ミシュラン3店舗掲載のラーメングループ「小池系列」が新店「こいけのいえけい」をオープン!

掲載日: 2022年10月04日 /提供:イノセンス

“豚骨こってり”をクリーミーな味わいに昇華。上品で食べやすい家系ラーメン

株式会社イノセンス(本社:東京都文京区、代表取締役 水原裕満 、以下イノセンス)は、2022年10月10日(月・祝)に新店「こいけのいえけい」を巣鴨にてオープンいたします。



ミシュラン3店舗掲載のラーメングループ「小池系列」とは?
 小池系列(イノセンス)は、1985年生まれ、バンド活動を経て靴職人の専門学校に入学後、居酒屋「鳥貴族」の店長やラーメンを経験し独立という異色の経歴を持つ代表・水原裕満が手がけるラーメングループです。2013年に上北沢に「つけめん小池」を創業し、翌年に「らぁめん小池」へとリニューアル。雑味をとことん省いた上品な旨味の煮干し系ラーメンが好評を博し、行列店へと成長しました。その後、本郷三丁目に「中華蕎麦にし乃」、王子に「キング製麺」、本郷二丁目に「ぷれじでんと」(*)、神田に「つけめん金龍」を出店。「ミシュランガイド東京」にて「らぁめん小池」は7年連続、「中華蕎麦にし乃」は4年連続、「キング製麺」は2年連続ビブグルマンを獲得しています。
*現在「ぷれじでんと」は、セントラルキッチンに業態変更。

上品で食べやすい家系ラーメン!口当たりの良さを追求し、丁寧に重ねた工程&素材で「小池系列」らしさを。
 これまで、透明感のある味わいが印象的なラーメンがグループを代表してきましたが、「こいけのいえけい」はその真逆の方向性とも捉えられる家系ラーメンを主役に据えた店舗です。実はこの家系ラーメンは2018年より不定期限定メニューとして「らぁめん小池」で提供されており、ファンやスタッフの間で人気を集めていました。このたび満を辞して、いつでもお召し上がりいただけるよう新店の看板商品「豚骨醤油ラーメン」としてデビューを果たします。

 豚骨&鶏ガラスープは、丁寧に濾すことで雑味をとことん取り除き、豚骨のこってりさを洗練されたクリーミーな味わいに昇華。品を感じられるまろやかさが特徴です。「キング製麺」で仕込んだもちもち食感の自家製麺が、濃厚で滑らかなとろみのあるスープをまといます。トッピングには、チャーシュー、ほうれん草、ネギ、海苔をオン。チャーシューは小池系列でおなじみの真空低温調理でしっとり仕上げ、旨味を凝縮させています。お好みでニンニクをプラスし、パンチを効かせた味変もお楽しみいただけます。また、程よく塩味のあるスープはご飯ともよく合うため、海苔とスモークチャーシューで白米を巻いていただくのもおすすめです。

 見た目は王道ながら、ひとつひとつの工程・素材において口当たりの良さを追求することで、家系でありつつ上品さと食べやすさを実現した小池系列らしさを感じられる一杯です。横浜で生まれ育ち、ラーメンと言えば家系が当たり前だった代表水原が送り出す新風をご堪能ください。

【店舗概要】
・店舗名 :こいけのいえけい
・オープン日:2022年10月10日(月・祝)
・住所:東京都文京区千石4-25-6 夏野マンション102
・営業時間:11:00~15:00/17:30~21:00
・定休日:水曜日
・席数:8席

・メニュー:
-豚骨醤油ラーメン 並盛 850円
豚骨醤油ラーメン
-豚骨醤油ラーメン 大盛 950円
-白米ハーフ 100円
-白米 150円
-納豆キムチ 70円(白米専用トッピング)
-コロコロチャーシュー 50円(白米専用トッピング)
-チャーシュー1枚 80円
-チャーシューちょいマシ 160円
-チャーシュー増し 240円
-ほうれん草ハーフ 50円
-ほうれん草 100円
-海苔+3枚 60円
-海苔+5枚 100円
-味付きネギ 100円
-味玉 110円
*すべて税込み価格。

■小池系列(イノセンス)について
2013年にスタートした、代表・水原裕満が手がけるラーメングループ。雑味をとことん省いた上品な旨味の煮干し系ラーメンを提供する上北沢の「らぁめん小池」を皮切りに、本郷三丁目に「中華蕎麦にし乃」、王子に「キング製麺」、本郷二丁目に「ぷれじでんと」、神田に「つけめん金龍」を出店。「ミシュランガイド東京」にて「らぁめん小池」は7年連続、「中華蕎麦にし乃」は4年連続、「キング製麺」は2年連続ビブグルマンを獲得している。
・Instagram:https://www.instagram.com/ramenkoike_tokyo/

提供元:PR TIMES

最新の外食ニュース





メルマガ登録はこちら
フーズチャネルタイムズ 無料購読はこちら