トライアンフ・レーシング「モトクロス世界選手権への参戦を発表」のお知らせ

掲載日: 2022年09月29日 /提供:トライアンフモーターサイクルズジャパン

トライアンフモーターサイクルズジャパン株式会社(本社:東京都港区海岸 代表取締役社長:大貫陽介)は、2024年にFIMモトクロス世界選手権に参戦し、新しくなったトライアンフ・レーシングの旗の下、ファクトリーサポートのレースプログラムに参加する計画を発表します。



この新しいトライアンフ・レーシングチームは、モトクロス界で最も経験豊富で成功したチームオーナーのひとりであるティエリー・チザット・スゾーニとのパートナーシップにより設立され、トライアンフの新型250cc 4ストロークMXバイク2台を2024年のMX2クラスに、2025年には450cc MXGPクラスにエントリーする予定です。
Triumph Racing ロゴ


トライアンフ・レーシングは、Moto2やスーパースポーツを含むトライアンフのすべてのレース活動をカバーする新しいブランドです。トライアンフとティエリーのパートナーシップは、彼が確立し、大きな成功を収めているチーム体制と設備を包括することになります。この新たなパートナーシップの中心にある勝利への野心と取り組みをさらに強化するために、トライアンフは長年チームマネージャーを務めてきたヴィンセント・ベレーニが引き続きチームを率います。経験豊富な技術スタッフがトライアンフをモトクロスレースのパフォーマンスの頂点に押し上げることに全力を尽くすことも発表しました。

トライアンフとティエリーの新たな長期パートナーシップは、トライアンフ・レーシングの競技へのアプローチに深みと成功をもたらすという共通の目標と決意を反映したものです。取り組みの一環として、ティエリーとヴィンセントのチームはFIMモトクロス世界選手権(MX2およびMXGP)に焦点を当て、テクノロジーと人材の開発を行い、国際モトクロスレースにおけるトライアンフの将来の強さを構築していきます。

ティエリーとヴィンセントの過去のレース記録が物語っていますが、80を超えるMXGP世界選手権での勝利と、卓越した技術と能力で大きな評価を得ています。トライアンフ・レーシングは、新型のMXおよびエンデューロモーターサイクルシリーズのコンセプトと開発を担当する、トライアンフ社内のモトクロス設計エンジニアリング部門に支えられ、世界レベルの知識と経験でリソースとパフォーマンス能力を構築することに尽力しています。

我々トライアンフ・レーシングは、ブランドの研究、設計、エンジニアリング開発、プロトタイプ製作が行われている英国ヒンクレーのトライアンフ・グローバル本社を拠点としています。モトクロス世界選手権チームはオランダのアイントホーフェンの近くにあるティエリーのレース施設を拠点とし、レースチームのスタッフ、運営、競技開発が行われていきます。トライアンフのファクトリーとレースチームのエンジニアリンググループは、2024年のFIMモトクロス世界選手権の最初のMX2グランプリに向け、アメリカ、イギリス、ヨーロッパ本土で実施中の集中テストスケジュールを通して、シャシーとエンジンの性能を継続的に高めるために密接に連携しています。

新しいトライアンフのモトクロスおよびエンデューロバイクのテストは順調に進んでおり、各モデルの仕様、性能特性、コンポーネントに関する情報は、トライアンフ・レーシングのトップレベルの選手権やカテゴリーへの参入に関するニュースとともに、順次発表される予定です。


以下引用

ニック・ブロアー – トライアンフCEO
「ティエリーとの新しいパートナーシップは、最高レベルのレースで戦うというトライアンフの長期的な取り組みを証明するものです。我々は世界クラスのパフォーマンスを実現するための情熱を抱いています。ティエリーと彼のチームがもたらす経験は、非常に競争の激しい世界選手権で我々の足跡を残すという野望を実現する上で、非常に貴重なものとなるでしょう。 FIMモトクロス世界選手権にファクトリーサポートのトライアンフ・レーシングチームで参戦することは、我々のトップレベルのオフロードレース・キャンペーンの始まりとして画期的な出来事です。」

