この秋の「やっぱりステーキ(R)?」メニュー改定は値下げだけじゃない!『たくさんステーキを食べて元気になって欲しい』という思いから300gをご注文でさらにお得に!…

掲載日: 2022年10月07日 /提供:ディーズプランニング

やっぱりステーキはやっぱり300gがお得!



                           ※画像はやっぱりステーキ(R)?(ミスジステーキ300g)

■300gのステーキに、ライス・サラダ・スープ食べ放題が付いて、2,000円でおつりがくる!
10月1日よりやっぱりステーキでは、メニュー改定の大きな目玉として、
「やっぱりステーキ(ミスジステーキ)150g」の200円値下げを開始いたしました。

<やっぱりステーキ値下げのリリースはこちら>
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000011.000106018.html

さらに、メニュー改定のもう一つの目玉として、『たくさんステーキを食べて元気になって欲しい』という当社の思いのもと、300gのステーキをさらにお得に提供いたします。
「やっぱりステーキ(ミスジステーキ)」「赤身ステーキ」「ロースステーキ」の
3種類の赤身肉が、なんと300g 1980円(税込)!
ライス・スープ・サラダの食べ放題付きの大ボリュームにも関わらず、
2000円でお釣りが来る、とてもお得なメニューとなっております。

■メニュー改定記念!『山田全自動』×『やっぱりステーキ』コラボキャンペーンを開催!
『たくさんステーキを食べて元気になって欲しい』という当社の思いを込め、
お得なメニュー改定を記念したTwitterキャンペーンを実施いたします。
キャンペーン期間中、やっぱりステーキ公式Twitterアカウント(@yapparisteak)をフォローし、
「#ステーキあるある」もしくは「#やっぱりステーキあるある」をつけて、あなたの思うあるあるネタを投稿してください。
各お題の優秀作品5作品ずつ、計10作品を、今SNSで大人気のイラストレーター『山田全自動』(@y_haiku)がイラスト化!

さらに、優秀作品投稿者とは別に、応募者全員の中から抽選で20名様に、Amazonギフトコード1万円分をプレゼントいたします。
例題…… 「#ステーキあるある/300グラムいけるかな?と不安になるけど、食べてみたら余裕」

キャンペーン応募期間:2022年10月7日(金)19:00~10月23日(日)23:59まで
詳細は、やっぱりステーキ公式Twitterをご覧ください。
https://twitter.com/yapparisteak?s=20&t=DxlZvMcKJh_dOF7D4wYqow

■やっぱりステーキがなぜ赤身肉にこだわるのか…
やっぱりステーキは創業以来、「沖縄ステーキ食堂」をコンセプトに、
毎日でも食べられる美味しさと手軽さを追求してきました。
日常的に食べるとなると、濃厚な脂の旨味があるステーキよりもサッパリ食べられる赤身肉のステーキの方が、
やっぱりステーキのコンセプトにピッタリ合うと考えて、赤身肉にこだわっています。
さっぱりしているので昼でも夜でも食べられますし、低脂質なのでダイエット中でも、
ビルドアップ中でも赤身肉の良質なたんぱく質を健康的に摂取していただくことが出来ます。

そんな赤身肉を、厚切りでも驚くほどの柔らかさで提供できるように、仕入れる部位の肉質の選定や店内でのスジ取りやカットの仕方に細心の注意を払っています。

常に最高のステーキで、あなたを元気にするために。
2022年10月1日より
「満足度が高い300gの赤身ステーキがとてもお得になりました!」

■やっぱりステーキとは…
2015年にオープンカウンターわずか『6席』の“極狭ステーキ店”としてオープンしたやっぱりステーキ。
1000円でお腹いっぱい、毎日でも食べられる沖縄ステーキ食堂をコンセプトに、
ライス·サラダ·スープが食べ放題のセルフコーナーを設け、
人員コストを削減するために券売機を導入するなど
一般的なステーキハウスの概念をくつがえす独自の発想で多くの人々を惹きつけてきた。
また当時では珍しく厚みのある赤身肉を主体としたステーキは、
さっぱりしていて飲んだ後でも美味しく食べられることから
沖縄の『締めのステーキ』として親しまれるように。

深夜に満席になることで注目を浴び、全国ネットのTVに取り上げられ話題に。
そこから店舗を拡大し続け、2020年には東京1号店となる「やっぱりステーキ吉祥寺店」をOPEN。
各メディアに大きく取り上げられる。
現在は、全国各地の約90店舗で元気に営業中。

やっぱりステーキHP:https://yapparigroup.jp/

提供元:PR TIMES

最新の外食ニュース





メルマガ登録はこちら
フーズチャネルタイムズ 無料購読はこちら