瀬戸内の夕景・夜景とスペシャリストが創出する高松のソウルフードを楽しむ山上ダイニング「YASHIMA SUPER ODEN」10月限定開催

掲載日: 2022年09月29日 /提供:JTB

株式会社JTBは、株式会社人生は上々だ、および地域の様々な分野のスペシャリストと連携し、瀬戸内海国立公園「屋島」山上にて、期間限定のナイトダイニング「YASHIMA SUPER ODEN (ヤシマスーパーオデン)」を、10月7日(金)より~10月29日(土)までの期間中に10日間限定で開催します 。



源平合戦「屋島の戦い」の舞台であり、瀬戸内国際芸術祭の作品も連ねる屋島。「日本の夕陽百選」「日本の夜景100選」にも選定されている屋島山上に、地元香川で活躍する「食材」「料理」「サービス」「クリエイティブ」のスペシャリストたちが集結し、讃岐うどんのサイドメニューとして愛されてきた地元のソウルフード「讃岐おでん」の専門店を期間限定でオープンします。 香川の「食のチカラ」で屋島をもっと楽しくする、新感覚のナイトコンテンツです。

期間中は、2022年8月5日にオープンした屋島山上交流拠点施設『やしまーる』の夜間営業(YASHIMA SUPER ODEN開催日は21時まで営業)、屋島山上で一体的に展開される、「ナイトマルシェ」や「ナイトシネマ」も開催されます。
これらのイベントをきっかけに屋島の美しい夕景・夜景を多くの方に知っていただき、高松市のナイトスポットとして屋島山上の認知度を高め、高松のナイトタイムエコノミー活性化に寄与します 。

JTBは「交流創造事業」を事業ドメインとし、地域・社会課題に対して、人×場所×交流をデザインすることでその解決に取り組んでいます。地域資源を活用した観光コンテンツの開発により、交流人口の拡大につなげるとともに、持続可能な地域づくりに貢献します。
※「交流創造事業」は(株)JTBの登録商標です。


讃岐おでんにイノベーションを起こす8人のスペシャリスト




・飯島 潤
らぁ麺すずむし 店主
高松市でこだわりの天然素材を使った、らぁ麺すずむしを営む。現状に満足せず、常に新しい素材、新しい技法を模索し、全国のらーめん食べ歩きが趣味。



・久利 優実
デザイナー
(株)人生は上々だCEO村上モリロー氏のもとで、広告やイラスト、グラフィックデザイン、WEBデザインなど幅広く手がける。日々修行中。



・古賀 毅
おうどん瀬戸晴れ 店主
名店もり家で13年修行した後、2019年創業。2022年には牟礼町に移転。ツルツルのむにゅもち食感に命を燃やす九州男児。



・西森 友紀
八百屋sanukis 野菜マニア
創業以来、直接農家から仕入れるスタイルの八百屋。八百屋は野菜のステージ。作る人売る人買う人食べる人、関わるすべての人が幸せになることを目指す。



・堀 弘道
株式会社ホリ 三代目
創業49年の冷凍食品会社(株)ホリの3代目。天然、無添加にこだわった海の幸や家族時間を応援するブランドManmaを展開。



・村上 モリロー
プロデューサー
(株)人生は上々だCEO。ブランディングデザインとPR基点のコミュニケーションを軸に企業課題から社会問題、伝統工芸の再生まで、手がける領域は多岐にわたる。



・柳田 ラムセス晃一郎
食の仕立て屋
店舗を持たないフリーランスの飲食・サーヴィスマン。「おいしく、たのしい時間」を届けることに情熱を燃やす。海や夕陽を眺めつつ乾杯するのが幸せ。



・柳田 梨絵 
ディレクター
関西で飲食やアパレルなど様々なサービス業を経験したのち、Uターン。(株)人生は上々だ所属。スタイリングやテーブルコーディネート等もこなすマルチプレイヤー。



「YASHIMA SUPER ODEN」 開催概要

●日程:10/7(金)・10/8(土)・10/9(日)・10/14(金)・10/15(土)・10/16(日)・10/21(金)・10/22(土)・10/28(金)・10/29(土)の合計10日間

●時間:17:30~21:00 (※ラストオーダーは20:30)

●場所:屋島山上 れいがん茶屋 https://reigan-chyaya.com/

●アクセス:期間中、屋島山上まで高松市街からオープントップバス(有料)が運行します。
URL https://setouchi-sora-bus.jp/special-tour/yashima-night-takamatsu-ma/

●事業企画:株式会社JTB高松支店 観光開発プロデューサー 高島 達朗

●同時開催:ナイトマルシェ・ナイトシネマin屋島山上交流拠点施設『やしまーる』
URL https://www.yashima-navi.jp/jp/yashimaru/

提供元:PR TIMES

最新の外食ニュース





メルマガ登録はこちら
フーズチャネルタイムズ 無料購読はこちら