今話題の「和紅茶」を使った新ドリンク「ティーショコラテ」が10/1(土)からスタート!【宇治茶の老舗「福寿園」がプロデュースするカフェ「茶寮FUKUCHA」】…

掲載日: 2022年09月29日 /提供:福寿園

京都・福寿園がプロデュースするカフェ「茶寮FUKUCHA」にて、10月1日(土)から京都府産「和紅茶」を使用した新ドリンク「ティーショコラテ」のご提供を始めます。上品で淡い香りを纏ったこだわり和紅茶と、濃厚ショコラの絶妙な掛けあわせがお楽しみいただけます。また、風味豊かな「宇治抹茶」を使用したティーショコラテも同時に発売します。 これから寒くなるこの時期に、体も心もホッと温まるドリンクです。 茶寮FUKUCHA公式サイト https://fukucha-fukujuen.com/




ティーショコラテ  宇治抹茶(左)/ 和紅茶(右)
各イートイン 605円(税込) / テイクアウト 594円(税込)

提供期間 2022年10月1日(土)~2023年2月28日(火)



和紅茶ショコラテ

京都府産茶葉を丁寧に発酵(酸化)させることで、渋味がほどよく抑えられた、まろやかで優しい風味に仕上がった和紅茶。和紅茶の茶葉を生クリームで煮出すことで、やわらかい香りをお楽しみいただけます。ミルクチョコレートと合わせることで、さらに優しい味わいに仕上げました。


抹茶ショコラテ

福寿園こだわりの風味豊かな宇治抹茶を使用。
抹茶を贅沢に使い、濃い目に仕上げています。ホワイトチョコレートの甘味の中に、しっかりとした抹茶の風味を感じていただけます。甘いもの好き、抹茶好き、どちらの方にもお楽しみいただける一品です。



和紅茶とは



和紅茶イメージ
緑茶やウーロン茶や紅茶は、同じ茶の木から作ることができ、その違いは製茶時の発酵(酸化)度の違いです。
<緑茶>茶葉を摘みとったあとすぐに蒸したり、炒るなど熱を加えることで酸化酵素の働きを止め、爽やかな新緑の風味を保ちます。
<紅茶>茶葉を摘みとったあと熱を加えず茶葉を乾かす(萎凋)ことで、花のような香りを引き出します。
紅茶といえば、ダージリンやウバなど外国の飲み物というイメージがありますが、明治時代に国内で製造が始まり、昭和初期には輸出の全盛期を迎えました。しかし、1970年代から国際的な競争が厳しくなり、衰退してしまいましたが、最近になって「国産紅茶」=「和紅茶」の渋味の少ない、すっきりとした味わいが再注目されています。
今回、福寿園の茶師が数千種の原料茶の中から、和紅茶の風味がスイーツでもしっかり楽しめるものを厳選しました。旨味のある京都府産茶葉を使用し、しっかりと発酵させることで、お茶の渋味をほどよく抑え、まろやかで優しい風味に仕上げています。お茶の新たな一面をお楽しみいただければ幸いです。


シェフパティシエ杉本 映(すぎもと えい)



子どもの頃から料理に親しみ、大阪の製菓専門学校で菓子づくりの基礎を学ぶ。
京都のパティスリーやホテルでシェフを歴任。
2019年、茶寮FUKUCHAオープンに伴い、シェフパティシエとして就任し、
宇治茶の魅力を最大限に活かしつつ、テーマや世界観を大切にしたスイーツ
づくりへの挑戦を続けている。



販売店舗



■店舗名/茶寮FUKUCHA(さりょう ふくちゃ)京都駅店
住所/京都府京都市下京区烏丸通塩小路下ル東塩小路町901
京都駅ビル 中央口2階
営業時間/8:30~20:00(L.O19:30)
定休日/不定休
TEL/075-744-0552
ホームページ/https://fukucha-fukujuen.com/
インスタグラム/https://www.instagram.com/fukucha.fukujuen/


■店舗名/茶寮FUKUCHA 四条店
住所/ 京都府京都市下京区四条通富小路角
福寿園京都本店2階
営業時間/11:00~19:00(L.O18:30)
定休日/毎週水曜日(福寿園京都本店に準ずる)
TEL/050-3152-2902

※今後の社会情勢に伴い、休業日や営業時間を変更させていただく場合もございます
※画像は全てイメージです。


【会社概要】
株式会社福寿園は、寛政二年(1790年)の創業以来、茶一筋に歩み続けている京都の老舗茶舗です。代々が築いた茶づくりの伝統の技を生かしながら、常に新しい技術を取り入れ、これからの時代のティーライフをご提案してまいります。
会社名 : 株式会社 福寿園
所在地 : 京都府木津川市山城町上狛東作り道11
代表者 : 取締役社長 福井 正興
創 業 :寛政2年(1790年)
事業内容: 日本茶の製造・販売
URL   : https://www.fukujuen.com

提供元:PR TIMES

最新の外食ニュース





メルマガ登録はこちら
フーズチャネルタイムズ 無料購読はこちら