鹿児島県徳之島町・株式会社ぐるなび 『地域活性化起業人制度による派遣に関する協定書 』締結

掲載日: 2022年10月04日 /提供:ぐるなび

食文化振興、観光振興の分野で双方が持つ資源を活用し徳之島町の地域活性化へ

鹿児島県徳之島町(町長:高岡秀規)と株式会社ぐるなび(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:杉原章郎 以下、ぐるなび)は、『連携協力に関する協定書』(2022年6月締結)に続き、この度、総務省の「地域活性化起業人制度」を活用し、『地域活性化起業人制度による派遣に関する協定書 』を2022年10月1日(土)付で締結しました。



本協定に基づき2022年10月1日(土)より「地域活性化起業人」として、ぐるなびの従業員1名を徳之島町に派遣。派遣社員は、徳之島町に移住し、徳之島町の魅力や価値の向上等につながる業務に従事するほか、徳之島町が取り組む観光や食文化振興に貢献すべく、ぐるなびが運営する、食を軸とした観光情報サイト「ぐるたび」や「選りすぐりの逸品」を提供するショッピングサイト「ぐるすぐり」をはじめとしたぐるなびの事業インフラやノウハウを総合的に提供していきます。ぐるなびの地域活性化起業人派遣については10例目となります。

ぐるなびは「食でつなぐ。人を満たす。」という存在意義(PURPOSE)のもと、事業を推進しています。今後も、食や観光を通じた地域の活性化を日本全国の自治体と連携しながら進めていきます。

■「地域活性化起業人派遣制度による派遣に関する協定書」
(1)地域の食の魅力、課題等の分析に関すること。
(2)観光コンテンツの制作支援に関すること。
(3)町内商品等の販売支援に関すること。
(4)地域の生産者や飲食店、事業者等との連携に関すること。
(5)その他、食を通じた交流人口・関係人口の創出・拡大の推進に関すること。
(6)情報発信に関すること。

■「地域活性化起業人」派遣期間
2022年10月1日から (最長3年間)

■ 徳之島町 概要
九州と沖縄の中間に位置する奄美群島のひとつである徳之島。九州・沖縄とは違った独自の文化が息づき、伝統を子ども達に受け継ぐ取り組みも行われており、文化・歴史・ひとの魅力あるまちです。また、令和3年7月には世界自然遺産登録され、希少な動植物が生息する自然豊かな町です。
徳之島町の人口・世帯数(令和4年8月末現在) 人口:10,313人、世帯:5,754世帯
<URL> http://www.tokunoshima-town.org

■ 株式会社ぐるなび概要
1996年に飲食店情報サイト「ぐるなび」を開設。詳細なメニュー情報や今日のおすすめ情報等を事前に確認してから飲食店に行くという外食のスタイルを定着させました。現在ぐるなびは「食でつなぐ。人を満たす。」という存在意義(PURPOSE)のもと、「飲食店経営サポート企業」としてさらなるサービスの拡充を図っています。
<URL> https://www.gnavi.co.jp/

地域活性化起業人 派遣従業員プロフィール
株式会社ぐるなび
プロモーション事業部 食と観光企画部 地域振興セクション
地域振興企画グループ シニアリーダー
加東 貞夫 (かとう さだお)


出身地:大阪府
略歴:
・2013年9月-2018年11月 ぐるなび入社
開発部門、検索部門、アプリ部門、インバウンド部門などでディレクター/プロデューサーを担当
・2018年11月-2019年3月
飲食関連の予約サービス会社入社
・2019年4月- ぐるなび入社
開発部門、インバウンド部門でディレクターを担当
・2020年9月-現在
所属において「選りすぐりの逸品」を提供するショッピング
サイト「ぐるすぐり」のプロデューサーを担当

知識/スキル:
DIYに関する知識/プログラミング/webサービスのディレクション、プロデュース、事業計画など

自己紹介:
2007年11月以降、約15年に渡りIT関連の業務に携わってきました。その間、プログラミングからディレクション、プロデュース、事業計画や戦略策定まで様々な職種を経験しています。
訪日外国人向け観光情報サービス「LIVE JAPAN」において、インバウンド関連サービスの立ち上げから事業にかかわり、ディレクターからプロデューサーを経験し、鉄道会社や空港運営会社、都市開発事業者など様々な参画企業を巻き込んだ企画を立案、実行し、東京エリア、北海道エリア、関西エリア、東北エリアの観光情報を世界に向けて発信しました。
「LIVE JAPAN」で培った観光情報配信のノウハウを活用し、徳之島の魅力を日本のみならず、世界に向けて発信していきたいと考えています。

参考資料
■ ぐるなびの地域連携協定(自治体および団体)



提供元:PR TIMES

最新の外食ニュース





メルマガ登録はこちら
フーズチャネルタイムズ 無料購読はこちら