沖縄ステーキ食堂「やっぱりステーキ(R)?」がメニュー改定。今こそ美味しいステーキを食べて元気になって欲しいから・・・このタイミングでまさかの値下げを実施します!!…

掲載日: 2022年09月19日 /提供:ディーズプランニング




●やっぱりステーキ(R)?(ミスジステーキ)150gを200円値下げ
円安など物価の上昇がどんどん激しくなる情勢の中、外食に行くことを控えてしまいがちな皆様へ。
やっぱりステーキ(R)?は一人でも多くの人に美味しいステーキで元気になってもらいたい。
そのために・・・やります!
10月1日からの価格改定に伴い、創業からの人気NO.1メニューであり、
絶対の自信をもってお勧めしたい看板メニュー
「やっぱりステーキ(R)?(ミスジステーキ)」150g(サラダ・スープ・ライス食べ放題付)を
1400円税込から1200円税込に値下げします。

※2022年10月1日より、 グランドメニュー全体の見直し、改定を実施いたします。


●なぜミスジステーキなのか
やっぱりステーキ(R)?は創業以来、肉の仕込みの店内作業を貫いて来ました。
いわゆる軟化剤や浸け込みといった技法に頼らず、手仕事にこだわり、一本一本丁寧にスジ取りをして下処理を行っています。
その甲斐あって、厚切りでも驚くほどの柔らかさと赤身肉ならではの味わいを実現しています。
特別な時だけじゃなく、普段から気軽に食べられるようなステーキを目指し、
普段食べるものだからこそ、 本当に美味しいものを追求しています。
創業当時からの一番のこだわりメニューでもある当店のやっぱりステーキ(R)?(ミスジステーキ)は、
特にスジ取りが面倒なこともあり、以前はあまりステーキでは使われていませんでした。
このミスジという部位を美味しいステーキに仕上げる技術とノウハウの蓄積には絶対の自信があります。
仕入れ先もアメリカ産にこだわり、さらにブランドを指定してできる限り安定した品質のミスジ肉を仕入れるように心がけています。
常に最高のステーキで、 あなたを元気にするために。

「当店自慢のやっぱりステーキ(R)?(ミスジステーキ) を値下げします!」

※値下げは10月1日からとなります。


■やっぱりステーキ(R)?とは・・・

2015年にオープンカウンターわずか『6席』の“極狭ステーキ店”としてオープンしたやっぱりステーキ。
1000円でお腹いっぱい、毎日でも食べられる沖縄ステーキ食堂をコンセプトに、
ライス·サラダ·スープが食べ放題のセルフコーナーを設け、人員コストを削減するために券売機を導入するなど一般的なステーキハウスの概念をくつがえす独自の発想で多くの人々を惹きつけてきた。
また当時では珍しく厚みのある赤身肉を主体としたステーキは、さっぱりしていて飲んだ後でも美味しく食べられることから沖縄の『締めのステーキ』として親しまれるように。
深夜に満席になることで注目を浴び、全国ネットのTVに取り上げられ話題に。
そこから店舗を拡大し続け、2020年には東京1号店となる「やっぱりステーキ吉祥寺店」をOPEN。
各メディアに大きく取り上げられる。
現在は、全国各地の92店舗で元気に営業中。

やっぱりステーキHP https://yapparigroup.jp/

提供元:PR TIMES

最新の外食ニュース



ダスキンのHACCP対応アプリ(無料・効率化・かんたん)
メルマガ登録はこちら
フーズチャネルタイムズ 無料購読はこちら