熱海パールスターホテル、グランドオープン

掲載日: 2022年09月26日 /提供:国際観光資源開発

全室バトラーサービスを完備したウエルネス+ラグジュアリーリゾート


溶岩石の伊豆石の黒文化を体現したロビーの水盤

国際観光資源開発株式会社(所在地:静岡県熱海市東海岸町、代表取締役社長 張也一耕)は、本日、熱海市内で初となる、全室にバトラーサービスを完備したラグジュアリーリゾートホテル熱海パールスターホテルを開業いたしました。

明治30年尾崎紅葉によって熱海の物語は始まりました。熱海パールスターホテルは、初島を望む潮騒の起点、お宮の松を正面にかかえる地に誕生し、ゲスト自身が辿る旅物語の語り部として豊かな温泉とともに新熱海物語をお伝えしてまいります。

最上級の室礼(しつらい)文化を体現した熱海パールスターホテルで、ゲストはサンビーチのパノラマを望む贅沢な空間で、旅の疲れを癒し、最高のひと時を迎えます。

溶岩石・伊豆石の黒文化

海、波止、陸を抱える硯(すずり)の船。溶岩石の伊豆石の黒文化を伝える意匠。伊豆石は熱海の石帳場から徳川家康の依頼を受けて江戸城の石垣工事へ送られ城を支えています。


ANCHOR GATE 旅の帰港

いぶし金型列柱の佇まいアンカーゲート

荘厳ないぶし金型列柱の佇まい、町屋をイメージした現代組子のレリーフシェードと、アクセントの黒色溶岩石を使った粋でモダンな外観。優しくライトアップされたファサードと散りばめられた光は熱海海浜の灯台的存在としてATAMI PEARLと言われる由縁です。日本の伝統美、花町の文化を用い、響き合う室礼がここにあります。永遠の象徴樹シマトネリコの足元には、日本野草のキチジョウソウやホトトギスが優しくゲストをお迎えし光のアンカーゲートに着いた時、物語の表紙が開きます。


STAGE くつろぎの舞台へ

伊豆石の巨石(フロントカウンター右) 高さ10M障子格子の行灯天井と組子列柱による数寄屋(町屋)の街並み

船底型がモチーフのエントランスを抜けると、硯の船をイメージしたロビーと、雲母いぶしが共鳴する直線的な琴糸(こといと)の間が目の前に現れます。道標となる巨石を辿り、水面を切って進む櫓(やぐら)をイメージしたセレクトショップにつながります。日本の灯(あかり)をテーマにした楮和紙(こうぞわし)のオブジェが優しく光り、メインロビーからは、ゲスト自身が辿る特別な物語の第一章が始まります。


LOUNGE 暖炉の間

ラウンジ オーシャンブリーズ

ラウンジは、くつろぎと語らいがテーマの暖炉のある待合の場です。伝統的な町屋デザインの中に点在するテーブルの足元の巨石は熱海のオマージュとして三つの楽器をモチーフにした、琴石、琵琶石、三味線石をしつらえました。夜の町家から聞こえてくる芸妓文化から着想を得ています。世界中のゲストがお茶とこだわりのデザートを楽しんでいただけます。


TRANSIT PLAZA ELVホール

雲母いぶしを施した船底天井と琴糸の間(エントランス)

客室に向かう1Fロビーの壁面には、著名な左官職人でありアーティストである久住有生による煌く朱の夕波が表現された作品「Sunrise glow」が飾られています。大胆な鏝(こて)さばきによって表面に微妙な変化を生み出し、光によってさまざまなイメージをかきたたせてくれます。


GUEST ROOMS

初島を望む室礼を設えた スーペリアオーシャンビュー

木を用いた和モダンのデザインと手すき和紙をふんだんに使ったゲストルームは、特別な贅沢を演出。寝室からつながる露天、湯の間には硯の舟をしつらえ、月の道の海とつながります。足す事も引く事も不要な究極の室礼に身をゆだねていただきたいお部屋となっています。たもの木を使ったフローリング、畳の文化を取り入れた室礼のお部屋もございます。


宿泊料金について詳しくは公式サイトをご参照ください。 


https://pearlstar.jp/rooms/
テラスを含め67平方メートル 以上を有すデラックスオーシャンビュー“ROTEN”

INFINITI BATH ゆのふね



ホテル最上階(10F)にある全長12mのインフィニティバスは天空の船。海に向かってあふれ落ちる湯は熱海の海とつながり、そして空と繋がります。静かに湯に佇めば月写しの鏡に身をゆだねるひと時を体験できます。熱海温泉は、日本で2番目に多い塩化物温泉です。水素イオン濃度 PH 値 8.3、弱アルカリ性で海水の成分に似た食塩を含み、塩辛く無色透明の湯です。保温効果が高いため体の芯まで温まると共に、温泉成分のコーティング効果によって肌の乾燥を防ぎます。美人の仕上げとも言われており、「ツルツル&美白」の美白効果があると言われています。


