【岡山大学】立ち上がれ社長候補生! 岡大ピッチコンテスト2022を開催

掲載日: 2022年08月11日 /提供:国立大学法人岡山大学


2022(令和4)年 8月 10日
国立大学法人岡山大学
https://www.okayama-u.ac.jp/



◆概 要
 国立大学法人岡山大学(本部:岡山市北区、学長:槇野博史)は2022年7月16日、学生・教職員らが新規事業のビジネスプランについて競う「岡大ピッチコンテスト2022」を本学津島キャンパス(岡山市北区)で開催しました。

 このコンテストは、岡山大学内外のさらなる創業機運醸成、また自由で斬新な事業アイディアを発掘することを目的としたもので、今回が初開催となります。当日は、オンラインを併用し、学生・教職員・一般の方約170人が会場及びオンラインで参加しました。

 このコンテストには、合計28組のエントリー者の中から、書類選考により勝ち残った12組がファイナリストとして登壇。ファイナリストはそれぞれ、「『あした着る服』をきめてくれるSNS『こーでねーと』」や「ヒト臓器チップ・疾患モデルによる創薬イノベーション」など、思いがこもった自身のビジネスプランを工夫を凝らして短時間でプレゼンテーション(ピッチ)し、熱い戦いが繰り広げられました。

 各ファイナリストのプレゼンテーション終了後は、独創性、実現性、将来性、社会的インパクト、プランへの熱意、プレゼンの聞きやすさなどの観点で審査を行い、患者への応対方法など薬剤師の業務を疑似体験し、AIが苦手な分野などを指摘してくれる「AIアルゴリズムを活用した薬剤師教育サービスの提供」について発表した岡山大学病院薬剤部の牛尾 聡一郎助教が最優秀賞に選ばれました。

 表彰式では、本学の那須保友理事(研究担当)・副学長が「課題・シーズを的確に把握し、実現性が高い点が評価された」と授賞理由を説明した後、記念盾を授与。「事業化に向け、一層の努力を」と激励しました。

ピッチの模様
最優秀賞を受賞した牛尾聡一郎助教(左)と那須保友理事・副学長

 審査結果発表までの合間に、岡山大学発ベンチャー企業(Stork Visit(株)、そなえ(株)、(株)TechSword)の方と起業部及びデータサイエンス部の学生が登壇し、トークライブを実施。学生からの「学生のうちに勉強したことで今役に立っていることは何か」という質問に対し「学生という立場を利用して、様々なことを経験して、沢山の人と出会い、自分の夢を叶える為の仲間作りをして欲しい。様々な分野のプロフェッショナルが多い総合大学なので、積極的に色々な先生から学んで欲しい」などアドバイスが送られました。

 表彰式後には、審査員による講評が行われ、岡山大学発ベンチャー企業である(株)オーディオストックの西尾 周一郎代表取締役社長、(株)ABABAの久保 駿貴CEOがそれぞれ、「現時点で存在しない価値を創っていくことはたいへんだが、自分の信念に従って進んで行って欲しい」、「ピッチは発表の仕方や、資料を工夫することにより、審査員への印象も変わる」とコメントし、審査委員長である学術研究院ヘルスシステム統合科学学域の志水 武史准教授が「事業化にはアイディアではなく、最後までやりとげることが最も重要。信念を持って取り組んで欲しい」とアドバイスを送りました。

登壇者・審査員の集合写真
交流会参加者の集合写真

 閉会にあたっては、このコンテストを共催した三井住友信託銀行株式会社から池村 隆司法人企画部イノベーション企業推進部長が登壇し、「今回発表された内容はどれも素晴らしかった。入賞を果たせなかった方も審査員の見る目がなかったと思って、自らの事業アイディアをブラッシュアップして行って欲しい」とあいさつしました。
コンテスト終了後には、出場者、本学学生・教職員、一般企業の方など会場参加者による交流会が行われ、名刺交換や情報交換などを行い、交流を深めました。

 本イベントは、学生・教職員の大学研究シーズ社会実装やベンチャー活動を促進するため、岡山大学イノベーションマネジメントコア(IMaC)ベンチャー支援フィールドが実施しました。