ティエリー・チザット・スゾーニ - トライアンフ・レーシング・チームオーナー(MX2およびMXGP):
「トライアンフはMXバイクを作り、FIMモトクロス世界選手権に参戦することに大きな責任を負っています。私のチームがMX2とMXGPの公式トライアンフ・レーシングチームになることをうれしく思っています。ニック・ブロアーとトライアンフの取締役会は、このプロジェクトに対する長期的な野心を非常に明確にしており、ファクトリーの全員が非常に情熱的であることがわかります。

ヴィンセントと私のスタッフは、ヒンクレーのエンジニアと協力して、2024年のMX2選手権に参戦できるような競争力のあるパッケージに仕上げているところです。MXGPは世界中で成長を続けており、私は戻ってくることができてとても嬉しいですし、トライアンフでレースに出ることを楽しみにしています。 」

デヴィッド・ルオンゴ(インフロント・モト・レーシングCEO)
「素晴らしいニュースです。おそらく、ここ数年で最も重要なニュースのひとつでしょう。インフロント・モト・レーシングは、MX2およびMXGP世界選手権に新しいメーカーを迎え入れることになります。しかも、世界で最も象徴的なモーターサイクルブランドの1つであるトライアンフです。

トライアンフは2024年からMX2およびMXGPのカテゴリーにフルプログラムで我々の世界選手権に参加することになります。これは非常に重要な発表であり、国際的なモータースポーツシーンにおけるMXGPの関心と重要性を示す素晴らしい兆しです。過去20年間、MXGPは成長を続け、世界的な地位を確立してきました。年間平均19回開催されるこの大会は、メーカーがバイクやコンポーネントを開発し、世界中に宣伝するための最高のプラットフォームとなっています。アジアから南米、そしてヨーロッパまで、MXGPはあらゆる市場をカバーし、世界中のオフロードファンの心を掴んでいます。

トライアンフをMXGPに迎え入れることは、大きな誇りと興奮とともにあります。それと同時に、今後の彼らの活躍と、すでに参加している他のファクトリーチームとの素晴らしい戦いぶりにも期待しています!」

ジェレミー・アップルトン - トライアンフ、グローバルレーシングマネージャー
「トライアンフ・レーシングの立ち上げは、トライアンフをさらに幅広い分野のレースの頂点に押し上げるための極めて重要なステップです。Moto2世界選手権の唯一のエンジンサプライヤーとしての、トライアンフの成功とスーパースポーツレースへの参加を基盤にしたMX2とMXGPへの進出は、トップクラスのオフロードレースにおける戦略的に重要な新章への扉を開くものです。

私たちは世界選手権で要求されることをよく理解しており、それがティエリーとのパートナーシップを形成する理由なのです。ヴィンセントとともに、レースとパフォーマンス開発に対する彼らのアプローチは素晴らしく、一緒にプロジェクトを立ち上げ、彼らがモトクロス世界選手権で既に達成した実績にさらに貢献できることを楽しみにしています。」

リッキー・カーマイケル - トライアンフ、グローバルオフロードアンバサダー
「今日のニュースには本当に興奮しています。長い間待ち望んでいたことです。トライアンフとのこのプロジェクトが始まって以来、みんなの努力に驚かされています。モーターサイクルの開発に携わった研究開発・エンジニアリンググループ全体が、本当に素晴らしい仕事をしてくれたことは言うまでもありません。プロトタイプの最初の段階から、その性能の高さには本当に驚かされました。

それ以来、英国で最新の開発品をテストしていますが、最高レベルで勝つための能力があると言えますし、プロからアマチュアまで、オフロードモデルの全範囲にわたって、ライダー達は開発されたものを気に入ると私は確信しています!」

------- END ------

トライアンフについて
・1902年に設立されたトライアンフ モーターサイクルズは、オートバイ製造を開始して2022年で120年周年を迎えました。トライアンフモーターサイクルズは30年以上にわたり、レスターシャー州ヒンクレーに拠点を置き、本物のデザインと個性、カリスマ性、パフォーマンスが完璧に調和した象徴的なバイクを生産し続けています。

