敬老の日を前に「ワタミの宅食」価格維持宣言!!

掲載日: 2022年09月18日 /提供:ワタミ

―年金受給者である高齢者の家計負担を増やさない―



 ワタミ株式会社(東京都大田区、以下ワタミ)は、食事宅配サービスを行う「ワタミの宅食」では、敬老の日を前に2023年3月末までは現行の商品価格を維持し、値上げせず提供することを決めました。対象は、主力商品である冷蔵のお弁当・お惣菜6種類、健康習慣シリーズおよびミールキットとなります。
 食材・エネルギー等の原料価格の高騰そして急激な円安が続いており、当社においても他社と同様、大きく影響を受けております。しかしながら、私たちのお客さまの中心は、65歳以上の高齢者であり、ほとんどが年金受給者です。お客さまの家計への負担を増やさず、日々の食生活を少しでもサポートしたいという思いから、ぎりぎりまで値上げしない方針です。仕入れ・購買方法の見直し、製造工程の改善など自社で可能な限りのコスト削減や合理化を図り、品質を保ちながら価格維持に努めます。
 なお、2023年3月以降については、今後の経済 市況・為替 の変化を踏まえて判断してまいります。








■「ワタミの宅食」について
 「ワタミの宅食」は、日替わりのお食事と“まごころ”をお届けすることで“社会を支えるインフラ”となることを目指し、事業を展開しています。お弁当・お惣菜は、お客さまと同じ地域に住む“まごころスタッフ”がお届けしています。“まごころスタッフ”がお客さま宅をおとずれることで、日々のコミュニケーションを生み出すとともに、300の自治体など(2022年8月末時点)と「見守り協定」を締結するなど、高齢者世帯の見守りにも貢献しています。
 毎日約24 万食のお弁当・お惣菜をお届けしており、病者・高齢者食宅配市場「売上シェア12年連続 No.1」※(2010年~2021年)を達成しています。2020年3月には、業界として初めて、自社弁当容器を回収し、新たな容器としてリサイクルする取り組みを全国に
展開するなど、SDGsの目標達成にも貢献しています。
※出典 「外食産業マーケティング便覧「2011~2022」(株式会社富士経済調べ)

◆ワタミ株式会社
【所 在 地】 東京都大田区羽田1-1-3
【代表者名】 代表取締役会長 兼 社長 渡邉 美樹
【設立】 1986年5月
【事業内容】 国内外食事業、海外外食事業、宅食事業、農業、環境事業
【ホームページURL】 https://www.watami.co.jp

《報道関係のお問合わせ先》
ワタミ株式会社広報室/TEL:03-5737-2784/E-mail:press@watami.net




提供元:PR TIMES

最新の外食ニュース



ダスキンのHACCP対応アプリ(無料・効率化・かんたん)
メルマガ登録はこちら
フーズチャネルタイムズ 無料購読はこちら