【レポート】南葛SCリーグ戦最終試合の冠マッチ「日本ユニストDAY」9/25に開催 1600人超が観戦し満員に!

掲載日: 2022年10月07日 /提供:日本ユニスト

和歌山の名産品を販売する「わかやまマルシェ」では、じゃばらウォーターやパンダどら焼きが好評を博す

不動産開発・ホテル運営の株式会社日本ユニスト(大阪市、代表取締役:今村亙忠)は、パートナー契約を締結している関東サッカーリーグ1部所属のサッカークラブ・南葛SCのリーグ戦最終試合(開催日:9月25日 対戦相手:VONDS市原FC)で、冠マッチ「日本ユニストDAY」を開催したことを報告いたします。






当日のレポート

1.キックオフセレモニー
日本ユニスト代表取締役の今村亙忠が、試合開始に先立ち、キックオフセレモニーを行いました。
リーグ戦最終試合、かつシルバーウィーク最終日でもあったこの日は、計1629名のファン・サポーターが試合を観戦。観戦の事前申し込みが定員に達するほどの人出となり、会場全体がいつもの試合以上に熱い熱気に包まれました。

エスコートキッズとの選手入場も行われました。




2.和歌山の名産品を販売する「わかやまマルシェ」
ご当地ポテトチップスや干し柿など、和歌山の地場産品を販売。日本で和歌山県北山村にしか自生していない柑橘系果実「じゃばら」のピールなど、珍しい特産品もご用意し、東京の方に和歌山の味を知っていただく機会としました。約150名の方にお買い上げいただき、じゃばらウォーターやどら焼きなど、観戦しながら味わえる商品が人気を集めました。


3.MVP選手へ日本ユニスト特別賞を贈呈
試合終盤のフリーキックで会場を沸かせ、あと少しで同点となる場面を作った関口訓充選手を、日本ユニスト代表の今村がMVP選手に選びました。関口選手には、SEN.RETREATとWillows Hotel 大阪新今宮の宿泊券が特典となる「日本ユニスト特別賞」を授与しました。


4.熊野古道を泊まり歩く宿「SEN.RETREAT」×南葛SCのフォトブース
日本ユニストが和歌山の世界遺産・熊野古道で運営する宿「SEN.RETREAT」と、南葛SCの選手がコラボしたパネルを競技場前に設置。この日限りのパネルということもあり、お子様から大人まで写真を撮影する姿が見られました。


5.SEN.RETREATや、Willows Hotel 大阪新今宮、日本ユニストコラボユニフォームが当たる抽選会
観覧客の中から抽選で当選した3名に、日本ユニストが運営する「SEN.RETREAT(https://sen-retreat.com/)」「Willows Hotel 大阪新今宮(https://willows-hotel.com/)」の宿泊招待券をプレゼント。また、わかやまマルシェの購入者にも抽選で、日本ユニストのコラボユニフォームを贈呈しました。




試合結果


試合前半33分でVONDS市原に1点を奪われ、後半はビハインドを逆転する展開に。後半アディショナルタイムの93分にはラストチャンスが訪れ、関口選手がフリーキックを狙うも、バーを直撃してスコアを動かすことはできず試合は終了。0-1の惜敗となりましたが、最後まであきらめることなくゴールを追いかけた勇姿に、また関東1部残留が確定したことに対し、観客からは温かい拍手が沸き起こりました。

「リスクを取り挑戦し続けること」をマインドに掲げ、かつて誰も取り組まなかった事業分野に挑戦してきた日本ユニストは、「東京23区初のJリーグ入りを果たす」という前人未踏の壁を越えようとする南葛SCの挑戦に共感し、パートナー契約を締結しました。今回の冠マッチが初めてのコラボイベントとなりましたが、逆境に置かれる試合展開でも挑戦する姿勢を貫く選手の姿からは、大きな感動をいただきました。日本ユニストはこれからも、南葛SCのパートナー企業として地域を超えて支援してまいりたいと考えております。





日本ユニスト 会社概要

▼会社名
株式会社日本ユニスト
▼所在地
大阪市西区立売堀1-4-12 立売堀SQUARE2階
▼設立
2011年5月
▼代表取締役
今村亙忠
▼事業内容
・不動産開発事業
土地や物件の資産価値を最大限高める企画開発事業を主に行い、不動産開発が難しいとされてきた大阪市西成区などニッチなエリアで事業を展開してきました。
・熊野古道を泊まり歩く宿「SEN.RETREAT」の運営
「SEN.RETREAT」は、大自然の中でストレスをリセットする「リトリート体験」ができる無人運営宿のブランドです。ブランドコンセプトは「歩いて、遊んで、夢中で休んで」。リラクゼーションに満たされることで、明日の自分を好きになってもらえる体験をご提供します。
熊野古道の主要な参詣道「中辺路」沿いに泊まり歩ける宿を計4カ所作る計画で、第1弾として、標高300mの山間にある集落・田辺市中辺路町高原で、空き家をリノベーションした一棟貸し宿「SEN.RETREAT TAKAHARA」を2021年10月、開業しました。続く第2弾として、古くから熊野詣でにぎわった宿場町・中辺路町近露に22年4月28日、「SEN.RETREAT CHIKATSUYU」を開業しました。
https://sen-retreat.com/

・通天閣近くの「Willows Hotel 大阪新今宮」の運営
5路線4駅にアクセス可能な大阪観光の拠点として、便利にご利用いただける場所に2021年9月に開業。周辺には串カツ店などの老舗が軒を連ねるジャンジャン横丁や、昔ながらの遊びを体験できる遊技場が立ち並ぶ賑わいあふれる街にありながら、スタイリッシュかつシックなホテルとなっています。ユニバーサルスタジオジャパン近くでは、民泊「Willows Mimpaku」も運営しています。
https://willows-hotel.com/





提供元:PR TIMES

最新の外食ニュース





メルマガ登録はこちら
フーズチャネルタイムズ 無料購読はこちら