略)」を継承し、2022年4月より新たな5ヶ年計画「AIM5~APA Innovative Movement」を始動。アフターコロナにおけるニーズの変化やDX化の波を捉えながら、国内で圧倒的なNo.1ホテルチェーンとなるべく、2027年3月末までにアパホテルネットワークとして15万室展開を目指す。※建築・設計中含む

■全国のホテル・マンション用地、売りホテル情報募集
https://www.apa.co.jp/youchi2

■アパグループリリース資料
https://prtimes.jp/a/?f=d18265-20221007-7dfa79fef5383a37f210dbd6c0d61630.pdf

「アパ直」からなら、比較なしで最安値。
https://www.apahotel.com/

アパホテル公式アプリ「アパアプリ」
https://apahotel.com/qr_app/

提供元:PR TIMES

最新の外食ニュース





メルマガ登録はこちら
フーズチャネルタイムズ 無料購読はこちら