※ピッチコンテスト受賞者一覧
 【最優秀賞】 岡山大学病院薬剤部 助教 牛尾 聡一郎
 【NEDO賞】 学術研究院医歯薬学域 助教 高橋 賢
 【中国銀行賞】 学術研究院医歯薬学域 助教 高橋 賢
 【三井住友信託銀行賞】 大学院教育学研究科 大学院生 宮本 あゆは
 【学生賞】 大学院教育学研究科 大学院生 宮本 あゆは
 【オーディエンス賞】 理学部 学部生 長尾 幸紀



岡山大学イノベーションマネジメントコア(IMaC)ベンチャー支援フィールドのYoutubeチャンネル「岡大ベンチャー応援チャンネル」を開設しました。是非チャンネル登録をお願いします。本イベントの模様も近日掲載予定です。
https://www.youtube.com/channel/UCFPdd2hK7pLjCLap4Km0r6g





◆参 考
・【岡山大学】岡大ピッチコンテスト2022〔7/16土, ハイブリッド開催〕
 https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000762.000072793.html


◆参考情報
・【岡山大学】研究シーズ社会実装促進のための中国銀行&リバネス&岡山市&岡山大学サポートメニュー説明会を開催しました
 https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000770.000072793.html
・【岡山大学】令和3年度岡山大学発ベンチャー称号授与式を挙行しました
 https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000491.000072793.html
・【岡山大学】ベンチャーアワード「金の卵発掘プロジェクト2021」で、大学院社会文化科学研究科の久保駿貴さんが審査員特別賞を受賞!
 https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000480.000072793.html
・2020キャンパスベンチャーグランプリ全国大会で、理学部・久保さんが経済産業大臣賞を受賞!(2021年2月19日 岡山大学新着ニュース)
 https://www.okayama-u.ac.jp/tp/news/news_id10037.html
・岡山大学イノベーション:株式会社ABABA「岡山大学から生み出される若き学生起業家 久保駿貴:キラリと光る就活生を活かすビジネスへの挑戦」
 https://kyodonewsprwire.jp/release/202102241424



岡山大学津島キャンパス(岡山市北区)


◆本件お問い合わせ先
 岡山大学イノベーション・マネジメント・コア(IMaC) ベンチャー支援フィールド
 〒700-8530 岡山県岡山市北区津島中1-1-1 岡山大学津島キャンパス 本部棟1階
 E-mail:start-up1◎adm.okayama-u.ac.jp
     ※◎を@に置き換えて下さい
 https://www.orsd.okayama-u.ac.jp/imac/

<岡山大学の産学官連携などに関するお問い合わせ先>
 岡山大学研究推進機構 産学官連携本部
 〒700-8530 岡山県岡山市北区津島中1-1-1 岡山大学津島キャンパス 本部棟1階
 TEL:086-251-8463
 E-mail:sangaku◎okayama-u.ac.jp
     ※ ◎を@に置き換えて下さい
 https://www.orsd.okayama-u.ac.jp/

 岡山大学メディア「OTD」(アプリ):https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000011.000072793.html
 岡山大学メディア「OTD」(ウェブ):https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000215.000072793.html
 岡山大学SDGsホームページ:https://sdgs.okayama-u.ac.jp/
 岡山大学Image Movie (YouTube):https://youtu.be/pKMHm4XJLtw
 「岡大TV」(YouTube):https://www.youtube.com/channel/UCi4hPHf_jZ1FXqJfsacUqaw
 産学共創活動「岡山大学オープンイノベーションチャレンジ」2022年8月期共創活動パートナー募集中:
 https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000794.000072793.html

 岡山大学『THEインパクトランキング2021』総合ランキング 世界トップ200位以内、国内同列1位!!
 https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000070.000072793.html
 岡山大学『大学ブランド・イメージ調査2021~2022』「SDGsに積極的な大学」中国・四国1位!!
 https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000373.000072793.html
 岡山大学『企業の人事担当者から見た大学イメージ調査2022年度版』中国・四国1位!!
 https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000122.000072793.html


国立大学法人岡山大学は、国連の「持続可能な開発目標(SDGs)」を支援しています。また、政府の第1回「ジャパンSDGsアワード」特別賞を受賞しています

提供元:PR TIMES

最新のその他ニュース





メルマガ登録はこちら
フーズチャネルタイムズ 無料購読はこちら