数字で見る相席屋2022年7月実績レポート

掲載日: 2022年08月10日 /提供:セクションエイト

初対面の相手との会話を弾ませる秘訣「7:3の法則」でこの夏を相席屋で楽しもう

株式会社セクションエイト(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:安田 隆之、以下セクションエイト)はセクションエイトが運営する相席屋の2022年7月の業績を発表いたします。


■数字で見る2022年7月の相席屋まとめ
友達や恋人作りの場として好評の「相席屋」は、外食産業の革命児として“初めての方と相席になる”という今までにない新業態の居酒屋です。知らない人と相席になることで新たな出会いや発見、また友達作りや恋人作り、たくさんの人との出会いの幅を広げられるのが大きな特長です。

2022年7月の相席屋は、総相席回数214,380回、総同時退店数11,528組を突破いたしました。(2021年度~2022年7月までの合計数)


2022年7月の相席屋への男性来店数は15,084人、女性来店数12,411人を突破。男性54.9%、女性45.1%と僅差で男性の来店数が多い結果となりました。また、男性来店数のうち初めて来店した男性は4,140人、2回以上来店した男性は10,944人、女性来店数のうち初めて来店した女性は3,058人、2回以上来店した女性は9,353人と男女とも70%以上の方が相席屋にリピートして来店してくれていることがわかります。

コロナ禍で昨年、一昨年と2年続けて中止になった花火大会、夏祭り、ビアガーデンや音楽フェスが開催されている様子がネットやテレビで流れています。2022年夏に開催される残りのイベントへ向けて、お盆に恋人を作りたい男女で相席屋は盛り上がりをみせると予想されます。

2022年7月の相席屋平均相席時間は男性は76.4分、女性は116.4分となりました。

■相席LABO所長坂本より
セクションエイトの5月のリリースにもあったように、男女ともに清潔感や笑顔という外見からの第一印象が強いものの、実際恋愛において大事にしているものと聞かれると、性格、経済力、趣味などの意見も多数あがっています。(引用:『出会いの季節、春。1,000人に聞いた男女の本音』https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000127.000037097.html

初対面でいいと思う人の特徴として男性からの意見で多かったのは「話を聞いてくれる」、女性からの意見として多かったのは「話していて楽しい」という結果が出ていますが、女性との会話を弾ませる秘訣として有名なのは「7:3の法則」です。

相手を楽しませようとしてつい一方的に話しすぎてしまう男性は少なくありません。
しかし実際は相手に7割話してもらい、自分は3割だけを話すくらいの比率でないと女性側はあまり話せなかった(楽しめなかった)という印象を持ってしまう人が非常に多いと言われています。

初対面だからこそ盛り上げようとする気持ちや相手のことを知ろうとする気持ちは分かりますが、自分が一方的に話してばかりいないか、質問攻めになっていないかなどは意識してみると良い印象を与えることができます。

そうなった時に会話のネタとして定番なのが「共通の趣味」ですが、初対面の人を相手に共通の趣味を見つけるのが難しいという場合は「夏のイベント」をトークテーマにするのがおすすめです。

8月2日3日に3年ぶりに復活した長岡花火が大きな話題となりましたが、8月13日には伊豆大島夏まつり花火大会、8月20日には神宮外苑花火大会が控えています。そういった花火大会や納涼船、ナイトプールやビアガーデンなど夏のイベントを共通のテーマにしてみてはいかがでしょうか。

7月に挑戦したことや体験したこと、8月に挑戦しようとしてることなどを話してみることで、共通の趣味が見つかったり、運が良ければ一緒に行く相手が見付かるかもしれません。

■所長プロフィール


坂本 志於里(さかもと しおり)
1991年11月23日生まれ。大学時代に20ヶ国を旅し、世界の広さを知る。旅の魅力を届けるために所属していた学生団体では2,000人規模のイベントを企画し、チケットは完売。大学卒業後は旅行会社に入社し、学生の教育旅行を担当。恋愛相談が生徒から好評で、翌年前代未聞の添乗員指名をもらい社内をざわつかせる。その後は大手、スタートアップ問わず複数社で広報を担当。現在は持ち前のフットワークで広げた人脈とマッチング力を活かして広報、人事、コンテンツ制作、そして合コンの幹事をこなす。恋愛でも仕事でも人を繋げるのが好きなことから一部では「歩くマッチングアプリ」と呼ばれており、SNSの投稿がきっかけで相席屋や某マッチングアプリの企画作りにも携わっている。現在の訪問ヶ国数は47ヶ国。1ヶ月間でカップル5組を誕生させた実績の持ち主。座右の銘は「人を成長させるのは旅と恋 by従兄妹」

■相席LABOとは
2019年に”'恋愛総合データバンク”「相席屋LABO」は「相席居酒屋」という新しいジャンルを確立した業界のパイオニアとして発足いたしました。そして今回、「相席屋LABO」から「相席LABO」として、出会いや恋愛に関するさまざまなデータと定期的に行っている未婚男女へのヒアリングやさまざまな相席業態の調査を通じて恋愛・婚活・出会いのリサーチを行っております。そして出会いプロデュースのエキスパートである相席屋の現場スタッフや相席LABO所長の坂本からのコメントを通じて、数字では見えないインサイトについても解き明かし、発信しています。

■相席屋について
友達や恋人作りの場として好評の「相席屋」は、外食産業の革命児として“初めての方と相席になる”という今までにない新業態の居酒屋です。2014年3月の赤羽店のオープンを皮切りに、現在までで全国約50店舗を展開。開業から現在までの累計マッチング数は、約566万マッチング(2020年2月現在)知らない人と相席になることで新たな出会いや発見、また友達作りや恋人作り、たくさんの人との出会いの幅を広げられるのが大きな特長です。(※入店時、男女とも公的身分証をご掲示いただきます)
[相席屋は株式会社セクションエイトの登録商標です。]

■会社概要
会社名:株式会社セクションエイト(SECTION EIGHT CO.,LTD)
所在地:〒150-0012 東京都渋谷区広尾5-8-11 Barbizon22 3階
主な事業内容:飲食店の経営・企画・コンサルティング、 フランチャイズ事業、イベント企画プロデュース
設立日:2008年6月20日
資本金 :1,000万円
代表者:代表取締役社長 安田 隆之
HP:https://section-8.jp/

提供元:PR TIMES

最新の外食ニュース





メルマガ登録はこちら
フーズチャネルタイムズ 無料購読はこちら