・トライアンフは英国最大のオートバイメーカーで、2021年度の生産台数は75,000台*以上、世界に約700のディーラーを展開しています(*自社調べ)。

・この集中力と技術革新、そしてエンジニアリングにかける情熱をもって、魅力的な新型Speed Triple 1200 RRやTiger Sport 660、素晴らしいTiger 900、世界をリードするRocket 3 Rと GT、ハイパフォーマンスが特徴のStreet Triple RS、象徴的なScrambler 1200、大陸横断用のTiger 1200、2021年にアップデートされた伝説的なTriumph Bonnevilleファミリー(Bonneville Bobber、Thruxton RS、Street Twin、Street Scrambler、象徴的なBonneville T120とT100)から、エキサイティングで乗りやすいトライアンフ モーターサイクルズのA2シリーズ*まで、あらゆるライダーのニーズを満たす幅広い種類のバイクを生み出しています(*国内では未展開)。

・トライアンフは現在、世界中で約2,000人の従業員を抱え、英国、北米、フランス、ドイツ、スペイン、イタリア、日本、スウェーデン(スカンジナビア)、ベネルクス、ブラジル、インド、中国、タイで系列企業を経営するとともに、独立販売代理店のネットワークを有しています。また、レスターシャー州ヒンクレーおよびタイに製造工場、ブラジルとインドにCKD工場を持っています。

・Triumph Bonnevilleは、トライアンフが米国ユタ州ボンネビル・ソルトフラッツで1956年に速度記録を達成したことを祝って名付けられたことで有名ですが、元々はイギリスのスーパーバイクでした。あっという間に数々のレースで優勝するオートバイになり、その伝説的なハンドリング、スタイル、個性により、過去の有名なモーターサイクリストたちに選ばれてきました。2021年向けにアップデートされ、パフォーマンス、機能、スタイルがさらに向上したTriumph Bonnevilleですが、新たなBonnevilleファミリーを今日正真正銘のモダンクラシックバイクたるものにしているのが、ライダー志向の技術と組み合わさったまさにそのハンドリング、個性、象徴的な外観なのです。

・トライアンフは、モーターサイクルスポーツのほとんどすべてのクラスと分野に参戦し、数々の勝利を獲得するという輝かしいレースの歴史を有しています。1908年の第2回マン島TTレースで優勝を飾り、1960年代にはヨーロッパやアメリカで開催されたロードレースやトラックレースで勝利を独占し、最近のレースとしては、トライアンフの675cc 3気筒エンジンによる2014年のデイトナ200で勝利、2014年マン島スーパースポーツTTで勝利、2014年と2015年のイギリススーパースポーツで複数のタイトル獲得とワールドスーパースポーツレーシングで勝利し、そして2019年には、ピーター・ヒックマンが乗車したマン島スーパースポーツTTでの優勝など、現代のレースでの活躍にまで至っています。

・2019年シーズンの開幕以降、FIM Moto2™世界選手権への独占的エンジンサプライヤーとして、トライアンフのレーシング伝説は今なお続いています。トライアンフ モーターサイクルズは出場全チームにレース専用チューンを施した765cc 3気筒エンジンを供給しており、このエンジンはクラスをリードするStreet Triple RSエンジンをベースにしています。初年度にはこのクラスを再定義しながら、Moto2™ マシン初の300kmhオーバーの最高速度達成を含め、次々と記録を塗り替え、2020年シーズンは記録更新がさらに高速化され、15回のレースから、前代未聞の11個のラップレコードと7人の異なる優勝者が生まれました。

・トライアンフのレース活動はさらに強化され、2021年にはブリティッシュスーパーバイクのパドックに戻り、ファクトリーサポートのレースチーム、ダイナボルト・トライアンフとしてブリティッシュスーパースポーツ選手権に参戦しました。

・2021年、トライアンフはモトクロスとエンデューロの両方のシリーズで最高峰の選手権レースに取り組むことを約束し、モトクロスとエンデューロの世界への参入と新しいファクトリーレースの取り組みを発表しました。

お客様お問合せ先
トライアンフコール
:TEL 03-6809-5233
トライアンフ WEBSITEhttp://www.triumphmotorcycles.jp/

提供元:PR TIMES

最新の卸・問屋ニュース





メルマガ登録はこちら
フーズチャネルタイムズ 無料購読はこちら