レストラン&バー

ローカルガストロノミー シンフォニア(フレンチ)水面の煌めきを現した天井照明のしつらえ

パールスターホテルは硯の船のコンセプトに合わせしつらえをしています。硯の船とは中国から伝わる硯の宇宙を起源としており、そこに陸と海を景色としてしつらえます。6Fの店名、舳(海を切って進む船首)、艫(船尾)、キール(船首と船尾をつなぐ骨格)は、船を由来しています。


日本料理 舳 MIYOSHI
寿司 舳 MIYOSHI
鉄板焼 艫 TOMO
ザ・バー・キール
中国料理 山海香味(さんかいこうみ)

テラスとガゼボ



夕刻の静かに流れる時間。月光が映りこむ熱海の海。テーブルキャンドルの明かりの中、こだわりのお料理と乾杯のグラスの音色は大人の大切な時間です。海風でやさしく木々が揺らぎ、星鏡の海はゲストにくつろぎの時間を提供してくれます。テラスの先に足を踏み入れば、豪華船旅の景色のようです。
レストラン&バー営業時間について詳しくは公式サイトをご参照ください。
https://pearlstar.jp/dining/


【スパトリートメントサロン 庵SPA ATAMI(アンスパ アタミ)】
熱海パールスターホテルの4Fに位置する「庵SPA 熱海」は、繊細できめ細やかな美しさやおもてなしの心など、日本らしさにこだわったユニークなスパです。庵の名の通り、空間には温もりを感じさせる静かな灯りが灯り、自然の素材を使った設えと落ち着いた色調によって特別な安らぎを演出しています。静寂の中に佇む山居をイメージした空間の中で、おもてなしの心と卓越した技をもつセラピストの優しい手の運びを感じながら、極上のリラクゼーション、心地良さにつつまれる至福の時間をお過ごしください。熱海ならではのスパメニューもご用意しております。
庵スパ熱海について詳しくは公式サイトをご参照ください。
https://pearlstar.jp/facility/spa/

【フィットネス ルキナ 熱海】
熱海パールスターホテルの3Fに位置する「ルキナ 熱海」は、宿泊のお客様が無料でご利用いただけるだけでなく、会員制度をご用意しています。イタリア、テクノジム社のマシンを備えたジム、ピラティス・リフォーマー、ホットヨガスタジオ(兼 常温スタジオ)、シャワールームを完備した熱海市内最大規模*のフィットネスエリアだけでなく、クラウドサービスによるトレーニング管理などの運動サポートも実施しています。会員様にはホテル内の絶景大浴場「インフィニティバス」がご利用いただける他、トリートメントメニューの充実した庵スパ熱海の割引特典に加え、熱海パールスターホテルのご宿泊やレストラン、バー&ラウンジの特別価格など、様々な特典をお楽しみいただけます。2022年12月にはゴルフのシュミレーションマシンも導入する予定です。*自社調べ
ルキナ熱海について詳しくは公式サイトをご参照ください。
https://pearlstar.jp/facility/fitness/




【ホテル概要】
■名称:熱海パールスターホテル
■総支配人:安達 実
■所在地:静岡県熱海市東海岸町6番45号
■電 話:0557-48-6555(代表)
■交 通:熱海駅より徒歩10分 タクシー5分 バス停「お宮の松」目の前
■建物規模:地上10階建
■客室数:87室
■館内施設:自家源泉露天風呂、レストラン、バー&ラウンジ、スパ、フィットネス、駐車場
■公式ホームページ:www.pearlstar.jp
■公式Instagram:www.instagram.com/atami_pearlstar_hotel
※新型コロナウイルス感染症拡大の状況により、予告なく内容を変更させていただく場合がございます。 最新の情報はホテルホームページをご確認ください

本件に関する画像素材は下記よりダウンロードをお願いいたします。
https://meetsfactory.box.com/v/pearlstar-mediacenter/

国際観光資源開発株式会社について
地域の魅力を生かしたリゾートホテルを提供する国際観光資源開発株式会社は、山梨県にて関連会社でリゾートホテルを1施設保有しており、熱海パールスターホテルは静岡県内での初出店となります。

【お客様からのお問合せ・宿泊予約】
熱海パールスターホテル www.pearlstar.jp
代表TEL:0557-48-6555
予約TEL:0557-83-5489
平日10:00~18:00(土日祝日は除く)
info@pearlstar.jp

提供元:PR TIMES

最新の外食ニュース





メルマガ登録はこちら
フーズチャネルタイムズ 無料購読はこちら