幼児食ブランド「homeal」が男性育休取得推進の「育休を考える」プロジェクトに参画 #育休を考える日

掲載日: 2022年09月18日 /提供:homeal

“幼児食の悩みをゼロに。“を目指す幼児食ブランド「homeal(ホーミール)」を運営するhomeal株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:鬼海 翔、以下「homeal」) は、積水ハウスが実施する9月19日「♯育休を考える日」に向けて、日本でも男性の育児休業取得が当たり前になる社会を目指す「育休を考える」プロジェクトにパートナー企業として参画したことをお知らせいたします。



■取り組みの背景
2022年4月に改正育児・介護休業法施行、10月には「産後パパ育休」開始を控え、企業の男性育休取得推進がより一層積極的に推進されつつありますが、現在の男性育児休業取得率は13.97%(2021年度)にとどまっています。また、積水ハウスが実施した男性育休の実態調査「男性育休白書2022」では、国や勤務先の制度についての認知は進んでいるものの、育休取得を検討した男性本人の61.1%、男性部下から育休取得を打診された上司の43.9%「不安を感じた」と答えており、企業規模や休業する社員以外の社員の負担などを理由に、男性社員の育休取得推進に悩むマネジメント層の姿が浮き彫りになりました。

このような中、本プロジェクトの目指す男性の育休取得推進の支援は、社会課題の解決の一つの切り口になるような取り組みとなります。
「男性が当たり前に育休を取得できる世の中にしていく」というビジョンに共感し、参画することを決定しました。
homealは日本の男性の育児休業取得、育児参加促進に寄与していきたいと考えています。



男性育休プロジェクト概要


積水ハウス株式会社が「男性の育児休業取得が当たり前になる社会の実現」を目指して、活動を行なっているプロジェクトです。9月19日を 「#育休を考える日」に制定し、2022年は81もの企業・団体が賛同。情報発信の場として「男性育休フォーラム」の開催など、企業で働く男性の育休取得推進について考えるきっかけとなるような取り組みを展開しています。
公式サイト:https://www.sekisuihouse.co.jp/ikukyu

■積水ハウス株式会社について
積水ハウス株式会社は、子育てを応援する社会を先導する「キッズ・ファースト企業」として、ダイバーシティ推進の取り組みを一層加速させるため、2018年9月より「男性社員1カ月以上の育児休業(育休)完全取得」を推進しています。
今後も"「わが家」を世界一幸せな場所にする"というグローバルビジョンのもと、男性の育児休業推進から、よりよい社会づくりへの貢献を目指しています。

■homeal株式会社について
「幼児食の悩みをゼロに」をミッションに掲げる、幼児食D2Cブランド。大人も一緒に楽しめる本格味わいの幼児食宅配サービスを中心に、幼児食を学べるマガジン、子どもの成長に合わせた幼児食の相談ができるLINEチャットサービス、幼児期の悩みを共有できるコミュニティなどをECサイト・アプリにて提供。サービス開始2年で累計42万食以上を販売している。書籍「1歳から6歳の子どもごはん 365日の幼児食 冷凍できる作りおきレシピ」は発売4ヶ月で1万部を突破。

【会社概要】
代表者 :代表取締役 鬼海 翔
所在地 :東京都渋谷区渋谷2-19-15
設立日 :2019年9月
事業内容:幼児向け冷凍食品の開発・販売
URL  :https://homeal.co.jp

【お問い合わせ先】
homeal株式会社 広報担当:重岡
E-mail:pr@homeal.co.jp TEL:080-3717-4952




提供元:PR TIMES

最新の外食ニュース



ダスキンのHACCP対応アプリ(無料・効率化・かんたん)
メルマガ登録はこちら
フーズチャネルタイムズ 無料購読はこちら