純度抜群のアカシアハチミツ。ハンガリーの養蜂家・Nagyさんから初輸入し、Makuakeで8月8日午後2時から先行販売。

掲載日: 2022年08月08日 /提供:La Barat

純度の高さの秘密は、Nagyさんの丁寧な作業。雑味のないきれいな味わいは素材の味をそのまま引き立て、イチゴにもチーズにもカクテルにもぴったりです。

ハンガリーワインの輸入販売業者・株式会社La Barat(ラボラ、兵庫県西宮市仁川町5丁目3-73 代表取締役 飯塚隆志 TEL090-7204-6106)は応援購入サービス「Makuake」で8月8日午後2時から、純度抜群・Nagy Balazs(ナギー・バラス)さんのアカシアハチミツの先行販売を始めました。 https://www.makuake.com/project/hungary_honey Nagyさんの家系は、世界文化遺産になっているパンノンハルマの修道院近くで代々養蜂を営んでおり、作ったハチミツの評価は高く、修道院の土産物屋でも売られています。


輸入したアカシアハチミツは写真のように透明度がすごく高いものです。透明度はアカシアのハチミツの純度の高さから来ています。ハンガリーの規格では「アカシアの花粉率が15%あればアカシアハチミツを名乗れる」ことになっているのですが、このハチミツはほぼ倍の29%あります。


アカシアハチミツの特徴は雑味のないきれいな味わいです。いろんな花のハチミツが混ざっている百花蜜などは雑味や個性が強いため、素材の味を殺してしまいがちです。アカシアハチミツでも、純度が低いと雑味が増すために素材の味を生かしきれないのですが、このアカシアハチミツは雑味がないため素材の味を生かします。





わかりやすいのが、イチゴでした。酸味のあるイチゴにアカシアハチミツをたらしたところ、甘さと酸味がきれいにマッチしたうえ、イチゴの味わいをそのまま楽しめたのです。
養蜂家のNagyさんは人口4000人のパンノンハルマに住み、100エーカー(40.5ヘクタール)のアカシア林などでハチミツを採って暮らしています。今回輸入したアカシアハチミツは、写真の通り水飴のように透明です。Nagyさんでさえ驚いたそうですが、純度が高くなった理由の1つは「アカシアと同時期に咲くアブラナなどの開花時期がずれたため」でした。ただ、それだけではありません。アブラナなどのハチミツが混ざらないかを日々チェックし、混ざり始めたと思ったらすぐにハチミツを回収することが大切ということでした。

Nagyさんのこだわりはハチミツの水分量にもあり、「16~17%のものしか商品にしない」とのことでした。「水っぽさがない一方で、なめらかさがある」水分量が「16~17%」だからです。
日本の国産天然ハチミツの水分量は22%まで許容されていますので、Nagyさんの品質に対するこだわりの強さがわかります。
そんなNagyさんの仕事ぶりは奥さんだけでなく、お子さんたちもちゃんと伝わっています。18歳を筆頭にした子どもたちは3人とも養蜂家を目指しており、Nagyさんの手伝いをたくさんしているのです。
パンノンハルマの中心部には、ハンガリー最古の修道院があり、世界文化遺産に登録されています。世界中から多くの観光客が訪れるため、土産物屋には修道院でつくったラベンダーシロップやワインなどが売られているのですが、Nagyさんのハチミツもたくさん売られています。
Nagyさんのこだわりや他のハチミツについては、Makuakeの募集記事をご覧ください。
https://www.makuake.com/project/hungary_honey

La Baratは2020年秋にハンガリーワインの輸入を始めた会社です。初荷もMakuakeで先行販売し、多くの方に応援購入していただけました。今回は20年ものの極上トカイワインとのセットも用意しています。
https://www.makuake.com/project/la-barat/


■ 会社概要
会社名:株式会社La Barat(ラボラ)
本社:兵庫県西宮市仁川町5-3-73
代表者:代表取締役 飯塚隆志
サイト: https://labarat.com/

提供元:PR TIMES

最新の食品ニュース





メルマガ登録はこちら
フーズチャネルタイムズ 無料購読はこちら